32歳、1000万でセミリタイアしました

シェアする


スポンサーリンク
せみあど1

はじめまして。こんにちは。


『あまりにも働きたくなさ過ぎた男』こと、
くろやぎと申します。
只今32歳。独身、性別は男です。


タイトルにもあるように、2016年の秋に正社員で勤めていた職場を退職し、セミリタイアいたしました。

現在の貯金というか資産は、ほぼ1000万です。円預金だけではなく、株式や投資信託にも振り分けているため、正確な金額が計上しにくいのです。後日また所有株式や投信について記載していきたいと思います。

くろやぎの資産状況はこちら





えっ? たった1000万? 





しかも32歳








全然足りなくね?





と、思われた方も多いでしょう。
というか、普通はそう思います。




私もそう思います(笑)








しかしですね。

もうセミリタイアせざるを得なかったんです。
理由? 理由は、







もう働きたくなかったから。














はい。

私は働くのがものすごく嫌いなんです。

どれくらい嫌いかというと、
精神が崩壊するくらい嫌いなんです。

そんな私ですが二十歳で専門学校を卒業して以来、無職や転職活動していた期間を除外しても、通算11年以上は労働して参りました。

そしてその11年間に蓄積された社畜ストレスによって、私の精神は崩壊寸前までいき、『もうこれ以上労働するのは、何があっても無理だ』というところまで来てしまったのです。







あれ? 







でもそれだったらセミリタイアじゃなくて、だたの仕事を辞めたニートじゃね?







って思いますよね。
ええ、ぶっちゃけ言うとそうです。


でもですよ?
セミリタイアの定義って、何だったでしょう?

セミリタイアとは、完全にリタイアしないまでも、リタイアに近い生活を送る事を言う。一定の収入を得るために仕事はするが、労働時間を抑えた生活を送る生き方である。早期退職と同じ意味で使われる場合もあるが、早期退職後の「生活」を意味として含む事が多い。

(引用)

セミリタイアを実現するために必要な条件を述べていく – 踊るバイエイター …


はい。

ここで重要なのが、
「生きていくために必要最低限の労働はする」
という部分ですね。


モチロン私は今後、
生きていくための必要最低限の労働はするつもりです。

文字通り、必要に迫られれば







でも世間一般で1000万でセミリタイアなんて不可能だよと言われているのは、


この程度の資産では、時間を限定したアルバイトだけで生きていくことはできないから




ですよね?





でも、もしそれが可能だったら?


資産1000万と、簡易バイトのみで、
本当に生きていくことができたとしたら?


ええ、私は今後、そうやって生きていくつもりでいます。なので、正確には本ブログは『32歳、1000万でセミリタイアする男のブログ』ですね。



なのになぜ敢えて
32歳、1000万でセミリタイアした男のブログ
にしたのか。



単にその方が語呂が良かったというのもありますが、これは私の決意の表れなのです。







死ぬほど働きたくない、っていうね。







さて、私が労働に対して具体的にどういった考えを持っているのか。



それはまた次回の記事でお伝えしたいと思います。





PS.今までSNSなどで軽く日記を書いていたりしたことはあったんですが、きちんとしたブログというものは、今回初めてトライしています。なので色々と不慣れな点が多く、お見苦しいところがあるかもしれませんが、ご了承くださいませ。(この最初の記事を投稿するまでに1か月近く悪戦苦闘したのは内緒です)


当ブログの
セミリタイア系オススメ記事はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓












スポンサーリンク
せみあど1
関連コンテンツ



シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
せみあど1