年収200万でも10年で貯金1000万を貯める方法

シェアする




年収200万でも
10年1000万円貯める方法を書きます。

いえ、飽くまで今回私は、方法を書くだけなので……それが実現出来るかどうかはその人次第
というか、別に出来なくても良いと思います(これから書くのは、私が個人的にオススメする方法ではない、ということです)。何歳かにも多少寄りますが、10年後に1000万あるより、10年後も変わらず安定した仕事に就いている方がずっと価値がありますから。



まず、仕事に支障が出るような貯金スタイルは止めた方がいいです。



なので、本記事はズバリ言うとネタ参考程度で読んで下さい。



さて。年収200万ということは、
月収165000円くらいですね。

10年1000万貯めるには、
1年で100万ずつ貯金しないといけないので。



ということは、
1ヶ月83000円貯金が必要。





逆に言えば。



この83000円を毎月貯金できさえすれば、
10年で1000万は必ず貯まる
、んです。


まぁ、それがすごく難しいわけなんですが、やっていきましょう。



毎月83000円貯めるわけだから、当然、

165000-83000=82000


この82000円で毎月生活していきます。


83000円貯められるかどうか、っていうより、この82000円で毎月生活できるかどうか、がポイントになります。

ではいきます。

スポンサーリンク
せみあど1

年収200万で貯金1000万プログラム

1.実家に住む


一人暮らししている人は、実家に戻って下さい
一人暮らしだと当然家賃がかかってくるので。

まずこれで家賃を0円にします。
そしてぢっかに、そう、ぢっかに寄生し、食費光熱費も親持ちで……!

2.自動積み立て貯金をする


これは必ずして下さい

給与が入ったら、先に貯金用の口座にそれを移すように設定しておいて下さい。
定期じゃなくて、普通預金でいいと思います。定期にするなら1年定期がいいですね。10年とかの長期定期は、金利がカスみたいな今の時代おすすめしません。ちょっとでもインフレし始めたら負けます。



そして絶対に下ろさないで下さい。

これを下ろす=10年で1000万を諦める
だと考えて下さい。
車検であったり、友人の結婚式であったりという特別な出費も、ここから下ろすのではなく、毎月使う82000円の方から捻出します



この給与からの自動積み立て貯金はですね、珍しくこの私が、そう、色んな事をあまり全力でオススメしないこの私が全力で推す方法です。

貯金するなら、これは絶対にやった方が良い。ていうかまずこれからやらないと、始まらない。

今回の年収200万の人が1000万貯める話限定ではなく、貯金しようという志のある人……いえ、むしろ収入のある人全員にオススメできる方法です。この自動積立貯金は。

1万円からでもいいんです。
1万円でも年で12万になりますから、急な出費にある程度対応できます。こういうのだったら、取り敢えず100万貯めたい人とか、貯金を一切しない人、にもオススメです。

あ、もちろん円預金でなくとも、外貨預金でもいいし、投資信託の積み立てでも構いません。その場合は多少勉強が必要にはなりますが、とにかく給与から自動で貯蓄されていく(その残りのお金で生活する)、というスタイルを確立することが大事です(ただ、インデックス投信の長期積み立て(資産形成目的)なら最低月3万は欲しいですね。あんまり少額だと複利が弱すぎるので。たまに月500円積み立てとか聞きますが、あれはぶっちゃけ入り口作っているだけだと思います。入口としての意味ならありますけど、生涯ずっと500円積み立てだけするのは、正直、意味ないと思います)。



3.家に入れるお金は3万円まで


3万が限界ですね。親に納得してもらいましょう。
一人暮らしをした場合の、家賃、食費、光熱費がすべてこの3万に入っていると考えれば圧倒的な安さです。



4.固定費を削れるところまで削る


自動車は通勤に必須でないなら持たない。
スマートフォンは格安SIMを利用するなどして月額2000円程度に抑えましょう。ちなみに私は格安SIMにしてもう1年くらいになりますが、不都合はほぼ全くありません。

5.結婚を諦める


するなら転職か1000万を諦めて下さい。(結婚後も実家に住むか、賃貸でも共働きかつ倹約家の奥さんならいけるかも。いずれにせよ子供は無理ですが……)







月82000円生活の内訳

社会保険料,所得税,住民税 30000円
家に入れる金 30000円
交通費 5000円
通信費 5000円
特別出費対応費 8000円
遊興費 4000円
合計 82000円




社会保険料,所得税,住民税 
これは、給料から自動的に天引きされるやつです。

交通費 
ガソリン代とか定期代(一ヶ月割)とか。通勤以外の外出は可能な限り控えて下さい。

通信費 
格安SIM+インターネット料金で大体5000円くらいでしょう。

特別出費対応費8000円
毎月8000円貯めることで、1年で10万近くの金額を貯められます。車検は2年に1度大体10万、他は友人の婚礼などそーいうのはここからひねり出して下さい。



遊興費 4000円  







4000円……









この4000円で、
遊び尽くせ!!!!!














はい。

正直しんどいです。

妥協点があるとしたら、家に入れる金。これですね。親に頼んで下げてもらったらその分自分が遊ぶ金にまわせます。実際私は2万でやってきましたし(笑)




なんでこのネタをしっかりと今までこのブログに、そうまさに書かれてあって当然のようなこのネタをこのブログに書かなかったかというと、年収200万で1000万貯金は現実味がないというか、実用性が薄いのです。

ご覧の通り、
修行僧みたいな生活しなきゃいけません。

社会人になって毎日頑張って仕事をこなしながら、毎月自由に使える金が4000円ですよ?(笑)










なんの罰ゲーム
やねんそれ^-^










1000万手に入れる代わりに10年売る
ようなモンかもしれませんね。







必要なことは無駄遣いしないこと? 










ハハ










しないこともクソも無駄遣いなんて一切できません1回でもしたらもう1000万円を諦めなきゃいけないレベルです。

で、そのしんどさを我慢してまで貯める価値1000万にあるかっつうとないので。

貯めたところで、それほどのもんでもないので。。。。まじで。



1000万貯めたところで、リッチにはなれない


私の中のお金持ち(リッチ)の定義は、飽くまでもお金を使ってもまだお金がある人です。収入が多く、貯金しようと思わなくても勝手に余ったお金が貯まっている、みたいな人です。
収入が低い(もしくはほとんどない)のに貯金だけあっても、リッチな人間にはなれません(億を超えれば話は違ってきますが、これもまた現実的な話ではないですし)。
もちろんその1000万を使って、ほんの一時的にリッチな気分を味わうことはできますが、その代償としてせっかく貯めてきた貯金が消えます。低収入で1000万地道に貯めてきた方は、心理的にこういったことはしないでしょう。つまり今の私と同じように1000万貯めた後もその金を使うことなど出来ず、貧乏のまま



1000万っていうのは貯金の目標額として設定される、一種の到達点ではあるんですけど、貯めたからどうにかなるわけでもない金額なんですよ。



決してゴールではない
ていうかゴールにはなり得ない




1000万の貯金、に価値が出てくるとしたら、定職に就いていて、なおかつ1000万の貯金があるという安心感を得るため。
もう一つは、貯金の癖をつけるため。ただ年収200万で10年で1000万貯める癖っていうのは一生続かないので。。。(毎月自由に使える金額が一生4000円ですよ笑)

1000万達成したら、もうこれからは貯金額を半分に落として、もう安心材料の1000万はあるんだから、ゆるめの貯金生活で人生をエンジョイしよう、とかいう方向転換なら、それはなかなか良いと思います。







年収200万ちょいで11年かけて900万くらいの貯金ならできた


これは、私が実際に達成したことなんですが……。私の現在までの年収が大体、200~250万だったので。それで、11年かけて900万ちょっと。うわ、なんか微妙……数字。本来ならこっちを記事の題名にすべきなのかもしれませんが、余りにも数字が中途半端なんで止めました(これ(11年、900万とか)で検索する人いないだろうな、という個人的な理由です)。




じゃあ今回の、この年収200万で10年かけて1000万貯める考察は全くの無駄だったのか、というとそうではありません
私も上の内訳(年収200万、10年で1000万貯金)でやれっていわれたら普通に無理です。

無理です、っていうか、無理でした。
しかしそれに準ずる我慢はしてきました。10年で1000万は無理でしたけど、それのややぬるいバージョンなら、私はやってきました。

なので、例えば年収300万で10年間、であったり。例えば年収200万でも15年かけたり、と条件を少し緩めさえすれば、現実的に達成可能だと思うのです。

私と同じくらいの年収200万の方なら、
月83000円の貯金がまずキツいと思うんですよね。私も8万に設定していて、とてもやりくりができず、後になって積立貯金から下ろす、みたいなこと何度もやってしまってましたし。
なので、これを6万辺りに設定するのが妥当な貯金額ではないでしょうか。
6万なら23000円も浮きますから、
一気に月の遊興費が27000円になります。




これならいけそうじゃないですか?


月6万円の貯金なら、
6×12=72 
1年で72万 
72万×14年=1008万


14年かかってしまいますが、
現実的にはこれくらいのスパンで考えるのが良いのではないかと思います。






結論:年収200万で10年かけて1000万貯金するのは、実質無理ゲー。




スポンサーリンク
せみあど1
関連コンテンツ



シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
せみあど1