仕事がつらい人へ。死ぬくらいなら1000万貯めてセミリタイアしろ

シェアする



今回はですね。

仕事死ぬほどつらい人に向けて。


私から、『ある提案』

『ある打開策』を。

掲示してみようと思います。

スポンサーリンク
せみあど1

【仕事 つらい】で検索かけても解決しない人


はい。
こういう方に向けた記事です。



基本。
仕事がつらいって、
ネットで『仕事 つらい』で検索しますよね?

でもそこに書かれてある解決方法っていうのは、大概次の二通りです。


①考え方を変えればなんとかなる系


まずこれですね。

気持ちを変えろ! 的なやつです。
前向きになれ! ってやつ。

確かに『これ』で何とかなる『場合』もあるし、何とかなる『人』もいるんですよ。

例えば『普通の人』なら『よほどブラックじゃない限り』これで大抵何とかなるでしょう。


でもそうじゃないケースも中にはある(会社がブラックだったり、ブラックな人がいたりする場合ですね)。


このそうじゃないケースなのに、誤って精神論だけでそのストレス過多の職場ずっと頑張っちゃうと、心(脳)にダメージを受けます。その度合いが大きいと、鬱病と言われる状態になったり、もっと度合いが大きいと、死にます



なので、このそうじゃないケースの場合、
次の解決方法が有効になってきます。

②辛かったら辞めていいんだよ系


これですね。

つまりこれは、どういうことかというと、そこの職場はブラック、もしくはあなたに合わないから、そこは辞めて『転職』しよう。

ってことです。



え? 転職はしなきゃダメですよね。

辞めただけで解決する問題ではないので。
なんたって、生活かかってますから。


辞めるだけじゃ、解決しない。


辞める→適正な職場を探して転職



という流れになる。

(ちょっと話がズレますけど、この①、②の流れは転職アフィリエイトに自然と繋げられます(特に②)ので……ええ、つまりそういうことですよね。これらのサイト(記事)を作っている方々が本当に仕事で悩んでいる方々の助けになろうとしているかというと、それはなかなか首肯し難い。……まあ、でもね。結果として例えば②のようなサイトを見て、その職場で追い詰められず転職の道を歩める人がいればそれはそれで結果としては良いのかもしれません。私はここで『転職アフィ記事は読む価値ない』と書きましたけど、今回もう一度考えてみて……。私個人ではなくネットを見ている全員、で考えたらそうでもないのかもしれないんですよ。もちろん私個人としては読む価値ナシです。私はもう一見して、あ、これ単なる金儲け目的で制作された転職アフィサイトだ、と解ってしまうので(←コレは別にスゴイことではないです笑)。しかしネットを見る層全体で考えればそうでない人(転職アフィの存在すら知らない人)の方が多数だと思うので……^-^;ただ1つ、重要なことがあって、それはそのアフィリエイトで飛んだ先のサイトが『どう』なのかということです)。


アフィリエイトに関する私の意見はここに書いています。




で。
基本はいわゆる『普通』といわれる
ほとんどの人なら、
①+②または①or②
仕事に対する問題を解決することが可能です。



この記事に書いたように。
普通のスペック(精神面でも)があるなら、人並みに頑張れば大抵なんとかなるし、それでもキツイならそこはブラックだから転職すればいい、というわけですね(普通なら楽、と言っているわけではありません。普通の人、でも今の日本はハードモードだと思います)。




しかし。





この、いずれにも
救われない人たちがいる。



考え方を変えることもできない。
転職したとしても、ほぼ大抵同じような状況に陥る(極小の確率で存在する神職場に出会えない限り)。



といった、
この私のような人たち。
です。



これを無理やり継続していたら、
それこそ、になったり。
最悪死んでしまったり


します。







というわけで、今回私は。


「仕事がつらい人」

それも、死ぬほどつらい人。


に向けた、
③番目の選択肢を示そうと思う。








これがですね。

私がリアルに実践している

1000万を貯金した上での、
セミリタイア
です。



1000万でのセミリタイア


1000万でのセミリタイア、というのは
真面目に考えたら一笑に付されるようなものです。



でもね。
仮に死を考えるくらい仕事に追い詰められているのなら(またはこの先そうなってくる予感が非常に強いのなら)、

選択に入れる価値のあるもの、だとも思うんです。






なので、私は。

1000万という金を貯めて

リアルに労働地獄から解き放たれる道筋(完全には無理だけど)を今回提示したいと思います。


まあつまり私と(ほぼ)同じことをやれ、ってことですね。



とにかく今回の記事は、
仕事がつらくて死にたい、もしくはそれに近いところまで追い詰められている人、またはこの先そうなる確率が非常に高いと思う人(私も最初新卒で就職した時、もうこれアカンわ、と思いました。すいません今のです。もうアカンとかそういうレベルじゃなくて二十歳の時点で私はリアル屍人(屍人+闇人状態)だった)を、
対象とした記事です。



あー仕事ダリィなぁ、辞めたいなぁとか
仕事辞めて毎日好きなことして暮らしてええええとか
堅実に、可能な限り安定したセミリタイアを目指したい、とか


そういう方に向けた記事じゃないデス。







仕事
マジ追い込まれている人
    
マジ(今後)追い込まれるであろう人

に向けた記事。







生きるために働かなければならないけど、
もうその働くことがどうしようもなく苦痛で、
本当に死にそうなんだ
、という方。



本当の意味で、
ぎりぎりまで追い詰められている方。




実現性を考えての、1000万という金額


ええ、もちろんね。


3000万5000万あればいくらでも展望は開けますよ。

3000万あたりでセミリタイアされている方も、セミリタイア界隈ではまま見かけますし、5000万あれば、配当生活すら見えてきます(利回り3%年間150万の配当金)。


でも現実的に。
その額は貯めるのがものすごく厳しいと思うんだ。



3000万
5000万という資産がある方は確かにすごいよ。


すごいけど。


年収200~300万くらいの人たちが。

その額を貯めるっていうのは、
非常に困難であると言わざるを得ない。








だけど、1000万


そう、1000万なら……

年収300万、400万あれば10年
年収200万でも15年あれば、

努力次第では貯めることが可能だと思う。






そして、
その必死に貯めた1000万を抱えて……

ギリギリだけどセミリタイアして
生きていくことが可能だとしたら?




もちろん、普通の人生は無理です。
普通の人生とは真っ先に縁を切る必要があります。

結婚して子供を産んで育てて、っていう。






でも切ってもいいじゃん。

死にそうなんでしょ?





死にそうなくらい仕事で追い詰められて、これ以上所謂普通の『正社員としてのフルタイム労働』を定年まで続けていくのがキツイなら


もうその選択肢は、
最初からない
ようなものなんだ。





逃げようよ。


普通じゃない道に、逃げようよ。



無論、安定性は著しく下がる。



常識とも、普通とも
手を切る必要がある。



でもには替えられない。



このまま死んじゃうくらいなら、

この道を選ぶ価値はあると思う。


↑この人のように。




1000万でセミリタイアできるのか?



できないですよね。


普通に考えたら、不可能です。




うん。

確かにそうなんだけどさ。



それでも敢えて。



1000万円という貯金で。

セミリタイアをしてみる、ということについて考えてみたいと思います。



一人暮らし、生涯独身での1000万セミリタイア



まず、私のように親に寄生していない……

私は、ほら、
ゲスの極みの実家セミリタイアなので^-^;







そうではなく。

まぁ恐らくほとんどの方が当てはまるであろう、

一人暮らしの人間が、
1000万の貯金を貯めた上で、
生涯独身で生きていく、

という前提で考えてみたいと思います。



1000万を貯めるまでは頑張るしかない


そう。


1000万を貯めるまでは、
出来れば正社員

現実的には最低年収200万~は入る仕事ですね。

もちろんフルタイムで(フルタイムじゃなきゃ無理だと思う)。


年収200万なら15年
年収300万なら10年あれば
貯金1000万は貯まるでしょう。


一応↑このバカ記事も参考にしてクダサイ。



ここはもう頑張るしかない。

ですよね。


その代わり1000万貯めたら、
私と同じように、
フルタイムの労働からは手を切る。

もっと正確に言えば、
定年までずっとフルタイム労働をしていく人生とは、手を切る(つまり、セミリタイア)。

その代わり1000万貯めるまでは、
フルタイムで頑張るんです。



これが目標値を2000万3000万辺りに設定すると、10年、15年どころの話じゃなくなってきて、

貯める前に心が折れる確率
かなり高くなります。

実際にリタイアブログなどを見ていても、
3000万以上貯めている人は
比較的高収入(年収500万~
だったり投資である程度成功していたりする方です。


そうじゃない人この金額を目標値に置くと、目標に達するのに20年か、それ以上かかってきて……。

今ですら死にたいほどつらいのに。

20年とか無理じゃないですか。

我慢し続けるの。



1000万でセミリタイアする基本スケジュール


我々は、
年齢と収入がみんな違うし、
また途中で年収が変わる
もしくは途絶えることもあるので。

個々で貯金1000万に到達するスケジュールは変わってくるわけですけれども。

でも一応ね。
一例として、基本スケジュールを立ててみたいと思います(コレを元に自分用にアレンジして(楽しんで)下さい)。






社畜期間を10年とします(年収250万~はないときついです)。

10年1000万を貯める。

1000万÷10年÷12か月=83000円


この83000円
先取り貯金
もしくは投信などの自動積み立て設定をして
残りの金で生活するスタイルを作る。


そうすると、高卒、専門・短大卒、大卒
28歳、30歳、32歳での貯金1000万到達が可能。

もちろん、
学生じゃない方のほうがコレ見てると思うので、
25歳の方(で今貯金0なら)
35歳1000万達成ですね。

で、ここでセミリタイアを決行する。



そのセミリタイアした年齢
自分が生きたい年齢から引く

生存年数が出てきます。


仮に80まで生きたいとして、
30歳1000万到達、セミリタイア開始なら。
80-3050年ですね。


私がこの記事で作成した
仙人レベルの生活プランをモデルにしてみると。
(一人暮らしなので、家賃を+します)

【家賃】       20000
【食費】       10000
【光熱費】       4000
【水道代】       1000
【各種税金】      8000
【医療費】       2000
【通信費】       5000
【交通費】       2000
【その他】       5000

月  57000円
年 684000円


これの50年分で……

3420万円(これがセミリタイア後生きるのにかかるお金)



ここから貯金の1000万を引けば2420万

この2420万円を、
セミリタイア後の労働で稼ぐ。


とはいえ、
65歳以降はもう労働から完全リタイアしたいでしょう。
となると、労働年数は35年間

2420万÷35(年)=690000

690000÷12(月)=57500



1ヵ月57500円稼げばいいわけですね。


時給800円のアルバイトをするとして。

57500÷800=71時間

1ヵ月に71時間の労働をする。



①週5勤務なら、1日4時間労働で十分クリア

②週3勤務なら、1日6時間労働で十分クリア





あれ、普通に出来ちゃう 
^-^









もちろんこれはね。
律儀に65歳まで労働しなくても。
もう少し詰める(余計に働く)だけで、
どんどん完全リタイアを早められるわけです。





最高ですね!






……^-^;
一応、立てないよりはマシ程度の机上の空論ですが(笑)


【スケジュールは必ず自分用のものを自分で立てて下さい。現在の年齢、年収、リタイア後の生活スタイル、何歳まで生きたいか、で全然違ってくるので】

生きる意味は?


よくこういうね。
超貧乏暮らしをするくらいなら
生きてる意味ない
じゃん、と言われるかもしれないけど。


このスタイル(1000万でセミリタイアとかいうシャイニングワロス)を容認する時点で、
私と同じタイプだと思うんです。



つまり、仕事の苦痛があるだけで
すべてが終わるタイプの人間


仕事の苦しみが存在するだけで、
他の一切が死滅する人間


(この仕事、とは辞めたくても辞められない仕事、を指します)




こういう人は、働かないことが人生の大前提といってもいいくらいで
すべての幸せと喜びはそれ(働かないこと)を満たした上で初めて生まれるわけです。




そんな自分が嫌なら、自分を変えるしかないです。
私はもうやりませんが。



無理して貯金することの意味は?


ついでに無理して貯金することの意味について考えてみます。

恐らく無理して貯金することは良くない、という方が圧倒的多数だし私も一般的にはそう思う


でもですね。

この1000万セミリタイアでの1000万を貯めるのは多少の無理も必要になってくると思うんですよ。10年で貯めるなら月83000円必ず貯金していくわけですし。

大抵の方は、
多少無理しなければ、達成はできない。



加えて、
個人の経験から言えることなんですけど。

私は11年間の労働でおよそ900万の貯金をしました。後の100万投資とか学生時代のバイトとか子供時代の小遣い(お年玉)とかです。


もし。

私が労働期間中、
貯金せず貰った給料をすべて使う
または
ほぼ使う……ようなことをしていたら、



確実に1000万は貯まっていない。



最悪100万か、
あってせいぜい300万程度とか。

それくらいの資産しかないと思うんですよ。



で、私今、
こういう1000万でセミリタイアという
非常に不安定な状態にいるんですけれども、

貯金が100万~300万くらいだったら、
これすらもできていないわけですよね。



若いうちから無理して貯金するくらいなら、
自己投資して自分を高める

または、若いうちしかできないことを楽しむ

良いと思います。
むしろそうした方が良いとすら思う。




けど。





それが全員の答えになるかと言えば、
違う。


無理しても堅実に貯金して、
資産を蓄えるのも、
私は1つの答え
だと思う。



世にいう最善、を万人は選べない。
んですよ。





自己投資をしてそれを実らせるには、
ある程度の能力が必要です。

また若いうちしかできない金を使った遊びよりも貯まっていく貯金額の方に価値があると思える人もいるかもしれない(貯金の金額は確実に積み上げられていくものですよ?笑)。



1000万という額は、
確かに、【安心】には程遠い。


でも。

私は金を使いまくった20代では全然なかったけど。
今、1000万あることが、正直有難いし。
他人にどう見られようがどう否定されようが。

こっちを選んで良かったと思ってる(そもそも、金をいくら使ったところで労働がある時点で何も楽しめなかったし^-^;)。



1000万セミリタイアのリスクを抑える


当然リスクはありまくりです。

考えだしたらキリがない
ほぼ無謀な挑戦に等しい。



でもここはね、妥協するしかないです。
普通の人みたいには生きられないよ。



ただ、可能な限り、
1000万セミリタイアリスクを下げていく、という方法もないこともないので。
それを紹介します。

実家に帰る



実家に帰ることが可能なら、帰る。

私は実家で終生過ごすつもりですが、状況によってはそうはいかない場合もあるでしょう。

なら、期間を限定してでもいい。この期間だけ、実家で生活する、っていう風に。



しかし日本って世界第3位の先進国ですけど、必死になって生き延びる方法を模索しないといけないくらいの国なんですよね。

投資をする



はい。
これは私が取っている選択で。

絶対的に勧められる方法ではないです。



つまり、
増えるかもしれないし減るかもしれない
ってことですね。


でもやってみる価値はあると思う。
それだけ1000万でのセミリタイアは
ハイリスクで。
安全に構えてしのげる確率の高い金額ではないんですね。
決して。



だからこそ、投資をする。


私はインデックス投資米国株投資を勧めます。




これらで年利3%を獲得することで(飽くまで仮定の話)、年に30万の不労所得が生み出されます。

先に書いた仙人プランだと、

年 684000円
の生活費ですから、これを

384000円まで落とすことが可能
なわけですね。



年384000円なら、
外に働きに出なくとも、在宅ワークなど家にいながらで稼ぐことも十分可能な金額になってくるでしょう(あっ。ブログは勧めませんよ(←笑))。


でも、これは一種の賭けです。



最初の1000万を守る


(この項目、大事です)



私はですね、
資産の1000万
そしてこの1000万(現在投資しているのは800万くらい)から
生み出される配当金

これらをですね、使うつもりはないです。

もう切り崩さざるを得なくなるまで。


つまり、貯金も使わないし、
配当金も再投資に充てる、ということです。

なぜこの方針でいくかと言うと、
1000万でのセミリタイアというハイリスクな行為のリスクをわずかでも下げるため、です(私はここにプラスして実家で暮らすというリスクオフ行為もしています)。



なので、
理論上は

10年くらいで1000万貯めて、
それからはアルバイトをしつつ生活

という感じなんだけど、
崩さざるを得ない状況になるまで
1000万には手を付けない。

もっと望めるのなら、
1000万を投資(ある意味選択)をして
その配当金にも手を付けない(つまり再投資をする)。





だって、1000万に手を付けて、
この金が減り始めたら、もう終わり
ですよ。

だから1000万は減らさない方がいい(もう、50歳、60歳がきて、人生のゴールが見え始めたら話は別ですが)。


セミリタイア開始直後、もしくは開始5年、10年、15年、あたりから1000万を崩し始めたら、多分きつい。

そのフルタイム労働して貯めた1000万は、
最後の最後に使う金。

55歳から、とか。
60歳から、とか。

そうした方が精神衛生上良いと思う。



私としても、今1150万くらい資産があるんですが、経済が下落して資産価値が減る、といった場合は除いて(それはどうしようもないので)

この資産を今のこの30代の時点からどんどん減らしていく、という事態に持っていくのは出来る限り避けたい

ええと、今33歳。で、1150万
これが35歳の時に1000万
40歳の時には700万
45歳の時には300万

……みたいになっていったら、
間違いなく追い込まれる。
(追い込まれていくのもブログ的には需要があるかもしれないけど笑



でも(ブログ的には美味くても)当然、私としては避けたい事態なので。


そうならないように可能な限り頑張っていく



だからもう他に方法がなくて、
私と同じように1000万セミリタイアをやっちゃう人も。


セミリタイアした後も、その1000万
出来る限り守っていく方針で計画するのが良い
と思う。



フルタイム勤務が可能であれば、行う


(この項目、超大事です)



これも1つの手だと思います。

1000万でのセミリタイアは、
フルタイム労働は完全にやめてしまって、時間を限定した労働のみで生きていく
というわけではなく。




『本当に嫌な仕事(職場)』から
逃げるためのリタイア
です。





なので仮に30歳で1000万達成した、
としても。

そこ(その1000万貯めた職場)でもし、
限界じゃなくて
まだ頑張れそう
なら、

セミリタイアはせずに、
そのまま正社員続行する。



また。

一度リタイアして。
その後、あれ? 
ここならフルタイム(もしくは正社員)いけるかも?
って職場に出会えたら。

フルタイム(正社員)を選ぶ(注1)


という感じで、
働けそうな感じなら
可能な限り働いていった方が良い。





うん。


なぜこんなことをするのかと言うと。




言わずもがな、リタイア資金
たった1000万なので。
これくらいのスタンスでいかないと、
なんとかならない(確率が高い)
わけです^^;





その代わり。

これは無理だ、と思う職場からは、
サッと逃げる


そういうのからは、
迷わず、頑張らず、逃げていい。


そういう生き方をしていくためのリタイア
なんです。






我々が幸せに生きていく上での最低条件は。




心を殺されないこと。


です。




労働によって心を殺されてしまうことこそが、
地獄。
労働地獄、です。


心を殺されてしまえば、
人生の楽しみも生きている喜びもありません。




なので。



自分の中の人間性、心

こういったものを

会社に殺されないために行うのが


1000万でのセミリタイアです。



(注1)ただし、フルタイムで勤務したが故に精神を消耗し、フルタイムじゃない勤務なら長く続けられていた職場を辞めることになったなら本末転倒。この辺りの見極めは重要です。




働かない、のでも、
時間を限定してそれ以上は働かない
のでもなく。

基本、可能な限り働くんだけど、
本当に嫌な仕事は
、しない。


ということ。





本来なら、例え本当に嫌な仕事だったとしても、本当に嫌な相手がいたとしても、生活のためになかなか辞められないんですよ。

そこを、1000万という資金と、
最低限度の生活で、
辞められるようにする。


私、上で

①週5勤務なら、1日4時間労働で十分クリア

②週3勤務なら、1日6時間労働で十分クリア

このようなことを書いたんですけど、こんな機械的に上手くいくわけないんです、人生は。この週5勤務の職場だって、いつ辞めることになるか分からないし、そうなれば数カ月の無職期間が出来たり、そしたらもっと時間を増やして働かなければいけない期間が増えたり。。。そういう風になると思うんです。

でも、こういう生活を続けていっても、70歳、80歳といった目標年齢まで最低限生きていけることは(恐らく)可能なんだ、と思うことで、死にたいほどつらい職場にそのまま人生を圧し潰されたり最悪そのまま死んでしまったり、ということを防ぐわけです。






1000万でのセミリタイア望めるのは、
この辺が多分、限界値です。



社会保障を利用する


例えば、多くの人が知っている失業保険
会社を辞めた時に出るお金ですね。

他にも、







こう私個人が実践しているものだけでも、
色々とあります。

これ以外にも、
例えばハローワークでの、職業訓練制度
これを受けている間は、失業保険が延長できたりもします。

もちろん、不正受給はダメですよ。
でも不正とかではなく、正当な理由があって受けられる社会的援助はとにかく受けていくべきで、どういった社会的援助が存在するのか、ということも把握しておくべきですね。

こういった国からの援助や補助制度の特徴として、こちらから調べてこちらから能動的に動かなければ向こうからは何もしてくれない、という特徴があります。
税金とか国民から取るものはね。こちらから何もしなくても向こう(国)から、払え!ってくるじゃないですか(笑)
でもこういう国民側が恩恵を受けられるものに関しては、こっちからアクションを起こさないと向こうからは何もしてくれません

社会保障制度の知識があれば、
それがあなたの延命措置になります。



1000万貯める労働が無理な場合


はい。
これは、解ります。

私もね。
もう一度あの11年の労働を繰り返せと言われたら(同じ職場で同じ期間)

死にますね。




もう無理もクソもどう考えても無理なレベルなんて超えてるくらいに無理です。



それくらいなんで耐えれたか分かんないレベルで耐えてきたし、精神はとっくの昔にぶっ壊れてしまいましたし。なので、1000万円を貯蓄する労働、がどれだけ果てしなく辛いか、はよく分かります。私も今までの仕事の給料を時給換算したら平均して800円くらいだと思うんですよ(サビ残とかもかなりありましたし)。そっからちまちま貯金にまわして、今の資産を貯めてきたので。

だから、良く解ります。
スゲー辛いのは。


年収300~400万の方ですら、
10年か、もしくはそれに近い月日を労働地獄に充てないとダメです。

10年って













長いぞ。








なので、
ここがまず無理、という気持ちもワカる
でも無理と言われたら
この『1000万でセミリタイアプラン』
成立しない


どうせ1000万貯まったら辞める(もしくはいつでも辞めるモードに入れる)んですよ。その会社に人生を捧げなくてもいいわけなので。そうなると、転職しても良い。無論、転職先もフルタイムなんだけどね(1000万貯めるまでは基本)^^;

まあ、セミリタイアの開始は遅れるけど、疲れたなら半年、1年働かずに(もしくは短時間労働で)心身を休めてもいいし。

あと実家に帰っても、当然いい



それでもこれらの
「転職」「休息」「実家」などをしても、
なお無理な場合。



1000万貯めるまでは頑張って、
と言いたいけど、
これを貯めるために死んじゃったら意味ないので。

本当に無理ってなったら、
もうこの方向性は諦めて、何とか親、もしくは国の福祉や社会保障に頼るかたちで生きる道を探すしかないと思う。



私が社畜でトコトン追い詰められていた時に、
衝動買いした本;-;




漫画で解りやすい(文章もあります)


今後の社会情勢を見据えた場合、非常に危ないプランであることを認識しておく



見据えた場合っつーか。
見据えざるを得ないわけですが。



日本の将来は暗い
と随所でそう言われていますよね。

これももちろんヤバイことなんですけど。

色んなとこでこういうを見るけど。
どうにかしようという動きは、
見ないじゃないですか。

ここが、ヤバイと思う^^;


多分、5年後、10年後、20年後、とヤバくなり続けていくと思うんですけど。

相変わらずヤバくならない方向への(まともな)対策などは打たないまま進んでいきそうな気がするんですよね。

これまで同様に。






ある程度、先見性のある人たち
日本が沈没しても(つまり大半の人が貧困状態に陥っても)
自分だけは沈まずに(一定水準の生活を持続させる)いられるようにする、
という方向に動いていると思う。

これは別に「自分だけ助かろうとするな」とか
そーいう風に非難できることじゃない
我々と同じ一個人ですからね。彼らも。
自分、そして家族が一番大事です。
第一自分の資産や能力でそれを成すわけですから。

何よりもこれは、
一個人がどうにかする問題ではなく。
政治がどうにかしていく問題です。

個人が頑張るとしたら、
政府が打ち出した納得のできる方針
それに向かって頑張る。

しかできないわけですね。




例として。
増税が果たして必要なのかは判りませんが、
仮に増税が必要であるのならば、
政府はいついつまでに国をこういう状態にしていきます。そのために、今、これだけの増税が必要です。
と言って、それをちゃんと実現するのなら、
例え増税したって国民は文句は言わないハズです。

20年後、30年後、日本が政府が目標としている状態にまで良くなるなら、今増税されても耐えようか、という気にもなりますよね。


でも、そういう感じでは、まったくない。
今までも現在もどうにかしようとしている風には見えない。
もしかしたら、どうにかできない事情があるのかもしれないけれども(リアルに任期もありますしね)。


取り敢えず、
総合的に見て、あまり明るい展望はないです。


この記事に描いたような
今の貧困層がインフェルノ状態に陥る確率はそれなりにある、と(ただ、老後不安に関しては、気にしすぎて気を病むくらいなら、むしろ一切気にしない方が絶対イイです。ある程度の準備をすることは大切。でもそれ以上は、やはり個人ではどうしようもない部分があると思うので。今の1年も1年。老後の1年も1年。ですから)。


正直、日本はセミリタイア向きの国じゃない、でしょう。
政府の本懐は、国民の奴隷化だと思いますし。









なので。


今回の1000万セミリタイアプランはですね。
私を見て頂ければ解ると思うのですが。


これ以外もう方法がない(と少なくとも自分ではそう思える)人のためのプランです。


2000万、3000万
セミリタイア前の労働で貯蓄を増やしていける余裕があるのなら、
間違いなくそちらを取るべき(だと思います)。












でもね。

もう自殺しちゃうくらい追い詰められてるなら。


そこまで追い詰められているなら、
死んで元々。



選択肢は、ない。





1000万で
セミリタイアしちゃえ(セキニンハトリマセン)。












こちらの記事もどうぞ!

スポンサーリンク
せみあど1
関連コンテンツ



シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
せみあど1