低所得者層こそ、今の日本で最優先して救われるべき存在

シェアする


というのが、私の考えです。

この低所得者層というのは、
労働者の中で下層に位置する
いわゆる、
働いても働いても生活が苦しい
っていう人たちですね。


低所得層
下流層

様々な呼び名があります。


今の日本は、
この人たちを最優先で救うべきだと、
私は、思います。



こんにちの日本では格差が拡大し、結婚し、家を建て家族を養うことができた中流層から、働き続ければなんとか生活していくこと(生きていくこと)くらいはできる、といった低所得者層(下流層)へと流れる人が多くなってきました。

スポンサーリンク
せみあど1

フルタイム労働をしているのに、報われない低所得者層


年収150万~200万までのワーキングプア。

そして、200万~300万くらいまでの一人暮らしであれば、自分一人生きていくので精一杯という層の人たち


彼らはみな、週に8時間×5日以上の
フルタイム労働をしています。

のに、生きていくのがやっと。


私は、この人たちを
どうにかして救ってあげることが。
日常生活に余裕を、そして未来に希望を持たせてあげることが。

日本の経済を豊かにする。
つまり、それ以外の層も救っていく鍵になると思っています。



最初に言っておきますが、
私はこの150万~300万程度の
フルタイム労働者に、該当しません。



これから先も、フルタイム労働を何年も継続する確率は非常に低いでしょう。



私は私が救うべきだと言った層よりも、
下の層
にいます。


でも、私は私よりも彼ら、低所得者層の方が優先して救われるべきだと思っている。



なぜなら。

自分が所属する貧困層が一時的に救われるよりも。一つ上の低所得者層が救われた方が。

日本の経済が良くなっていくと考えるから、です。

なので後々を考えればそれは、私が所属する貧困層も救うことになると思っている。




結果的にね。


今の日本

特権階級   利権を握っている人たち、大企業経営者など
上流層    年収1000万~
中流層    年収400万~900万くらい
低所得者層  年収150万~300万くらい
(ここの数がこの十数年で増大!)
貧困層    生活保護者、障害年金受給者、ニート、ひきこもり、短時間のみのバイトなど家族や国(福祉)の支援がないと1人では生きていけない人たち


今の日本はもう全員を救う、ではなく、誰から救っていくか、という追い詰められた状況



もちろんね。
私は、すべての人が救われて幸せになるのが理想だと思っている。日本に、いや世界に生きるすべての人が幸せなのがベストだと思っている。そういう社会が理想的であると思っている。



でも、今の日本にそれが可能かというと、そんな余裕はないのではないか、と。



もう日本、
沈みかかってる
んだよね。

このままだと沈没する。


なので、
日本という船を沈没させないために。

順番を付けて救っていくしかない。




まず、上流層中流層ですが、
彼らは取り敢えず生きていけるかどうかのラインでは困ってないですよね。


じゃあ
生存が危ういラインにいるのは?

低所得者層と、
それ以下の貧困層です。


私としては、この低所得者層
最下層である貧困層が救われるべき層だと思っている。



救うべきは低所得者層ではなく、優秀な上流層の人間ではないのか?


それでやってきたのが
この格差社会で、
今の沈没しかけの日本なんじゃないでしょうか?

優秀な人間ほど報われる。

これには私も同意です。

でも優秀な人間だけがとことん富んでいっても
それは豊かな社会には繋がらない。





なぜか?




それはですね、
その優秀な人間たちが
自分より下にいる人間に富を分け与えるかどうかはその人の善意によるから
です。



優秀な人間が富めば、一般人もその恩恵を受ける?


それ、その優秀な人間が
善良な人間であった場合のみ
です。

社長が富めば社員が富む。
経営者が富めば従業員が富む。


それって社長や経営者の良心に委ねられてるわけでしょ?


実際、社員にちゃんと利益分を還元している会社ってどれだけあるよ?

企業の内部留保、446兆円=6年連続で最高更新―17年度末


上を救えば下の層も救われる
という理屈は解りますが

今までや
今もそれでやってきてる
よね?




それでちゃんと下流まで
潤うようにお金が流れているのか?



その経済のトップにいる優秀な人間たち
自分の利益のみを優先して確保するから
コスト削減、人件費削減
働いている人たちはカツカツ。


結果として
中流層低所得者層に落ち、
低所得者層貧困層






落ちまくってるじゃん。








金持ちを優遇しても、

金持ちがさらに
金持ちになる
だけ










庶民は全然救われない。




例えば
今、世界でトップクラス
世界的な超大企業。
時価総額世界No1とNo2の
AppleAmazonどれだけ
自社(子会社・下請け・外注など含め)で働く社員大事にしてる?
その人たちの生活や、幸福を考えてる?



あのツートップの社長に、
良心……あると思う?(笑)



そもそも資本主義の世の中
優秀な人間、っていうのはそういう意味ですよ。
如何に『自分が』儲けて
如何に『自分が』幸せになるか
徹底して追及した成功者

いわゆる
優秀な人間なんですよ。


彼らに良心を求めるとかそれ、
お笑いレベルです。

優秀な人間は人を幸せにしてる、って? ……どうなのかな? みんなスマートフォンが開発されて、幸せになった?? 便利にはなったよね。 でも幸せになった? 私はスマホもAmazonもなくていいから平穏に生きていける世の中の方がずっと欲しいよ。「これは金になる!」って思ったことを、あの人たちは徹底してやってるだけだよ。金儲けの才能が無茶苦茶あるってだけの人たちなんだよ。人の幸せとか考えてない。そもそも良心なんて不純物が混ざっている会社は競争過程で食われる側に回っているだろうね。










優秀な人間だけを最優先して救っても

現実として、国が沈没しかけてる。



優秀な人間は、
もう十分報われてます。






優秀な人間人生何周も出来るような富を与えられている一方で、平民餓死するかどうかのギリギリのラインで生きている。













こんな社会が健全かよ。












これただの地獄じゃねーか。

優秀な人ほど報われる社会? うん、それでいいよ。でもすべての人たちが取り敢えず生きていける社会の方が優先だろ? だって、世の中のほとんどの人は【優秀じゃない】側の人間なんだから。






今の日本の現状は最上層が富むためにそれ以下の層がおしなべて犠牲になっている1%の貴族99%の奴隷状態です(正確には奴隷の中にも上級奴隷下級奴隷がいるので奴隷間闘争があってややこしいわけですが、結局はこういうことです)。








こんなことやってたら、
国は崩壊しますよね。





で。これを改めて。
最初に救われるべきは、誰なのかとなったときに。


最初に救われるべきは、
現代の労働者で。
その中でも生きるだけで精一杯な
底辺労働者の人たち、なんじゃないかって。



私は前から思ってるんです。


フルタイムで働いているのに生活がしんどいって、なにそれ?


これがまずおかしいんですよ。

朝8時に出勤して定時は17時だとしても
(正社員なら)19時や20時まで仕事。

こんなに働いているのに。

生活していくだけでいっぱいいっぱいって。


これが、まず、おかしい。


これがおかしくないっていうのなら
そんな声が主流になるのなら



もう働くのやめよう?



リタイア系の人たちみたいに(おまえもだろうが)



この低所得者層の人たちは、
ちゃんと働いてるんだよ?


フルタイム。


人によっては残業までして。


国民の義務、
ちゃんと果たしてる
んだよ?


なのになに?
この明日の見えない生活。




これ、何とかしなきゃダメだよ。













私は「常識」っていう言葉は嫌いです。


でも、「常識に則って国民の義務を果たして生きている人たち」ですら報われないのって、もう意味わかんなくね?(それならもう常識なんてマジで守る意味ねーじゃん?)



常識を守って生きている人たちを敵対視することは、常識外で生きている人たちにとってマイナスです。常識で生きている人たちが報われたら、常識外で生きている人たちにもプラスになります。






彼らは、日本の土台を支えている人たちです。


この人たちを疎かにしてどうするの。






この人たちが。
そう、この勤勉な人たちが、
「生きているけるかどうか」っていうラインにいることがおかしいんだ。

これ以上ないくらい、
ギリギリのライン
じゃないか、それ。

その下ってもう「死」じゃないか。



こんな状態でよくみんな労働意欲が保てるよな。
すごいよ。





私はもう嫌になったから(限界が来たから)やめた^^;

無論、この私みたいな無茶な節約したら年収200万台とかでも金は貯まりますよ?
私はそれで1000万くらい貯めましたよ?

でもそれを一般的な価値観として押し付けるのは健全じゃないよね。


フルタイムで働きながら
こんな修行僧みたいな生活するの? 


じゃなきゃ「生き」られないの?

「生き」ることすらできないの?


必死に働いているのに、
今生きていくのでやっと。


老後も絶望。





こんな残酷な社会って、ないよ。

このマインドを受け入れると(つまり奴隷マインドを受け入れると)、心が病んだりねじ曲がったりして色んな問題に発展するんです。

労働とは一見関係のない、色んな問題にね。


貧困層より低所得者層を優先して救う理由


私は救うべきは、
低所得者層と、
貧困層だと言いましたが。

ここで、貧困層よりも、低所得者層を優先して救う理由を書きますね。



低所得者層、つまりフルタイム労働しているけどギリギリの生活しかできない人たち。を、貧困層、つまり、生活保護受給者や障害年金受給者、または親の庇護を受けているニートよりも優先して救う理由を述べます。



低所得者層貧困層も。
生活に余裕を持つことよって消費が増え、経済が回るのは同じです。
どちらも貯蓄ではなく消費に使う人が多いでしょう(貧困層の方がよりその傾向が顕著だけど)




なので、
一見同じに見える





じゃあなぜ敢えてここ(貧困層)ではなく、
フルタイム労働をしている低所得者層を優先して救うのか。





それは、
フルタイム労働をして社会に貢献しているから。

です。



まともに
働いているか、働いていないか。

この違い。




経済

消費する側だけでなく、
労働する側がいないと

回らないんです。





貧困層は(私のように時短で働いている人もいますけど)基本消費するだけ、です。



これに対し
低所得者層は、
消費もするけど、労働もする




よって、
社会的に見れば、
低所得者層の方が価値がある。







貧困層
私もそうなんだけど

何かに助けられられながら生きている

わけですよね?









社会福祉



などなど。


その助ける存在がなければ生きることができない

つーことは、
それだけ社会に負荷をかけている層
なんですよ。





この2つで
どっちから救うか、となれば?







貧困層の人たちは
あまり社会貢献していない。
社会に救ってもらっている側の人間。



これがダメっていうわけじゃない。国に救われて生きるのがダメっていうわけじゃない。

私はすべての人間が社会に無条件に救われるのが理想だと思っている。産まれただけで(労働とか無理にしなくても)貧困の心配なく生きていけるのが理想の社会だと思っている。国は国民のために存在しているわけだから、国のあるべき姿としては、そうあるべきだと思っている。




でも今の日本で
そんなことは言ってられない。




もうそんな余裕はない。





このクソッタレた国を
これから何とかするため





さあ
誰から助けていくか?


ってなったときに。




『社会に助けられて生きている人たち』
『自分の生きる分は自分の労働で稼いで
生きている人たち』
なら





後者を先に救うべき。





そのあとで、
前者も救うべき。








だと、私は思う。




じゃないと。

いずれ共倒れになる。



自分一人で立てない人たちばかりに目を向けてたら
何とか両足で立っている人たちの足が



いずれ折れる。



そうすると、みんな倒れる。





最終的には
前者も救われない未来に行き着く。





てゆーか
もう今の時点で共倒れになる寸前のところまで来ている。




それくらい、年収150~300万程度の
ギリギリ生活が出来ている人たちには
もうほんと余裕がない。





ぎりぎり。




この人たちが
段々と崩れ始めているんだ。



こんなにも働き通しなのに、
生きるかどうかのラインを行ったり来たりするだけで全然報われないから。


鬱になったり、
過労で倒れたりして。



社会保障に頼らざるを得ない側に、
つまり貧困層側


どんどん回っていっている。

そうなると社会保障費が圧迫され、いずれはパンクして全員が死ぬ。




この低所得者層に位置する労働者。


この人たちは。



ちゃんと余裕を持たせてあげて
未来に希望を持たせてあげれば




ちゃんと働き続けて。


結婚もして。


家庭を築き、子孫を残してくれるような人たちなんですよ。



ほぼ生涯に渡り


ガンガン消費して、
ガンガン労働してくれる。






最高の人たちです。








え?









何でこの人たちを国はもっと大事にしないの?










ものすごく大事にしなきゃいけない人たちなんですよ?









貴重な人たちなんですよ?











なのに。




現状、あまりにも

ここの層の救済措置がなくて


メチャクチャ疎かにされている。



ように私には見える。











今の日本で、
いちばん割を食っているのは、










ここだろ。










この層の人たちだろ。






あ、
なんとか一人で頑張れてるじゃん。
じゃあそのまま頑張って!

な感じで放っておかれている。





そりゃもう
悲惨な状況のままで。




このままじゃ、
彼らがそれに耐えきれなくなって
どんどん下(貧困層)に落ちていき

下(を福祉で助けるの)にも当然限界があるから
ここもやがてパンクして






結果として
低所得者層
貧困層









全員死ぬ。





どちらも死ぬ未来が来る。





障害者、生活保護者、ニートらより
底辺労働者の救済を優先させろ、っていうのは

一時的には弱者切り捨てに映るかもしれないけど




救える人から確実に救っていかないと

もっと嫌な言い方をすると
救う価値の高い人から救っていかないと




最終的に、
どっちも死ぬ。




このまま日本が衰退すればいずれは
下から切り捨てられる未来へ行きつくと私は思っています。


貧困層順次切り捨て(死です)。
中流、低所得者層には増税と社会保障削減。
段々と貧困層へ押しやられる。

って最悪の未来になる確率

私は実に高いと思っている。





じゃあもう今からでも
少しでもまともな未来を作る
ために

低所得者層。
毎日必死に働いているのに報われない層。

せめて報われる社会に。






まず、しようよ。

って私は思う。







彼らが報われなきゃ、
始まらない
よ。



労働者の多数が押しやられている、そして
これからも押しやられていくであろう
ここの層
が報われないと

日本から希望が消える。





なぜなら大半の人はこの低所得者層より上にはなかなか上がれないから。なので、ここが絶望だと日本人の人生そのものが絶望になる。




随所でよく言われていますけど、
このまま行ったら
低所得者層で生きている人たちが、
老後を迎えると同時に
順次、貧困層(何かに助けてもらわないと生きられない層)に落ちていきます。







そうなったら、マジで地獄が始まる。




貧困層を救っても救済の連鎖が起きない


もう1つ理由があります。

それは、低所得者層同様に生命の危機に瀕している人も多い貧困層を救っても、残念ながら救済の連鎖が起きにくいんですね。



貧困層が救われて、それだけで終わる。






それだけ。






連鎖が起きない。





彼らは(あまり)働いてないから、
消費するだけ。


彼らが、社会の標準基準である
働く、結婚する、子供を産む、
という段階に達する
には、
もう1ステップ必要なんだ。



そしてそれは、
決して簡単な1ステップではないと思う。





でもさ。

すでにフルタイムで労働している層を救って(余裕を持たせて)あげれば
すぐに結婚→人口の増加に直結する。






ここの層が将来を悲観せず。
結婚できるくらいの余裕を持てば。







日本経済も徐々に復活していく。

働きアリたちを、豊かに。















低所得者層貧困層




どっちが辛いとか
どっちが苦しいとかで考えるのではなく。





最終的
少しでも多くの人が救われるため


数多くの社会貢献者がいる、

この低所得者層



まずこの層を救っていかなければならないと、
私は思う。

(今回の私の主張は、低所得者層以外の人からの同意はあまり得られないと思う。なぜなら貧困層は自分を守るマインドを保つので精一杯だし(仮に私がずっとニートしてたら、この発想は出ないです)、中流以上は低所得者層は能力がない(努力を怠った)からこそ低所得者層であり、つまりそれは自己責任。だから最低限の暮らしができる程度が相応、と考える人もままいるのではないかと思う。ただ年収150万~300万程度にいる層。ものすごい数の労働者。これをまとめて自己責任と定義するのはどうなのかなぁ? 仮に自己責任だとしても、その人たちは【自己責任だから生涯なんとか生きていける程度の生活を続けることが相応】なのかなぁ? そんな社会で本当にいいのかなぁ? そもそも有能な人間が多くの報酬をもらい、無能な人間は生きるか死ぬかレベルでOK。これをやってきた結果が、今の悲惨な日本なんじゃないかなぁ……?)


低所得者層が救われれば、底辺叩きが少なくなる



んじゃないのかな、と思います。


だから下流に位置する労働層を救うことは。

所謂、ニート、ひきこもり、生活保護、障害者などの貧困層の弱者にも恩恵がある。



なぜなら
彼らを攻撃の的にしているのが

主にこの低所得者層だと私は思っているんだ。



いちばん闘っちゃいけない両者が、ネットを見るといつも闘っています。





低所得者層側の不満は、こうです。

自分はしっかり働いているのに、報われない。
自分より下の層はまともに働いていないのに社会に助けてもらって生きている。

こんなの不公平だ。ってね。




もちろん、不公平じゃないのは(私は)分かってる。例えば健常者と障害者は、補助があって平等。なぜなら最初の立ち位置からして違うから。でもそれが理解してもらえるか、受け入れられるかっていうのは、別の話。


身体障害者は目に見えるので、健常者にも理解されますが、精神障害者は本当に理解されにくい存在です。

それこそ、相手の心も持ちよう
心の余裕で決まっちゃう。




そしてその、心の余裕が、
ない
んだ。





理解させようとするその「彼ら」もまたギリギリな状態だから。
瀕死の状態なんだ、彼らも。









だからこそ彼ら(下流労働者層)に余裕を持たせてあげることにより


現在至る所で起きている
底辺が更に底辺を攻撃するっていう
しみったれた現象
を抑えられる。



と、私は思う。

それでも、仮に生活に余裕ができても、弱い者いじめが好きで弱者を攻撃する奴は一部いるよ。でもそんなのはもうどうやっても変わらないからほっとけ。







そうじゃなくて。

一生懸命働いても報われない。毎日毎日こんなに頑張っているのに、色んな理不尽にあって怒りのやり場がない。だから仕方なく更なる弱者へと攻撃の矛先を向けてしまっている。そうしなきゃ鬱憤が晴らせなくて自分がおかしくなってしまう。って言う人も大勢いると思う。









ぶっちゃけ

私もそうだった。




かつて正社員で働いていたころ。

様々な理不尽な目にあって。
ニートとかひきこもりとか生活保護受給者とか。
そーいういわゆる「ちゃんとしてない人」を見下すことでストレスを発散してた。

人のブログとか掲示板とかSNSにメッセージを書き込んで相手に苛立ちをぶつけたことはない。自殺掲示板のアレが1回あるくらい^^;)。




でも、見てた。

ニートで叩かれている人のブログとか。

生活保護者はクズとかいう掲示板をみてた。

誰かが誰かを攻撃しているのをみて、
スカッとしてた。










本当に不満をぶつけるべき相手
自分よりも弱者の人たちじゃない。





でも本当に不満をぶつけるべき相手には
力関係上歯向かえない。









だから、弱い奴を攻撃する。






それは、イジメと同じで、最低の行為に映る。





でもこの人たちにね、
倫理を持て! 立ち向かえ! 
と言っても
すごく追い詰められてるから、無理なんだ。


人間、そんな強くない。





だから、
地獄の中でなお
倫理や道徳を持て
、というのではなく。


その地獄の状況自体を改善してあげる。







そうすれば、
手に持ったナイフは欠ける。




この低所得者層に属している労働者が
今の日本では多数います。





ということは?




ここの層に
心の余裕が出来たら?





あらゆる問題の解決、
っていうか問題そのものの発生を
抑えられます
よね?




ネットの弱者叩きに限らず……
職場でのパワハラ。セクハラ。
仲間はずれ。八つ当たり。
その他、様々な人間関係上の軋轢。
児童虐待。いじめ。家庭内不和。
子供の貧困。
恋人の苛立ちだってなくなる。



もちろん、
凄惨な通り魔事件も。




ほとんどの問題は、
実はこの社会そのものに起因していて。
社会が良くなれば解決される、


っていうより発生しなくなる。

低所得者層に希望があれば、貧困層も希望を持てる




今、ニートやひきこもりの人ってさ。


働きたい?


この超絶ブラックな社会で、
働きたい?



働きたくないよね。







だって
ニートやひきこもりが
意を決して出ていく労働社会は……



この低所得者層ですよ。




その低所得者層の実態は、
毎日必死に働いているのに
なんとか生活ができる程度の豊かさにしかなれない。


生活保護費とフルタイム労働が
豊かさ的に、変わらない。


ブラック労働分だけ丸ごとマイナス。





誰がそんなマゾ世界に出て行きたいよ?


「ニートは働け!」は、「悲惨な状態の下流労働層に出ていけ!」って言われてるのと同じことで。それもうただの狂気に見えるわ。





だから逆に言えば
この低所得者層今みたいにギリギリな状態でなくなればその下にいる貧困層も希望を持てるんだ。




今の下流が、ギリギリな状態じゃなくて余裕ある生活を送れる状態になればどうよ?








それってどうよ?







社会に出て頑張ってみよう、
って気持ちにならない?










確かに、
頑張って働くのは大変だけどさ。








頑張って働けば、
報われるんだぜ?











今は頑張って働いても報われませんm9(^Д^)プギャーwwwwww








フルタイム労働さえすれば

ある程度の安定が。

結婚が。

そして
将来が開けるようになれば。




働きたい。
社会に出たい。


っていう気持ちが強くなる。









はず(少なくとも今よりは)。





今の日本はこんな感じになってる

特権階級>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>上流層>>>>>中流層>>(生活できるギリギリのラインはここ)低所得者層=貧困層



だから低所得者層それ以下の人の激突が起こる。どっちも生きていけるギリギリのラインで生活。片や日がな一日働いて。片や働いてないのに助けてもらってる(一方の視点から見ればね)。

衝突するよ、こんなんじゃ。



私の理想はこれ

特権階級>>上流層>>中流層>>低所得者層>>貧困層>(生活できるギリギリのラインはここ)



こうであるべき。


これで
誰も死なない。



そして、
これが平等じゃね?


でも無理




うん、このツイートをしながら

こんなの無理なのはわかってた。




だからこれ、ただの
願望ツイート
だった。




(こんなにバズると思ってなかったw
26いいねくらいだと思ってた^-^;)








なぜかっていうと、
これと逆のことをしてきたのが
今の日本の姿
だから。




生かさず殺さずの労働者を増やしに増やして

つまりギリギリ生きていけるラインの労働者をとことん増やしていって


徹底的な搾取を行い

一部の特権階級だけが肥え太る仕組み




ずっとしてきたんだもの。






だからこんなの、
やるはずがない。













日本の将来より

自分。













自分(と特権階級の仲間たち)の利益が大事。












そういう連中がこの国を牛耳っているのは

わかってる。











私が利益のみを追求する経営者なら

間違いなく労働者は生かさず殺さずくらいの

生活水準にする。




やれ。
じゃなきゃ死ぬぞ
、で

縛り付けるのが最高だ。







日本を本気で再生したいならまずこの層を救おう





まず、この層だ。




この毎日働いて社会貢献している層


ちゃんと
人間らしく生きられるようにしてあげよう。

AIが発達して、労働が社会基準じゃない世の中? うん、それ最近たまに聞くけど、ほんとそんな世の中になってくれたらいいよね。





















今回の主張に賛同してくれた方には申し訳ないけど、別の視点から見てみたらこの主張もやっぱり『自分の層に有利な主張をしているだけ』なのかもしれないんだ。この主張は私が11年以上働いて底辺労働を味わった経験から出てるものだし、またそこで働く多くの低賃金労働者を見てきたからこその主張なんだ。日本の将来云々てのは取り敢えず後付けというか第二の理由で、出所は、自分を含め、こんなに毎日必死で働いている人たちがその日暮らしに近い生活をしているのが我慢ならない、っていう感情だ。仮にずっとニートしてたら絶対にこんな主張はしてなかったし、(ありえないんだけどもし)中流~上流の労働者層にいたとしてもこれと同じ主張をしていたかといえば、甚だ自信がない^^;ぶっちゃけ、結婚して子供を育てている中流くらい(400万~1000万程度の人たち)の暮らしも死に体ってほどじゃないにしても、十分しんどいのは伝わってくるし、彼らにもまた救済が必要だということも分かる。




















この記事もオススメです!

スポンサーリンク
せみあど1
関連コンテンツ



シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
せみあど1