現代の稼げる系ネット詐欺も、所詮は金鉱とツルハシの原理





で、大体説明がつくという件。

スポンサーリンク

金鉱とツルハシの話とは?


ゴールドラッシュ、ってありましたよね? 鉱山から金(ゴールド)が掘れるという話で大勢の人がツルハシを手に鉱山で金を掘りに行った話です。

実際儲かったのは、金を掘りに行った人たちよりも、金を掘る道具を売った人が儲かった、というオチ。



このツルハシを売っている人が、
現代のネットでいえば、
稼ぐ方法で稼ぐ人なのです。


代表的なものでいうと
情報商材ツルハシですね。
あれはみんなツルハシを買いたいんじゃなく
その先に在る金鉱を目指して

ツルハシ(情報商材)を買うわけだからね。


もっと広く浅く考えたら、アフィリエイターやブロガーやインフルエンサー、商材屋やサロン屋などなど様々な属性の方がこのツルハシビジネスに当てはまります(重複してたりもするしぶっちゃけどうでもいい属性だよね)。

ようは、ツルハシを売る目的で、みんなを鉱山に向かわせているわけですね。

何が詐欺なのか?


重要なポイントは、
金が掘れる鉱山が本当に存在するかどうか、
です。


それも、一握りだけが成功する類のものじゃ大抵ダメ。宣伝に見合う金鉱が存在しないと、それは詐欺ですよね?(いますかね、わざわざ一握りしか成功しませんよ、って言ってるツルハシ売り)


極端な話、彼らはツルハシを買わせたら勝ちなので、金鉱は存在しなくても構わないんです。





だから、金の出ない鉱山。
または出ても
少ししか出ない鉱山。
100人掘りに行ったら
1人しか金を掘り出せない鉱山。
金を掘り当てられるけど
失敗したら落盤で死ぬ鉱山。

などでも大々的に宣伝して。

目的のツルハシを
買わせる
んですね。



(もしノーリスクでガポガポ金が掘れる鉱山があるなら、ツルハシなんか売ってないで、人に教えず自分が掘りに行くはず)







そもそも(ここから重要↓↓↓)




そもそも、ちゃんとした金鉱があって、
金を掘りに行った人達が一番儲かってる
なら


なんで、金鉱とツルハシの話があるんですかね??


……って考えましたか?



この話は、金を掘りに行くより
金を掘る人に
ツルハシを売るやり方が
安定して稼げる
よ~、


って教訓の話じゃないですか。





仮想通貨を勧める人は
なぜ仮想通貨を勧めるの?

FXを勧める人は
なぜFXを勧めるの?



人に勧めるのも結構な手間がかかりますよ?
同じ手間がかかるなら、その勧めてる投資を自分でやることに時間を割いた方が稼げるハズ。


でも、それは
リスキー。

熟練者でも、負ける確率は結構あるし、
負けたら大ダメージ。



だから、やらない。






対して人に勧めて、
紹介料で稼ぐ方法は
リスクがない。

リスクがないとは言わないけど、投資などで自分の現ナマを張ることに比べたらほぼノーリスク。





だから自分では張らない。
自分は金を張らない。
張っても見せかけ程度まで。
勝負はしない。

金は他の奴に張らす。
勝負するのは他の奴。

自分はその他の奴が勝負するため
ツルハシを売って稼ぐ。







だからみんな
アフィリエイトやるんですよ。




一回でかく稼ぐのに成功したら
その成功をネタに安全に稼げるアフィに移行するんですよ。
商材売るんです。
セミナー開くんです。

中には最初っからツルハシビジネス目的で成功をでっち上げでる人もいるんですよ。




こういうチャートがあったとして。
これがこの先どっちに向かうかは読めないですよね?

確実に読めるならそっちに全財産betでいいんですから。
でも、それはできない。

しかし、このチャートで確実に稼ぐ方法がある。
それがチャートで取引する場所を紹介することによって
紹介料を得る
方法、ですね。









ネット界隈の詐欺
稼げる系の話は、

色々複雑に見えますが、
よくよくみると
本質は、

みな、
金鉱とツルハシの話


まんまです。

現状いまのネット社会は詐欺師天国。どれだけグレーなことしても、完全にブラックじゃないと捕まらないし(ネットの急速な進化に、法整備が追い付いてきてないのかな?)、あとなんにせよカモが多すぎる。






あっ。
私はいわゆる嫌儲?とか
いう奴ではないです。


あくまで
この↑姿勢なだけであって。




↑↑↑この記事が面白かった人は、
これも読んでみよう!

情弱記事↑に書いてあることと、今回の記事の主張をごちゃまぜにしたらダメなんですね。ごちゃまぜにすると、人は自分にとって都合の良い側面だけを抜き取って語ろうとするから(誰も有益な情報を無償で出さないでしょ?っていう話と今回の話はだからね。截然と切り分けなきゃ)









スポンサーリンク
スポンサーリンク




関連コンテンツ



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする



スポンサーリンク