自己責任論者って自分が弱者になったらどうするの?






よく言われてますよねこれ。

自己責任論者

「自分も弱者になる可能性があるのに
自己責任論とか馬鹿じゃね?」


っていうやつね。



私もこの意見には
もちろん賛成。。。




なんだけどこの意見で
世論を統一できるかっつーと
(自己責任論者を説き伏せられるかつと)
現実ムズカシイ。



実際
出来てないでしょ??








で。







これをね、
逆に自己責任論者側はどう思っているのか
っていうのをね。

考えてみました。




や、私はおもいくそ
弱者側の人間なんだけど。。。





相手の立場に立って考える
って大事だからね。

自己責任論者にも色々いる


で、自己責任論者って
ひとまとめにできないんですよね。




その人が資本主義社会で
どれだけ勝っているか。

で性質がまるで違ってくる。



①支配層自己責任論者=奴隷層など総じて
         ゴミ以下の存在でしかない
②奴隷層勝ち組自己責任論者=自分は努力をしてきた。
         ニート非正規、底辺正社員は自業自得
③底辺正社員自己責任論者=唯一見下せる存在が
         非正規やニート


何が「までいるのか…」だよ。【貧困層型自己責任論者】もめっちゃ今までこの目で見てきてるじゃん。ボケてんのかオレは^^;





今回私がいいたいのは

庶民の中で普通か、
普通より上にいる人たちで
自己責任論者。


この人たちは
資本主義である程度勝っている
(資産家・経営者クラスの話じゃない。
飽くまで一般人で普通~の人の話)

まーちょっとツッコミどころはあるかも(中小経営者ってピンキリ凄いから)しれないけど大体ねw




つまり、
年収600万以上とか
ある程度勝ってる人。
(この辺の額は個人差あります。現在日本の平均年収は450万程度。中央値は350万程度。……平均は一部の高所得者が吊り上げてるから、中央値で見るべき。となると、年収400万でもう上側にいるんだね。。)


庶民クラスでは
中層から上層
にいる人。




この人たちは

「自分が弱者側に落ちた時~」とか

言われても




ぶっちゃけ
ピンとこない。


人は確率の低いことを軽視する



その弱者側(非正規やニート)
自分の立ち位置

あまりにも離れていて。




それを声高に言ってるやつら
あまりにもマヌケでザコ過ぎ




年収2、300万のなんちゃって正社員なら
ワープアフリーターニート=弱者
がすぐ下にいるけど




600万以上稼いでたら

遥か下なんですよ。







(実際は先鋭化された今のような資本主義社会では勝ち組上位1%以外は同じ奴隷層なんですが意識的にはかなり違うから)




ちょっとつまずいたくらいじゃ
貧困層まで落ちない


スペックも高いから
多少のトラブルじゃ
落ちない自信がある。




実際落ちないから
その位置にいる
わけで。







それこそ病気とか事故とか




そーいう状態にならないと
弱者側には落ちない
んだよね。










で。







健康な人って病気の事
事故の事

そんなリアルに実感しないじゃん?







やっぱり人間て
低確率の出来事って無視する
んです(病気は人生通して考えたら決して低確率ではないが、健康時は危機感がまるでないのもまた事実)。

感情的に。




そうなったら
そうなったときですけど

大体にしてそうはならない
(と思ってる)んだから





そうはならない体







人生を過ごすでしょ。




過ごしちゃうでしょ。



(他人にもその体で接するでしょ)










もし弱者に落ちたら?




うん、もし落ちることは
あるかもしれないけど







しょせんは、もし、のレベル。




そんなん気にするくらいなら
他に気にすることがいくらでもある。
何よりしょせんそれは
弱者に都合の良い思想だろ。

ってね。







それに事故や病気には
備えておくべきであって

備えられない奴は
それも自業自得

死んでも仕方ないんじゃないか、と。

1つ、重要なことなのですが、こういった人たちでも「病気」や「事故」で弱者側に陥る可能性はままありますよ。……でもそれ(病気や事故)それ以外の理由で弱者に落ちるのは違うだろ、と考えられてしまうと、病気や事故で弱者落ちした分は救っても良い。でもそれ以外は自己責任だ。となってしまう。また病気や事故でも本人に過失があるものは自己責任でいい、となってしまう。


弱者が主張していること自体が気に食わない



何より第一。。(ここが重要)
弱者のくせに主張してること




気に食わない。




おまえら生産性社会貢献度も低い
カスだろ。
(しかもそうなったのは自己責任




カスのくせに主張すんな。

って思ってしまう。

労働者の(特に賃金面での)待遇が悪い!と弱者が主張すると「それはおまえの努力が足らなかったからで、努力して高待遇の職に就けばいいだろ?」と言ってくる方ですね。いや、そういうことを話してるんじゃない。個人の事ではなく、社会全体がそうなっているという問題を提起しているのに、個人の努力云々の問題にすり替えられてしまう。これはもう「自分は努力して高収入なのに弱者は努力せず低収入で不平不満を言っているのが気に食わないっていう感情の域から思考が出てないんですね。







それに
そんなカスに基準合わせてたら
社会がおかしくなる
だろ

社会的に考えても
無能で生産性のない弱者
保護なんてしてた方がマイナスだろう、と。
(実際マイナスかどうかは別として)

って、これらの考えの方が

「自分が弱者になったら云々~」

より強い。

圧倒的に強い。










結局ね。

理想としては

誰もが弱者側に落ちても安心できる

社会が望ましいんだけど







あまりにも
その弱者側までの距離がある





現実的にその危機感は薄いよね。



それに自己スペックが高いと

え、結構人生って
そこそこやってればそこそこ上手くいくし
必死に頑張れば報われて成功するのに???


その社会
……不平不満を言ってる奴らって

なに???
どう考えても甘えにしか思えない!!!

みたいに思っちゃうんだよね。

・・・いや私は思わないけど
思っちゃう心理も分からなくはない。
(頭で考えたら理解できなくはない)





ジッサイ、私も高校生くらいの時は
え、そこまで日本最悪じゃなくない??
みたいに思ってたよ。

今と何が違うかって
それはただ環境だけだった。

でもこれ気付かないから。


ここ、理解し合うことは
不可能
なんじゃないかな?

って私は思ってる。

ずっと前から。

ただし普通以下なのに自己責任論者はマジでないと思う



で、ここまでは飽くまで
そこそこ勝ってる人
の話。
大衆の中で普通から上くらいの。







一方・・・・
一応正社員です、とかね。
まあかつての私の正社員レベル
年収200~300万くらいの。


そのくらいの人(で自己責任論者)

何かのトラブル、
例えば嫌な上司のいる部署に
配置転換
させられたとか

会社が経営ヤバくなったりとか

不景気になったりだとか

割と起こり得る確率の高いアクシデント

弱者側に転落するわけ。








この人たちは流石に

確率的にも他人事じゃないから




割とそれなりの確率

事故・病気以外でも

弱者側に転落するんだから







自己責任論はナイと思う。
(実に賢くないと思う)




そのひとたちは、
まず間違いなく
弱者が救われる世の中の方が
自分も助かるよ。得するよ。






こーゆうひとは単に

ただ、日常生活からくるストレス解消や、
優越感を得る
ためだけに、

自分より下を見下しているだけ。
唯一見下せる存在だからね。
(不毛だからあんまりここと闘いたくないんだけどね)





自己責任社会はマイナス要素だらけ


ですね。
社会主義とは違いますよ。

どれだけ頑張っても報われない社会主義
自己責任社会じゃない社会
= じゃないから

資本主義は仕組み上
格差が拡大していくものだし



で、自己責任社会にすると
経済面でも良くないと言われているし

そもそも実際

私は
自己責任社会は
ほぼすべての人を不幸にする。

と考えますね。



でも、勝ち組1%くらいは
もう、自己責任社会で
社会に在る富を食いつくす方が幸せになれるので。

自己責任社会

上層1%に都合がよく

それ以下は都合が悪い


のが事実

けど

一般人の上層貧困に落ちる確率が低いから実感に乏しく想像しがたいうえに貧困者の主張自体気に食わないから自己責任論に走るし、貧困より少し上の人たちもストレス満載な上に唯一見下せる存在を見下して優越感を得るために自己責任論に走ります。








今回のまとめ

勝っている側の人間からしたら、
自分が弱者側に落ちるリスクより
生産性のない弱者を(無駄に)保護する方(コスト)が
(社会として)リスク
だと感じる。

またその弱者が一人前に
主張しているのが気に食わない。


本記事を読んだ方に
絶対に読んで欲しい記事
は、


これですね。
何故人って考え方を改めないのか、を書いています。




関連コンテンツ



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする