ネットにいる捕まらない詐欺師を紹介していく






インターネット上にいる
表舞台にも出てきている)、
やっていることは、詐欺だけど、
警察には捕まっていないだけの詐欺師
捕まらない詐欺師
これを今回紹介していきます。

ただし、個人名は挙げません。私が(悪い意味で人の)個人名を挙げるとしたら私個人が個人的に攻撃され、大きな被害を被った場合のみでしょう。個人名まで出したらさすがに相手も怒るかもしれませんし、そうまでしてバトルするメリットが私にマジで何もありません。なので、詐欺師タイプとしてこういったタイプの詐欺師達がいる、ということをこの記事でお話します。(別に個人名を挙げなくとも傾向を知っていれば正体も対策も自ずと解ります。解らないなら騙されるしかないですね)


稼げる方法を売って稼ぐ詐欺師


一番ポピュラーでオーソドックスな方法が、
稼げる方法稼ぐ方法を売って稼ぐタイプの
詐欺師です。




稼げる方法稼ぐ方法を売って稼げるのは、その売っている詐欺師自身で、その方法を買った人達は稼げません(笑)(自分もマルチやるなら別ですけどw)現在の法律では、ビジネスとの境界線があいまいなため、確定でブラックな詐欺師しか捕まえることができません(たまに確定ブラックが投資詐欺とかで捕まってるよね。でも曖昧な詐欺は全部網の目から漏れています)。インターネットもあるし、もしかしたら今が人類史上最も詐欺師天国の時代かもしれません。






この方法は過去に
一つの記事として取り上げています。

この図を見てください。
正にこの図だけで、この稼ぐ方法で稼ぐ詐欺師の全容が表わされています。この図を理解すればもう100点ですwこの図で、重要なのはどの部分か解りますか? 【売る側にとって】のという部分です。売る側の為だけに作られた図式(金儲けの公式)ですから。
稼ぐ方法で稼ぐ詐欺師たちは、この方法という名の虚構を売るために様々な方法を使ってきます。色んな脚色を混ぜたり虚飾を散りばめたりして本質がよくわからないものにしてきます(といっても超簡単だけどwwwww)。しかし本質的な公式は、この図のままで、この図からずれることはありません。詐欺の本質はこれから変わっていません。これでずっと騙せる(アホがいる)から、変わる必要がないのです。


50年後はもっとましになっているのかもしれませんが、現在はまだまだネット創成期でネットのモラルはほぼないも同然です。2022年現在検索上位(リスティング広告というお金を払うことで検索上位枠を取るやり方)で、株などのワードで検索した時、「バカでも稼げる必勝法」みたいなページがHITします。これだけでネットのモラルがどのレベルにあるか丸わかりですよね。「逮捕されなければ何をやってもいい」くらいのモラルです。悲しい現実ですね。こういう詐欺ページを作る人間が問題なのではなく(そういう連中はこの記事で紹介するようにいつでも一部いるので)、金のために(目先の広告掲載費のためだけに)検索最大手であるGoogleがこれ(詐欺まがいの顧客)を受け入れてるんですw








では一つ、
具体例を出して説明してみましょう。
色々あるんですが一例として
最近(今は2022年)流行り気味の
FXの自動売買にしましょう。




上の図の公式のままのシステムです。
人の興味(欲望・不安)を引いて、金を稼ぐシステム(代表的なものが商材やアフィ)誘導する、という超簡単なシステムです】

FXの自動売買で稼ぐ方法、というのは、
そのFXの自動売買を行う場所を
紹介すること
によって
紹介料を得る稼ぎ方です。


稼げる方法を売る商法は、
捕まらないマルチ商法ですよね。






FX自動売買というワードが独り立ちする(つまり、大衆に認知されるまで)には、時間がかかるので、最初は自由になる方法とか働かずに済む方法とか、働くのが辛いとか、毎日しんどいとか、そういった我々が心の中に持っている欲望や不安を、集客ワードとして設定し、それを検索してまず見つけてもらえるようにします。例としては、お得系なら【稼ぐ方法】【金持ちになる方法】【自由になる方法】【労働から解放される方法】【働かないで生きる】【成功する方法】【配当生活】【人が羨む生活】【新しい生き方2.0】【人生100年時代】【リタイア】【FREE】、逆に不安を煽るワードなら【将来不安】【老後不安(2000万問題)】【日本財政破綻】【日本の将来】【少子高齢化】【仕事が辛い】ま、なんでもいいんです。







人の感情を(プラスでもマイナスでも)強く引き付けられたら、なんでもいいんです(欲しいのは、お得そうor不安を煽る雰囲気なので)。そしてそこにやってきた人達に解答として、真の狙いである、fx自動売買というやり方を紹介します。この方法で、その不安や欲求が解決しますよという風に教えるんですね。(そして、ここが嘘です!!だって、そのやり方ではほぼ解決しないんだもの!!!!嘘ついてるけど(詐欺だけど)、逮捕はされません)。目的のFX自動売買出来る場所をその人達に提供させ、紹介料を得るわけです(詐欺師の目的は、本当にこれ(紹介料)だけ)。





で、実際そのFX自動売買が本当にバリバリ稼げるのならこんなこと(他人に紹介)をやってないんですよね。その紹介をする人間自身が、まずそれでバリバリやって稼いでいるはずです。

……稼いだ後、
他人に紹介してるのでは?
って? 


なぜ?^^;

……なぜ他人に
紹介する必要があるのですか?






まず、大前提として
人間って必要のないことをやらないです。
無駄と解っていることを
わざわざやる人、いません。

人間は何か理由がないと、他人に美味しい話を紹介することはありません。紹介するメリットがなければ、紹介自体しないはずです。まぁ、特に親しい間柄なら美味しい話も持ちかけるでしょうが、他人ですよ?


少しでも知恵のある人なら、必ずこう考える→「どうして自分でそれをやらずに、赤の他人に紹介することに時間を費やしているのか?」って。普通、金儲けに時間を費やすなら、その時間を最も儲けられる見込みのある行為に費やすのが効率的です。ということは、他人にその方法を紹介する方が、その方法を自体をやるよりも儲かる、と彼らは判断しているんです。




論理的に考えれば、こうなる



そう判断しなければ基本的に、
この(他人に方法を紹介するという)行為は行われない
んです。

何か儲け話を他人に紹介している人がいたとしたら、その儲け話自体は、その人が【その儲け話を広める行為よりは儲からない方法】ってこと。

詐欺商売からまともな商売へ


最近この方法を取る
詐欺師が非常に多い気がするので、
ここに言及しておきます。



以前のこの記事でも書いたんですけれども、
最初は詐欺方法でお金を儲け、
その儲けたお金でまともな商売をやる人です。
詐欺師もずっと詐欺的な商売はしたくないはずです。なぜなら、詐欺的な商売には常にリスクがあるからです。だから、元手を作る時だけ、リスキーな詐欺行為をして儲ける】






一つ例を出しましょう。
先程のFX自動売買のアフィリエイトで、
嘘をついてこれで儲かるよ、と宣伝し紹介料を得ます。
そうしてその詐欺行為が成功すると
(騙された人から)お金が入ってきます

それで5000万円が貯まったとしましょう。
そしたら次に、

その5000万円
世間でも比較的まともだと言われている、
例えばインデックスの長期投資とか米国株とか
に突っ込むわけです。





そして長期投資家を名乗る。


そうすれば5000万突っ込んでるから、
そこだけ見たら、
その人は立派な長期投資家なんです。

そこからは長期投資の為の
口座開設アフィなどで商売ができるでしょう。

転換後にそれを見た人達はこの人すごい!
素晴らしい! 真っ当なことしてる! 

と言ってくれます(……一部の人は見抜きますが、残念ながらそれは一部です)。




しかし?

その運用してるお金は、
どういう方法で作ったの?




……そう
例えば長期投資とか米国株投資とか
比較的まともだと言われる投資方法で
お金を運用
していても、

そのお金(原資)はどうやって作ったのか?
は重要です。悲しいことに、
ほとんどの人はその部分を見ないです。
(ここの愚かさ詐欺師はついてきます)




詐欺方法で稼いでから、真っ当な商売に移るテンプレ
【自由になる】などの集客ワードで注目を集める
その【自由になる】を成功させた手法をみんなに紹介(←嘘)
その紹介料(など)で稼ぐ(←目的はここ)
紹介料(など)で儲けて資産を築いたら、インデックス長期投資などに移行し、
 【自由になった】成功者を名乗る






まともな商売から詐欺商売へ


あと悲しいかな、逆もいます。
今語ったやつの逆バージョン。
つまり最初はまともな商売(又は労働)で
資産を築き、
後からまともではない
商売(ほとんどの場合、稼ぐ方を売って稼ぐ)に変更する、
と言うやり方です。






考えてみて下さい。
稼ぐ方を売って稼ぐ、をやろうとしたら
何が必要ですか?

そう、実績です。


稼ぐ方法を売って稼ぐ詐欺師
基本この実績がないので、
虚偽や雰囲気で、人を騙します(そうせざるを得ない)。
もちろん騙される人もいますが、
少し知恵があれば騙されません。
(なのでまず本当の馬鹿から騙して実績(資産)を作り、次に普通の馬鹿、そして一般の人にターゲットを拡大していきます)




しかし?

その既に実績がある人
稼ぐ方法で稼ぐ、をやったとしたら?

広告塔になったとしたら?)


信頼されるでしょう。
すごく効果的でしょう。
凄い数の人が騙されるでしょう。




私は「その人」と「自分」
どれだけ違うのか?

まで見ますが(これが違い過ぎると再現性がないから。ていうかまともな知能があれば、こここそが最も見るべきポイントだと気付くよね……)、
ほとんどの人は

*****円も真っ当なやり方
資産を築いてる!
この人が言うことなら
全部正しい

と考えます(**です)。


FXで何度か大勝ちして5000万稼いだ人がいたとします。
この人は、その後もFXで稼ぎ続けますか?
……次は負けるかもしれない。
その5000万が2000万に減るかもしれない。








なら?


この5000万見せ金にして
FXアフィリエイトで稼ぐ方法に移行した方が



賢くないですか?

このタイプは今回紹介する中では最も邪悪度が低い、と言えます。一応実力で詐欺に頼らず、資産を築いてはいるんですから。


炎上商法


これも昔からよくあるパターンなんですけど、人の感情を逆なでて注目を集めそこからアフィリエイトや商材販売、広告収益などに繋いでいく方法です。特定のクラスタ(人数が多いサラリーマンとか)を馬鹿にしたり、**をやっていないのはバカだ、という風に発言し、その馬鹿だと言われた人が怒って見に来るように仕向けます。アンチも増えるため、神経が図太いか、元々人間らしい神経のない人(感情欠落者)しかできません。

私は炎上商法をしてるなぁ、と思ったらそこ(のコンテンツ)に行きませんし、その人の情報を今後見ないようにします。しかし世間の大多数は炎上方法で感情を逆なでされたことにより、その人が気になって仕方がなくなり、その人の情報を見続けてしまうんです(言いにくいですが、要はこの釣られている人たちは、馬鹿なんです。少しでも知恵があれば、情報の性質を見抜いて(そんな虚構を)最初から見に行きません)。そういった馬鹿が大量にいれば、バカ騒ぎが次々と他の馬鹿を呼び寄せ、そのうちの何割かは顧客になるし、更に何割かは支持者になります。






もう少しエグイ話を。
この炎上商法をする人間も、
ある程度名声が集まれば、
普通の商売に切り替えたがります。


別にこの人たちも炎上が好きなわけではなく、単に、本当の本当に、金のためにやってるだけなんです。炎上はアンチも発生するし、批判もされる。デメリットも大きい。
しかし
炎上することでしか人を集められないから、
やってる
んです。





逮捕されてないだけの詐欺師より、本物の詐欺師(犯罪者)の方が極悪ではないのか?


そんなことは百も承知です。でもそれが、逮捕されてないだけの詐欺師が看過される理由になりますか? なりませんよね。そして、逮捕されるような詐欺師、所謂犯罪者は、私がこうして追求しなくても、すでに警察に追われています^^;そう、その領分(犯罪者である詐欺師を捕まえること)は警察の仕事なのです。法を犯してまで詐欺をする連中は、ずっと警察に追われ続ける人生を送っています。それは警察に任せておけばいいのです。対して、本記事で紹介したような「やってることは詐欺」だけど「法には触れていない」人は、こうして糾弾しないと、誰も糾弾しないことになります。やったもん勝ちの世の中になってしまいます(いやもう十分なってるけど)。犯罪者でなければ、警察は何もできませんから。





このやったもん勝ちの世の中というのは、クズ野郎によってのみ成り立つわけではありません。必ず、一部のクズ野郎と大多数の馬鹿によって、成り立ちます。こうした問題に向き合っていると、詐欺師のゲスさに絶望し、大衆の馬鹿さに絶望するという、絶望の二段構えを味わえます。

悪名は無名に勝る


という言葉が昔からあります。
この言葉の本質が何か?

この言葉の本質は、
大衆は愚かである、です。


大衆が愚かでなければ、
この言葉は
絶対に成り立ちません。






しかし、
いつの世も大衆は愚かです。

どんな悪名であろうが、
とにかく有名にさえなってしまえば、
そこから先はなんとでもなる。

どうとでもなる。

これが、悪名は無名に勝る
という言葉なんですね。






そして、
なんとでもなる、どうとでもなる
のは、なぜ?

なぜ、なんとでもなるのか?

大衆が愚かだから。


大衆が愚かでなければ、
なんとでもならないです。
皆が知性を持って、
おかしな点を指摘する
から。






しかし、現実、
なんとでもなってます。

有名にさえなってしまえば、
どうとでもなっています。


この現実から断定的に言えること。
それは、
大衆は愚かです。

騙す側には知能があるがモラルが欠如している。騙される側にはモラルはあるが知能が欠如している。



問題はゲスな詐欺師詐欺師もどきがいることではないと感じます。そのような輩はいつも一部います。大衆に知性と心のゆとりがあれば、多くの場合それらは問題ではありません。問題にはなりません。問題は、【それにどれだけの人数が引っ掛かるか】です。その数が少数であるほど、それは健全な社会であり、多数になるほど不健全な社会であるといえます。一部の情弱だけ騙されているようなら私もスルーします。そして私がこうして記事にして取り上げていることからも解るように、現在は引っ掛かる人の数が多い不健全な社会、です。

社会が貧困化するほど、こうした(詐欺師が世に蔓延る)傾向が強くなります。そんな社会は皆さん嫌じゃないんですか? 私は嫌ですけどね。







こうした詐欺は大衆の愚かさ欲望によって産声を上げ、それらが無くならない限り、延命+転生し続けます。それらが無くならない限り……つまり、永遠に無くならないってことですw


今回紹介した
すべての詐欺方法の裏側には、
大衆が愚かである、という
ひどくむなしい事実が存在します。


世の中に存在する馬鹿とその程度が、そのまま詐欺師になるのです。









(↑これは誇張系詐欺。全部嘘ではないものの、凄いことを10凄いこととして誇張宣伝し、注目を集めるマーケティング?(マーケティングって水増ししても1.5倍くらいで、10倍に効果を誇張してたら私は詐欺だと思います))









私はたまにこういう記事を書いているが、もうほとんど自己満足の域だと思っている。自分の身近な人が引っ掛かっていたら全力で解説&説得するが、その他大勢に関しては正直もうどうでもいい。人生をぶち壊すほど徹底した搾取までいけば別だが(さすがにそこまで行くと誰しも被害に遭ったことを気付くので)、そこまで行かない搾取なら、多くの宗教なんかがまさに好例で、上手く騙し続けてくれるのなら、騙される側もなんやかんやで気持ちイーし幸せなのだ。

Multiplex 広告



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする




error: Content is protected !!