【自分が普通に生きる】が可能かどうかが、社会を判断する基準となる




ほとんどの人
自分が普通に生きる】が
可能かどうかが、
社会を判断する基準となる。

……ということに
最近気づきました。



そう。
【自分が】普通に生きることが
可能かどうか
が、
ほとんどの人にとっての、
社会を判断する基準となるのです。


世の中には
大きく分けて
次の2種類の人がいませんか?

1.世の中は素晴らしい
またはそこまでいかなくとも、
捨てたもんじゃない
と考える人


2.今の世の中は
地獄のようでおかしい
と考える人






私はです。
しかし、
の人も多いですよね??
(今に至ってなお、日本の大多数はです)




そこで。

この双方の
違いがどこにある
のか?

を考えると(長い間見てきた結果)、
次の答えが出てきました。



それは、

【自分が】
それなりにやっていれば、
それなりに普通の生活が
可能であるか否か。




↑「これ」が
可能な人になり、
可能でない人になります。





余裕のない人ほど、ギリギリな人ほど、社会がおかしいと言っています。それは、問題の当事者だからです。一方余裕のある人ほど、社会はおかしくないと言います。それは、問題の当事者ではないからです。

私が社会問題を強く訴え続けている理由は、自分が【普通にやっていても、普通を達成できなかったから】である。




私は(なのでw)
コレ(この基準)、
おかしい

思うんですよね~。( இωஇ )←!?



自分が、

それなりにやっていれば、
それなりに普通の生活が
可能であるか否か。



じゃなくって!


社会の大多数
98%くらい(ここはなんとなくw)
の人が、

それなりにやっていれば、
それなりに普通の生活が
可能であるか否か。



で考えるべきじゃないか?
ここで考えるのがいわゆる
公的に社会を見る、視点
ではないのか???




と私は思うんですが^^;
↑まさにの人の思考回路
【ワオも普通に普通が
出来てたら
、どう考えてたかはワカラン






でも、そうじゃないんですねぇ。
現実は。残念ながら。








大抵の人は
「自分が」

そう、
「自分が」

それなりにやっていれば、
それなりに普通の生活が
可能であるか否か。



世の中を判断してしまう。
「他人」がどれだけ不幸になってようが
死んでいようが、それは重要じゃないんです。

(人がどれだけ死んでいようが、そんなこと、は自己責任、で終わりで良いし、実際終わっちゃう。何の不都合もない(と感じる)。( இωஇ )……え?? 「それなりに」なんて甘いこと言うな。「死に物狂いで」やれ、って??普通に生きるために死に物狂いにならなきゃいけない世の中って、それ地獄って言いません?(笑)





(一部、そこそこ裕福だけど「世の中オカシイ」って言ってくれる人もいますよ。公的な視点でね? でも、一部でしょ? 全体で考えたら、ほんの一部。)





普通に学校を卒業して普通に就職し普通に結婚して普通の人生を歩めている人(勿論それ以上の人も含まれる)は、その現実こそが社会を判断する指標の最重要項目であり、それが崩れない限り、「社会がどうなのか?」みたいなことは、どうでもいいのです。(それが崩れた時に、初めて真剣に「あれ?( இωஇ )」って思うんです)


で、今の世の中に至ってもまだ、
崩れてない人の方が割合では多い
んですねぇ。


近年、長く続く不況コロナウィルスで、側になる人が増えてきてはいますが、それは重要ではないんです。飽くまで重要なのは、自分が普通を歩めているか否か。どんなに大量に人が死んでいても自分さえ普通でいられたら、その社会はまともなのです。

















結局は、


自分が


それなりにやっていれば、
それなりに普通の生活が可能

・・・なら


その社会

1.世の中は素晴らしい
またはそこまでいかなくとも、
捨てたもんじゃない



判断し、
逆に、


自分が

それなりにやっているのに、
それなりの普通の生活が不可能

・・・なら

2.今の世の中は
地獄のようでおかしい






判断するわけです。

どうでしょう?
当たってませんかね、
コレ。



↑当記事読者にお勧め!








↑当記事読者にお勧め!




↑当記事読者にお勧め!




Multiplex 広告



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする




error: Content is protected !!