駐車場でバックしてたら事故ってレクサスにぶつけたので保険使ったった結果wwwwwww






いやもうタイトル通りなんですけど。
私、こないだね。

ラーメン屋の駐車場で。
ラーメン食った後に、
バックで駐車場から出ようとしてたんですよ。
(ええ、バックでね)

そしたら駐車していた無人状態の
レクサス
にぶつけちゃって。



うっわやっべぇこれ(゜ロ゜)
レクサスじゃんッッッってなって。

結果として車両保険を使って
相手の修理代金を支払いました。






で、今回は駐車場の事故ということで。
車を運転する人や。
家族、友人、恋人(ビトコイ)
などに運転者がいる人など。

割と誰にでも起こり得る

駐車場での事故と。
その際の対応についてね。

私の実体験をリアルに
そして可能な限り細かく。
語っていきますので。



自分が当事者になった場合を想定して。
参考にして下さればと思います。


ラーメン屋の駐車場で、黒塗りのレクサスにぶち当てる


家族とね。
ラーメンを食べに行ってたんですね。
私。


それで、食事を終えて。
店を出たわけですよ。

この時点で。
黒塗りの高そうなレクサスが駐車場に停まっているのは視界に入ってたんですね。





でも脳は意識してなくて。

で、車に乗るじゃないですか。
私は運転座席に乗って。
祖父母が後部座席に乗ったんですね。

前向きに突っ込んで駐車してたので、取り敢えずバックで後ろに下がって、方向を転換した後、駐車場から出ていこうとしたわけですね。



そしたらですよ?

バックしてたら、

ガシャーン、って音がしたんですよ。



もう、「え?」って
なったね。


だって、
そこには空間しかないもの。

空間しかないはず
空間に。


何かがあったんだよ??


もう@△@こんな顔になった。

祖父が
「何してんだ、おまえ!」って
言うんですよ。






なにって・・・

え? 



バックだけど?





いや……







レクサス停まってんじゃんッッッ!!





外に出て、レクサスを見た時、

「うわ、もうないわ、これ」
って思った。





存在するハズのない車に
当ててしまった
んですよね。


なぜ事故は起ったのか?


はい。
まぁこんなアホなこと書いていても仕方ないんでね(いや、リアルな実感がコレだったんですけどねw)。

事故の原因の究明をね。
したいと思います。

なぜバックで停めなかったのか?


これですね。
普通、余裕があるならバックで停めた方が出る時に出やすいじゃないですか。



でも、私は前から突っ込んだ。

なぜかと言うと、ギリギリまで、このラーメン屋に行くことが決定されてなかったんですね。



どこの店で昼飯を食う?
ってなってて。





このラーメン屋の看板が見えて。

「じゃあ。ここにしよう」
ってなって。

バック駐車する余裕もなく、
そのまま突っ込んで停めた。


なぜ背後にあるレクサスに気付かなかったのか?



次はこれですね。


これの答えは単純で。

完全に
レクサスは意識の外にあった。

店から出て、自分の車に乗る直前にレクサスの近くを通ってるんですよ、ええ徒歩で。視界には入ってた。


でも気付いてない。




考え事をしていたから。

何を考えていたかは忘れたんですが、何か考えてて、駐車しているレクサスどころじゃなかったんです。



次に、乗車した途端に、祖父母がね。
いつものように口論を始めて。
車に同席したら98%ケンカするので。祖父母ね。

私はそれに気を取られていたんですね。
またケンカし始めてるーみたいな。


……いや、言い訳ですよ、こんなのは。万一人に怪我させてたら口が裂けても言えませんよ。

でも事故ってさ。
たいてい
こういうくっだらねーミスとか不注意で


起こるモンじゃん?








あの時もそうだったね。



マジで、当たった瞬間に
思ったことは


え? なんで
そこにあるの?????


だった。


ちなみに私ね。
18歳で免許取得していて
運転歴17年。



駐車している車に当てた回数……








そう、今回が、初めてなんですよ。


こんなアッホなミスしておきながら
このミスによる衝突は


初めて起きた事だったんだ。


相手の車が高級車(レクサス)だったので顔が真っ青になるくろやぎ氏



ああ、もうこれアカンわ……。

って思ったね。


だって、レクサスですよ?

しかも黒塗り。

新車だったら500万以上する車です。
役員が乗る車ですよ役員がね!







当然顔面蒼白になるよね。



こんなやべー車、
誰が乗ってんだ……。

って思いますよね。

レクサスの持ち主に対面し、謝罪するも・・


レクサスの持ち主は、
まだラーメン屋にいました。

なので、私と祖父母はラーメン屋に入り……


店主が教えてくれた(常連だった)レクサスの持ち主と対面しました。








あっ、これ普通の人じゃねーわ。。。。



私は思いました。



なぜならその人は、
左腕に、金のロレックスを巻いていたから。



男性の年齢は65~70歳くらいでしょうか。
佇まいからして軽くカタギじゃない感じがします。



あ~、もう


ナイ! ナイ! ナイ!

って思ってました。


でもぶつけてしまったものは
しょうがないので(どう考えても私が0:100で悪いので)


その方と一緒にね。
凹んだレクサスを見に行った
んですね。

あ、これが私の車ね。

当然私の車も凹んでいるんですが
それを見る余裕などなく。








相手のレクサスはコレ。



はい。まあ、こんな感じでね。(堅いねレクサスw)
ちょっと局所的な画像で申し訳ないんですけど


こんな感じでね。


イッちゃいましたね。



で。
相手のアブノーマルな方はコレを見て。

「ああ、これはちょっと見過ごすわけにはいかないね」

と、静かな声で。


本当に静かな声で言いました。



祖父が示談交渉を始める



この時私の祖父がね。
いきなり、


示談交渉を始めたんですよ。


いや、フツーは
ここで警察ジャン??



だよね?

事故の具合がどうであれ。
怪我人が出てる出てない関係ナシに。


絶対に警察には連絡ジャン??








みんなも必ず警察には連絡して?


コレ、警察に連絡しなかったら、
アウトローの掌の上の世界になるからね。


でも、うちの祖父は
示談交渉を始めたんですよ。


何かと時代錯誤な人で。
確かに祖父の生きてきた昭和の時代なら
相手との示談交渉も有り得ます。

警察を介さず、
相手と自分だけで穏便に済ます。

ワカリマス。



でもね?


今の時代は、
とにかくヤバイ奴らがいるんですよ。
(そりゃ昔もいたけど今は
昔より人情がないというか
や〇ざも義理人情とかじゃなくてもう完全に金でしょ?しらんけど

法律の網目を縫って
相手をしゃぶりつくす勢いで
金を毟り取ってくる悪鬼羅刹


リアルにワンサコいるんですよ。



ね?


目の前のレクサスの主が
そうである確率は低いっちゃ低いけど。


ないことは、ない。









ないことは、ない……


レベルで、ある^-^;





から、警察や保険屋を介さない
示談交渉っていう選択肢が
現代社会では取ってはならないNGな選択肢。








なのに、祖父は
示談交渉を始めました。



私は
「警察呼ばなくていいの?」
と言いたかったんですが、
そこは事故の当事者……

解りますか。
あの時の罪悪感。


口出しできねぇんですよ。


助手席に乗ってたなら、言う。



言える。



でも私は事故の当事者。

やってはいけないことを
やってしまった気持ちで

縮こまっちゃって。




「兎にも角にも警察を呼ばなきゃ……!」
が、出てこなかった。



祖父は相手に電話番号を書いた紙を渡し……
「こちらに請求してほしい」
と言い……



帰宅……!!!




3人で帰宅……!!!











いや~、アカンだろ、この選択は。


相手がザーヤクだったら
もう最高のカモじゃん。





で。




家に帰ると、ちょうど、
うちの母が居たんですよ。


事の経緯を話すと
母は激昂しました。



「なぜ示談交渉にしたの!?


有り得ない!!!


相手がどんな人かも解らないんだよ!?


後になって過剰な請求をされたり
脅迫される可能性だってあるんだよ!?」








ごもっとも!





何より警察を呼ばないと
車両保険が使えません!




レクサスの修理代ですよ?

100万超えるかもしれないじゃないですか!!!


再び正式な交渉をするため、ラーメン屋へ戻り警察を呼ぶ



すぐにまた、ラーメン屋に向かいました。

祖母は「相手の人を信じよう!」とか言ってたので置き去りにして(家にね)
信じるとか、ないからね?


祖父と母と、私で。
ラーメン屋に戻りました。






いや、ここでね。

相手がまだラーメン屋にいてくれるかどうかは、
賭けだったね。



実際、いてくれたんだけど。


これ、いてくれて
本当に良かった
ね。
(ラーメン屋の漫画読んでたから)

帰られてたらアウトだった。


で、もう一度その一般人っぽくない
レクサスの持ち主と対面して。


3人で謝って。


保険を使いたいので、警察を呼んでもいいかを聞いたんですね。
本当はこっちで勝手に呼んでいいんですけど、とにかくその場では相手の機嫌を損ねるのが怖くてさ……)

で、相手が了承してくれたので、私が110番して警察を呼びました。


「事件ですか? 事故ですか?」

事故です。

ってな具合のアレね。
で、同時に保険会社にも連絡しようとしたんですけど。


保険会社の担当と話している最中に警察が来たんですよね。なので、一度電話を切って、警察と相対しました。

(ちなみに警察が来るまでのあいだに母が、相手の免許証を見せてもらいながら、住所と電話番号をメモし、また自分の名刺を相手に渡してました)

警察は2人でしたね。

1人は私と。
もう一人は、レクサスの人と。


でもこのレクサスの人がね。



なんていうか浮世離れしてて。
普通、警察呼びましたって言ったら待ってるじゃん?でも素で帰ろうとしてたからね。勘弁してくれ。。

レクサスで。
ラーメン屋から。
帰ろうとしてた。


んで、本当にレクサスが車道にでる寸前。


1秒前くらいに警察が到着して。


レクサス止めてくれて。


レクサスのオッサン(っていうかおじいさん)は
警察がとにかく嫌いみたいで。

それまで私たちには冷静に対応してたんですけど。
警察相手には露骨に嫌な態度を取るんですよね。

「おまえらはいつもそうだ」

「こっちの都合何て考えないで引き留めやがる」


いきなり怖くなって、不機嫌になって。






やべええええって感じで。

あ、脱税でもしてるかな^^;??




で、結果から言えば
その人がナニカの会社の社長さんでした。

ナニカはよく解らないんですけど

ナニカの会社の社長だった。


ああ、流石は
レクサスに金のロレックスだよ。

この人が怒らなかったのは、良い人だったから、とかではなく、会社の経費で買った車だったからではないかと。愛車だったら怒るでしょ。



でも、
ザーヤクでは、なかった。


うん。
ザーヤクではなかった^^;




(ザーヤクだったら示談にした時点で金ヅルにされてたぞ、絶対)




本気でザーヤクでなくて
良かった。


(ザーヤクでなくても、
半グレとかでも十分ヤバかったけど
それもなかった)

いや、意外といるんですよ、半グレ。
数少ない私の友人でみただけでも、事故で半グレに当たり最悪な事態を迎えた人が2人もいます。1人は半グレに不運にも後ろからドンケツしてしまい、首を痛めたと言われて治療費や慰謝料取られました。もう1人は半グレに「当たり屋行為」をされ、同じく治療費や慰謝料取られました。どっちも警察を呼んだうえで保険で対応したんですが、かなりしんどかったみたいです。精神面がね。ああいう手合いとは関わるだけで相当消耗するようです。まぁ、想像つきますけどね^^;聞きたい人がいるなら記事にすることも考えますけどね。当たり屋の方なんて警察もやたらと黒かった(やべえよな)ので、非常に危険な案件なんですけど……。





で、ですね。

警察に聞かれたことは、
事故の状況ですね。

相手は車に乗っていなかったか?

故意かどうか?


どのような位置関係で車をぶつけたか?

でした。
んで、ナンバーと自己した個所を写真に撮って(お互いの車ね)

免許所と車検証を見せて。








ま、そんなこんなで
警察の聴取は終わって。


ま、レクサスのジジイも帰って。


私や祖父、母も家に帰って。


私から保険会社に改めて電話しました。

保険会社に電話


私が入っていた車両保険はね。

今回は物損事故になるんですが(停まっていた車が相手なので)

対物は無制限でした。
つまり修理費が無制限で出る、ってことね。



この事実に
私は胸をなでおろしました。



なにせ、相手はレクサス
しかも黒塗りでピッカピカ。


修理代いくらかかるんだろう?
ってなるじゃないですか:-:


まぁでも、
無制限で出るということで。


私も一安心。
家族も一安心
、です。

ほんの少しタイミングが違えば



私の母が家にいたのは、たまたまで。
いなかったら、あのまま示談交渉になってたんですよ。


また、ラーメン屋にレクサスのジジイがいなかったとしても

もう相手の電話番号すら聞いてないわけだから、
連絡の取りようがなく、

相手の請求書を待つしかない状態。






その請求額には
いったいどれほどの金額が書かれているのか?

100万こえてるかも。


怯えながら待つ日々ですよ。



ヤバかったよね。


保険会社との交渉が始まる


まず、事故が起こった場所。

次に、事故状況の確認から始まりましたね。
駐車している位置関係。


相手が無人かどうかの再確認。
(0:100の確認)

傷の程度。
(自分の傷は自分で治す。
レクサスが堅かったせいか、私の車だけがへこんでました)

レクサスのサイズ。
(わからないww)

レクサスの色と、ナンバー。
メモっていたので。色は黒)


これらは相手の車を特定するためでしょう。
実際に事故車を担当者の方が目視する必要があるんですね。

相手の修理費と、台車を出してくれる。
ただし保険を使うと、等級が下がる=保険料が上がる。



相手と交渉してくれるので、
私の方から相手に連絡を取ることはしないようにと言われる。

相手の修理が終わった段階で連絡してくれるとのこと。








まぁ、相手がどんな人かは聞かれましたねw
厄介な相手がいるんでしょうね、きっと^-^;


相手との交渉が終わって、保険会社から連絡がくる


きましたね。
もう、普通に「話が付きましたよー」

そーいう電話がきて、

今回の話はオワリです。


結果、車はこうなりました。


まあね、

事故ったら
必ず警察に連絡する。
同時に、保険会社にも連絡する。


動揺しちゃうけどね。
かならずこの2か所への連絡は忘れないで。




関連コンテンツ



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする