女性や高齢者が望む社会進出・働きたいは、働かなければならない社会とは違う






ですよね。
明らかに違う。この両者は違う

世の中には、言われてみたら「そりゃそうだろ」と解る+思える簡単な問題でも、普段はごっちゃ混ぜになってしまっている(つまりみんな理解してない)ものが、結構あります。その1つが今回取り上げる、女性高齢者社会進出働きたい。要は、労働市場に(労働者or経営者として)参入すること、です。





女性の社会進出
高齢者の社会進出


これって、つまりは
こういうこと
ですよね?

女性高齢者
働きたい!」
と思った時に、スムーズに働ける。
若い男性と性別や年齢での差別がなく働ける


そういう社会
そういう働き方

これですよね?

これを、社会進出したい働きたい
女性高齢者は望んでいます。よね?




間違っても。
そう、間違っても

働かなければならない
社会、ではないはず。

働かなければならない、
労働しなければならない、
社会進出しなければならない

という、強制される社会は

一切望んでいない。よね?






飽くまで
自分の意思
働きたい
前提にある上での

働きやすい社会
を望んでいるのであって。
間違っても
働かなければならない=生きていけない
社会は望んでない

ですよね?wこれ望んでたらドM。




つーか一部の人(搾取層=支配層)以外
誰もそんな社会は、望んでいません。

一部の人しか望んでない社会にするための政治をやってどーすんねん)


ここまでは99%の人
(少なくとも大衆側、労働者側なら)が
同意
してくれるはず。





しかし?
実際の、現実
社会進出・働きたい社会
どうなってますかね?
どんな有様ですかね?




まさに
私が述べた後者の社会

働かなければならない社会
社会進出しなければならない社会
そうしなければ生きていけない社会
生活不安、老後不安で、
女性・高齢者も働いて賃金を稼がなければ
家計が回らない社会。生存が不可能な社会



になってますよね。
誰も(少なくとも大衆側は)望んでないのに、そういう社会になってる。これは、自然現象でなったわけではありませんw意図して、そういう風(強制労働社会)になったんです。




昭和の想定 「永久就職」は過去 女性の経済的自立推進 政府重点方針
政府は3日、全閣僚で構成する「すべての女性が輝く社会づくり本部」などの合同会議を首相官邸で開き、女性活躍推進策をまとめた重点方針(女性版骨太の方針)を決定した。


これ、政府の決定です。政府の方針です。何言ってんだコイツ。って怒りが沸きません?私は沸きましたこれ見て。過去、っていうか「過去にした」んでしょ。
これって考えてみたら明らかにヘン
時代に逆行。進化に逆行。文明に逆行。
平成中盤?以降の女性・高齢者働き方改革や、社会進出という名目での労働力捻出)は、ほとんどこの路線でした。私(や多くの人)が理想とする、というか本来希望する「選択できる」ものでは、なかった。





老人になれば労働からは開放され、自由な日々を送る。もちろんなお働きたい老人は働けばいい。女性も働きたい人もちろん働いていいですが、それは【選択肢として存在する】のがベストなはず。働きたい女性は働き、家事育児をしたい女性は、そうする。好きに選べる。これが万人にベストなはず。しかし今は、働かなければならなくなっています。夫婦ともに働かないと家計が回らないくらいになってますよね。

これ、ちゃんと原因があります。なんで社会がこうなったのか、っていう。話が逸れるのでこの記事では語りませんけど。
かつて社会進出を望んでいた女性は、働こうと思ったら男性と差別されることなく働ける社会、を望んでいただけで、今みたいな、働かなければ生活が立ちいかなくなるような、全員強制労働社会を望んでいたわけではないはずです。高齢者もね。



働こうと思ったら働ける社会、
が望み
なのであって、
働かなければならない社会(半強制労働社会)、は女性、高齢者、ともに望んでない

そして、なぜみんながそういう強制労働社会を受け入れているか、というと「仕方がないから」「そういうものだから」「お金が(多分社会(国)に)ないから」とかその辺の理由でしょ。その理由、間違ってますよ。




女性が社会進出した結果、少子化が深刻化した? それはそういう面もあるかもしれませんが・・・それ以前に、それは本当に望んだ社会進出だったのでしょうか。「家庭を守りたい」「夫を支え子育てしたい」「主婦になりたい」「働きたくない」そういう女性もいるでしょう。その意思は尊重されず、一方の意思だけが(形としては)尊重された(社会進出したくない女性vs社会進出したい女性、とか絶対やっちゃだめですよwそれ、完全に手のひらの上ですw)。

少子化どうこう以前の問題。

社会進出したい女性、働きたい女性だけではなく、そうでない女性も強制的に社会進出させられ働かされている現状が……少子化の大きな原因になってませんかね。




女性活躍できる社会?
それは、女性「労働市場」で
活躍できる社会
を主にさしてますよね?

いいでしょう。良いと思いますよ。

ただ、それが「したい」女性は。

そうでない女性までもが、強制的に働かないと生活が立ちいかない社会、これ、誰も望んでいません。社会進出したい女性ですら、そんな強制労働社会は、望んでいないでしょう(同じことが高齢者にもいえます)。

飽くまで自分の意思が先にあってのもの。




要は、労働力(供給力)を補完するために、女性や高齢者を労働市場に強制的に参加させている(駆り出している)だけの話(本当にそれだけの話)なのに、そこに女性の社会進出」「高齢者が働ける社会に」「女性が働きやすい社会高齢者が働きやすい社会」とかいうスローガンを持ち出して、時代が変わったとか意味不明な事言ってるんです(実際は強制です)。時代変わったんじゃなく、そういう風に変えてきた、んでしょ。

それ(強制労働社会を)、大衆のほとんどは望んでません。







今回語った話のように、言われてみたら「そりゃそうだろwwww」みたいなレベルの事でも、普段は曖昧、ごちゃ混ぜ、その状態のまま判断・行動、してるものって、多くないですか?




関連コンテンツ



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする