社会の貧困に苦しむ人と、実際に事件を起こす人が違うという話






社会貧困化し、
困窮する人が増えれば、
悲惨な事件が起こる。

これはその通りなんですが

この社会の困窮者はひとまとめにして
考えられない面があります。





「人」であろうとする人たち


つまり、
実際困窮しても
事件を起こす人起こさない人がいます。

で、起こさない人っていうのは、
自分が困窮して最終的に自殺に至っても
最後の最後まで
いわゆる「人であろう」とする人。
そういう人は、最後の最後まで
人心や倫理、道徳、社会通念(常識)など
モラル良心を重視して
他人に危害を加えません。

正確には、心があるから
危害を加えることができません。
(それって「普通」? そうですね、「普通」に生きられる世の中なら、「普通」だと思います)
ここに位置する人が今の社会では大多数側で、
社会の貧困層で一番多いです。
でもトコトンおろそかにされています。



それこそ悲惨な事件が起きる、こと
でしか(貧困層は)注目されません

↑ひどすぎる!!!

無差別でない場合、やられた人よりもっと悪い人がいるだろ?と指摘する人がいますが、人間は悪の度合いを判断できるような状況で凶行に及びません。凶刃に倒れるのは、いつも分かりやすい人、または「その時」犯人の恨みを買っていた人、です。犯行に及ぶ人のほとんどは、自分の人生に一番正確に害を及ぼしたのは誰か?まで考えられません(考えられる知性があったり、考えられるくらい精神状態がまともであれば、そもそも事件を起こしません)。場当たり的にその時ムカついた相手をやります。


耐えている人、人として死を選んだ人を放置する社会


私はいつも事件を起こした人より、
事件が起きるような世の中で
それでも必死に耐えている人
を見ます。

いつもそっちを見ます。

これが、上に書いた、
どんなに困窮しても
事件を起こさない側の人たちです。
(どんなに奪われても、人として正しくあろうとし、最終的には大人しく自殺します)

・・・自殺まで追い込まれるのに
モラルを守る人。
良心があるから他人に危害を加えない人。



……こういう人が、
自殺まで追い込まれてる社会って、
そもそも、なに?

モラルを守る人に、
こんな仕打ちをする社会って、
そもそも、なに?




私はモラル・人心で語るなら
まずそこを考えます。

自己責任」で蓋をする、
と言う人もいますが実際には「自己責任」で
蓋は出来ません。
蓋をしたように見えるだけ、です。

現実、蓋が出来てないので、
結果として
事件が起きて、人が死にます。
自己責任だけで終わらせるなら、その社会には道徳やモラルはないので、そういうのは捨てて、物理的な防衛力を上げる(防犯グッズを買う、家のセキュリティレベルを上げる、子供の送り迎えを徹底するなど)のが道理でしょう。襲われて自分や自分の愛する者を守れなかったら、自己責任です。
【でもそれだと守り切れないから、自己責任で切り捨てたらダメなんですよね】







悲惨な事件は、
社会の貧困化する割合に連れて
増えていくし、今迄にも起こってきました。
古くは秋葉原の事件からです。

しかし、それでも
(どんなに追い詰められても)

事件を起こさない人が大半なんですね。
困窮者モラルと良心社会
頼りっぱなし、縋りっぱなし、甘えっぱなし
なのが現状です。




で、
その大半の

自分が死ぬような状況でも
事件を起こさない良心を持った
人たち
って、
(セーフティーネットに引っかからなければ)
自殺するんですよ。
自殺してるんですよ。

ひとりで死ぬんですよ。


え? 

「それ」を社会は放置なの?



・・・放置です。



その放置されている残酷な現実
さすがに許せないと感じる人も
多いはずです(モラルのある多数側の貧困者の中に)。





かなり前の話ですが、
秋葉原の事件を見た貧困者
テレビに出てコメントしてました。
「一線を超えた自分があそこにいるな」
と言っていました。


このコメントから
心情が読み取れます。


その人は一線を超えられないんです。
許せない、やるせない気持ち
もどかしさを気が狂うほど抱えているけど
それでも
モラルと良心で越えられないんです。
事件を起こせないんです)




この一線をモラルと良心で
守って最後は大人しく孤独に
自殺するような人たち


「勝手に死ね」と言うのが
今の社会(自己責任社会です。


その死ぬほど追い詰められて
良心・モラルがあるから、他人に危害を
加えることが出来ない人

対して社会は、
どう対応するのか?









どうもしません。
視界に入ってすらいない。



自殺数? おおいねー。
くらい。




要するに、他人事。
無関心=勝手に死ね。
です。


もし事件を起こしたら?
=甘えるな。
です。

どうですか、この地獄



悲惨な事件が起きた裏側では
事件を起こした人と同等か、
あるいはそれ以上に追い込まれても
大人しく自殺を選んでいる数えきれない人がいます。


私の体感ですが
1人事件を起こしたら
10000人はその裏で黙って自殺しているんじゃないでしょうか。






そしてその人たちを、
我々(社会)はずっと視界に入れていません。

(なんて、ひどい!!!!!)
その視界に入れないこと(無関心)に対して

さすがのその人たちも
やけくそな気持ちになる。
怒り心頭になる。
いくらなんでも、
やるせないよね、こんなの。

勝手に死ねだもの。



そんな社会でなお、モラルや良心を持つ意味って??


そしてそんな・・・

そんな、

勝手に死ねとかいう
狂気の極みの糞社会になぜ
(死の際まで追い詰められている)
自分が良心やモラル
感じなければならないのか?


さすがにそう思いませんか・・・
さすがにそういう考えになりませんか・・・
モラルや良心のある人ですら、
そう思うよ。




そんな社会で、
モラルや良心を持つことに、
意味なんてない
もの。

(人間、そんな強くも正しくもないですよ。
ちゃんと人として生きられる社会を
構築した先に、
ちゃんとしたモラルや良心がある
んです。
それは個人の問題だ!で思考が停止した先には
ただただ、次の事件が起きて人が死ぬ未来
があるだけです。
どんな世の中でもモラルを守れとか、
単なる地獄。







痛ましい事件が起きた時に
それに便乗して社会問題を訴えることを
品がない、人としてやってはいけない行為だと
言う人もいます。
(トレンド屋は論外(自己責任論者以下))
自己責任論者は、一応本音では訴えているでしょ?^^;トレンド屋は頭の中金儲けしかないから
が、その品、人としてやってはいけない、
っていう「それ」こそが
まさにモラルや良心で……
そのモラルや良心ない社会だからこそ
事件は起こった(増えていく)のではないでしょうか。



社会が悪くなれば、犯罪者数が増えるのは摂理


今の段階ではまだ
ほとんどの困窮者は大人しく自殺を選び、
一部、極一部の
元からちょっと普通とは違っていた人が
事件に走ってます(元から障害を抱えていた人とかが)。

しかし、重要な視点は、
その元からちょっと
普通とは違っていた人たちも
社会困窮していなければ
事件は起こさなかった確率が高い
(つまり社会全体での事件数は小さくなるの)
です。
政治家この視点↑を捨てたら(社会が悪くなると犯罪が増えるのが人の世の常、という事実を忘れ、精神論に走って自己責任、自己努力、どんな地獄でも他人に危害を加えては人道的にいけない、なんて言い始めたら)、その社会は悲惨です】








もちろん、このままさらに貧困化が進めば
モラルがない順
困窮者は事件を起こしに走ります。

そうなりますよ。

社会が地獄化するほど
犯罪が増えるのは、確実

それが人の世の常なんですから。
モラルや良心って、せめて最低限度の生活は保障された上で強要できるもの、だと思います。それ以下の世界でモラルや良心を守るほど高尚な生き物じゃないです、人間って。

成功できないけど生活は保障されている人が、成功者を恨み事件を起こす→モラルや良心がない!
これはわかる。
でも今の日本は
生活すら保障されていない人(要は死ぬ人)が狂って事件を起こす→モラルや良心がない!
・・・鬼か悪魔かな?







世の中には

A.もともと少し違っていて貧困により事件を起こしてしまう人
B.貧困でも事件は起こさない普通の良心的な人(自殺を選ぶ人)


がいますが、
貧困の度合いが加速するにつれ
全体的に事件を起こす確率は増えていきます。
(これを、良心・モラルと同列で考えてはいけません)






事件が起こる度、
(社会が地獄化している時代では)
「こう」思う人は多いはずです。


「これ」「貧困・社会問題」を
理由にした事件


あって欲しい。


この気持ちの裏側には
自分自身の貧困(社会)への怒りがあります。



怒ってる人、多いです。





























関連コンテンツ



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする