愚かな消費から見える、人の事実と唯一の救済法







愚かな消費とは何だろうか?


アイドルに貢ぐオタクや、ホストに貢ぐ女性キャバ嬢に貢ぐ男性などが、いわゆる愚かな消費をしている、と言われ、逆に自己投資を堅実に行うことが賢い消費だと言われる。いわゆる賢い人たちは、そう考えている。



しかし……? 

私は考える。この、愚かな消費にこそ、人間の本質が見えないだろうか、と。一見この愚かに映る消費が、その愚かな消費をしている人間の中では、最優先されているのだ。ここに事実がある。賢明で考えるなら自己投資した方が良い。道徳で考えるなら、こんなムダな消費をするくらいなら、生活に困っている人に食べ物をあげた方が良い(お金ではなく供給で考えても、その供給を分け与えた方が良いってこと)。しかしこの愚かな消費をしている人間の中では、

赤の他人が飢えて死ぬのを救うことより、
推し今日Aクラスのホテルから
Sクラスのホテルに泊まれること
の方が、遥かに重要なのだ。


赤の他人が飢えて死ぬのを救うことより、
好きなホストやキャバ嬢が
少し豪華な食事や品物を買う
方が重要なのだ。

人の事実


この考えに、人という生き物の本質が表されていないだろうか? 愚かな消費、という部分は実はどうでもよく(なぜなら人によって価値観が違うから)、つまり人は、自分の欲求を他のすべて(道徳や倫理含め)より優先させる生き物なのだ。

オタクが推しに貢いだり、
キャバ嬢やホストに貢いだりする行為
と、
配偶者や子供にお金を使う行為は、
欲求を満たすという意味でなら、
全く同じ
です。

ただ、他人か他人でないか(つまりリターン)の違いはあります(これも価値観の問題だけどw)






これを見ているあなただって、
赤の他人が飢えて死ぬのを救うことより、
自分や自分の配偶者や子供(要は大切な人)が
少し良い思いをする
ことの方が
遥かに重要だろう?

人は自分のための行動を最優先する。
これは多くの人が同意するだろう。


しかし? 

それは少なくとも
みんながある程度幸せに、
少なくとも最低限
生きていける世界の上

……と思ってないか? 



違うのである。


違うから、その証拠として、
私たちが棲んでいる世の中が地獄なのである。



つまり、人とは
救えないほど
残酷な生き物
なのだ。



自分の欲求が他人の命に勝るという事実


赤の他人が飢えて死ぬのを救うことより、
自分や自分の配偶者や子供が
生きることの方

重要だ。


ふむ。
・・・これなら解る。

自分や自分の愛する者の命赤の他人の命
これなら倫理道徳もあると言える。





しかし現実

自分、または愛する者の命自分、または愛する者の僅かな幸せ赤の他人の命


こういうことだ。



赤の他人が飢えて死ぬのを救うことより、
自分や、自分の配偶者や子供(愛する者)
【少し良い思いをする】ことの方が
遥かに重要だろう?


悲しいかな

自分、または愛する者の命自分、または愛する者の僅かな幸せ赤の他人の命


これが現実







残酷な話、
貴方が愛している
世界で一番大切な人の存在
も、
他人からしたら

自分、または愛する者の命自分、または愛する者の僅かな幸せ赤の他人の命←ここ


ここなんです。







いやいや、
欲求があったとしても
それは流石に・・

それは少なくとも
みんながある程度幸せに、
少なくとも最低限
生きていける世界の上


って??



いや、だから、
そうではなく、

現実、
それ(人道)が、
どうでもいい

という話・・・・。



現実は

自分、または愛する者の命自分、または愛する者の僅かな幸せ赤の他人の命

こうなんですね。



そんなことはない、と言う方は、すでに地獄のような状況に陥っているこの日本社会でなお、大半の普通の人々がその地獄に対して無関心である現実を、どう説明するのか? 私はこの現実をずっと見てきた上で、今回の結論に至っている。





そして
ここで記事が終わっちゃうと
地獄を認める
も同じなので、
まだ続きますw

飽くまで上の部分を否定しない形で
対処
していきます(否定したらこの考え自体無意味になるから)。

救いはあるのか?


今回は救いのない話で、
究極はこれが事実
だと私は思ってます。

しかし??
救いがないことはないです。
この、上の部分に関しては、

どうしようもない。
どうにもならない。


これ↓は

自分、または愛する者の命自分、または愛する者の僅かな幸せ赤の他人の命

人の本質のような部分だから。






つまり、
人は些細な自己欲求を
他人の命より優先
します。
してしまいます。

そーいう生き物です。

が、

他人を不幸にしようとは
思っていない
です。

ほとんどの人は
「他人を不幸にしてやる」と
までは思っていません。


「どっちかといえば
他人も幸せな方が良い」

と思っている人が多数でしょう。


ここに人類最後(笑)希望がある。






要は、
自分の幸せ(最低限の所では生存)
求めた人間に対しては、

自分に余裕がある限り、
NOとは言わない
んです。


これはほとんどの人がそうですよね?
(一部人でなしみたいなのいますけど、それは一部です)


こうなると、
重要なのは、ここ
この部分

自分に余裕がある限り

です。

自分に余裕がある状況
自分の欲求(些細な物でも)を
妨げない形
なら(←ここが上で語った部分)

人は人を救うことを
【拒みはしません。】







他人の不幸は蜜の味、と言いますが、
そうなる人の99%が
余裕のない、満たされてない、
幸せでない人間
ですよね?

ということは、逆に

余裕を持たせれば、満たされれば、
幸せになれれば、
人間は
他人の不幸は蜜の味、
ではなくなります

(一部の性格が悪い奴以外)

人は人の不幸を好まなくなります。
(自分が幸せなら)


つまり、
世の中を豊かにすれば
(人は他人を能動的には助けませんが)人は
他人の助けを受け入れは、します。







そう……
自分が豊かであれば。
一部の人間だけが異常なほどに豊かになるような社会(今の社会)は、
また別ですよ^^;)



そして、人の豊かさは色々ですが
万人に共通するもの
経済的豊かさ、です。



まずは、
最低限度の生活が守られていること。
そして、
生活水準が向上する(していく)こと。

勿論、一部の人だけではなく
社会(日本)全体の。




自分、または愛する者の命自分、または愛する者の僅かな幸せ赤の他人の命

事実はこーなんですが、
些細な(僅かな)幸せまで
満たされていれば(要するに幸福であれば)、
その次の段階である、

他人の命を考えられる
んです、


人間は。


自分、または愛する者の命→保障されている
自分、または愛する者の僅かな幸せ→保障されている

この状態でなら

赤の他人の命→考えられる



そして、社会の大多数を
この状態に持っていく方法は、
社会全体を経済的に豊かにする
以外に、
ない。

人間は、社会環境に左右される生き物です。大多数の人は、社会が良ければ、良い人になるし、社会が悪ければ、悪い人になりますごく一部、悪い社会でも良い人であったり、良い社会でも悪人のままだったりする人もいますが、それはごく一部の例外に過ぎません。




よって、人間をにしたいのなら
社会をにしなければならないということ。









結局、これが。








これだけ、が。





世の中(社会全体)を豊かにすること
だけが、
先に書いたえぐい人間の本質に。

人が持つ
地獄のような事実
に。










対抗する

唯一の光。










人類最初で最後の光であり、
最大の光だと考えます。















関連コンテンツ



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする