ベーシックインカムは財源がなくても可能(MMTでok)





ベーシックインカムについて語ります


この続きで、
働く必要のない人に直接お金を配るのが、
ベーシックインカムですね。

で、選り分けてお金を配るとなると、難しいんですよ。そっち側に行きたいじゃないですか、働きたくない人みんなwまた働いてても不公平感も生まれるでしょう。(現在の生活保護のようにね(生活保護を無くせとか下げろとは言ってませんよ)。

だから全員が一律でお金を貰う、と。

金額は、最初は小額からでいいんです(←この部分が重要)。

この額は、無駄な仕事
前回の記事で語った

つまり

文明の発達によって
人が働かなくても良くなった分
だけ
国民に金が配られていく形にすればいい

んですね。
ぶっちゃけ↑コレがこの記事で言いたいことです)

それが自然じゃね? むしろ。
そう考えるのが、自然だよね??







最初は2万とか。
で、もっと文明が発達して
もっと労働力が必要無くなれば
5万とか。

そのうち最低限度の生活を確保できる
13万とかが配られる
ようになり

最終的、理想的には
働かなくても
良い暮らしができる20万とかが配られる、
と。
(ここまで我々が生きている間に実現する可能性は低いと思いますが……)


それでも(↓ここ重要)
社会需要が満たされるし、
経済発展も可能な状態であるわけですね。





なぜベーシックインカムが必要なのか?


私の考えをまとめます。

1.すべての人は生まれてきたというだけで最低限度の文化的な生活を営むべき

ます、第一にこれです。今の生活保護の理念ですね。しかし、生活保護は捕捉率2割。つまり生活保護水準にありながら受給できていない人が8割もいるわけです。なんじゃそら、ですよね。水際作戦があったり、扶養照会を嫌がったり、生活保護自体を恥だと思う観念もあり、結果的に多くの方が最低限度の生活が保障されず、死んでいます。で、この1は最も大切なものと考えますが、結局は倫理や道徳に基づく観念です。金を儲けることのできない弱者が死ぬのは仕方ない、という考えの方には理解してもらえません。もちろん、道徳以外にも、多くの人が自分の時間(生の為の労働に縛られない人生)を持つことにより、その中から新たな文化や文明が出てくる可能性もあります。

2.公平を期すため

現状の日本を見てください。生活保護者への給付金が、ワーキングプア(または国民年金のみの年金受給者)の年収を超えるケースすら見られる有様ですよね? 例え働けない理由があるとはいえ、一切働いていない人と、一年中フルタイムで働いている人の収入が同等か、あるいは働いている人の方が少ない場合もある……これ、納得できますか? 保護を受ける人も何かしらの理由があってのことでしょうが、やはり納得できませんよね。判別が難しいケースがある上に(身体障碍や体の病気なら解りますが、それ以外だと本当は「どう」なのか究極的な意味では判りませんよね?)みんな神様や天使じゃなくて、人間ですから。不公平感持って当然なんです。【こうなっちゃう理由はもちろん、生活保護のお金が高いから、ではなく、普通に働いている人の給料が異常に低いから、です。働いてて十分な給料もらってたらこんなこと思いませんから】この国では生活保護バッシングが凄いですよね。まー気持ちは分からんこともない。自分は一年中働いているのに、なんで?って思う部分も確かにあるもの(特に自分が社畜してた時は私も感じてた)。低所得者層はリアルに働いたら負け(働かずに社会保障に縋った方が勝ち!)の世の中になってる。【でもここで生活保障切り下げの方向に動くのはこれです。そう、完成された奴隷ね。自分の首絞めてる】……だからこそのBIなんです。最低限度の生活費は、国民全員に保障されて、働いた分はそれ+でもらえる社会。今生活保護の人が月13万貰ってるなら、アルバイトで月13万稼ぐ人は、BIなら月26万の生活ができるんです。これなら生活保護に怒りが向くわけがない。そして、これが公平でしょ?(ただこのBIは理想であり即実現は難しいでしょう)

3.文明の進化に比例して国民生活は底上げされていくべき

これが本記事で主に語られることです。文明が発達するにつれて、国民みんなが豊かになっていくことが自然ですよね。一部の人間を富ませるために皆必死に働いているわけではないはずです。これまでも文明は発達してきましたが、これからはAIもあり、一層の発達が見込まれます。そうなれば、その分だけ労働量を削っても、社会需要は埋まるし、社会発展も可能なわけです。すぐには無理ですが、段々とそういう形に近づいていく。なら、それに併せて労働量を減らし、減らした分を補うお金を、ベーシックインカムで配る。……自然な流れじゃないですか、これ。(そしてこの3の社会を着実に実現していくことが、結果的に1と2を実現する現実的な手段と考えます)







大原則として今ある社会保障は残す


あの、少し前(2020.9)に某人物(T氏)が
ベーシックインカムについて語ってますが
(あの真性銭ゲバの方ね)

社会保障撤廃して7万配るやつ。

それと私の提唱する
ベーシックインカム別物
(というよりアレがベーシックインカムだと国民に思われたらベーシックインカムのイメージが悪くなる

あの人のペルソナ、こんなん↑でしょ多分。


・・・で、
どこが別物か?

あの人、つーか
竹中平蔵さんが言ってるのって
社会保障の代用でしょ?

今ある社会保障
健康保険、雇用保険、
年金、生活保護などを無くして

代わりベーシックインカムにする
ってことをいってるわけですよね?



私は、これらをなくさない。

飽くまで文明の進化に応じて
必要無くなった労働分をBIに変えていく
という理屈
なので。
(で、本来のBIってこうですよね? あの弱者虐殺型BIはBIを謳った別の何かですよ)





いまある社会保障を削る必要ないんですよ。

(百歩譲って、年金と生活保護、雇用保険、こーいうのはBIで代用できるとしても(ここに関しては最低限度の生活保障をBIで可能なレベルにまでなれば(文明が発展すれば)無くす選択もありかなと思う)、でも健康保険は削ったらダメでしょ? 健康保険削ったらどういう世の中になるか、みんな想像できますか?? そりゃ健康に生きれている時は、最低限度の生活費でもなんとかなるかもしれませんが、病気や怪我をしたら? 障害者になったら? お金物凄くかかりますよね?? それでも最低限度の生活費しかもらえないって、その人たちみんな死ねってことですよ。ましてや7万では、どうにもならないでしょ、身体壊したら即死の社会です(悪魔とあんまり変わらないですね、この思想の持ち主は(だから民間の保険に入れ→民間の保険会社が儲かる、って仕組みを狙ってるのもミエミエなんだわ))。それ以外にも高額療養費制度は? こういう予想外の大きな出費を保障する系は、絶対BI来てもなくしちゃダメでしょ。


病気・事故で
人生が詰む世の中にしたい人
だけオススメ。


私が今(2019.5より)病気になってて、毎月の治療費が3万くらいかかってます。しかも治る見込みがありません。(検査とかするとこれに+して1回1万、検査は何度かにかけてしたりしますし(そのたび1万)、セカンドオピニオンも含めると……)。治療費はすべて自費です。親に出してもらったりしてません。健康保険がある状態でこれですよ。保険外の治療もしてるけど、まあそれでもね。大分健康保険に救われている。これがなかったとしたら10万近い治療費が毎月かかってるかもしれない。そうなったら、働けない状態でベーシックインカム(のようなもの)を7万もらっても-3万。生活費どころか治療費で赤字ですよね。死にますよ。



ベーシックインカムに財源問題はない


え、でもそんなこと言って、
(社会保障を削らずにBIって)
財源はどうするんだ?
って思いますよね。

財源?

財源という考え方は間違っている


この
財源という考え方自体が誤りです。
日本政府は
お金を出すのに
財源を必要としません。
すべて、借金でお金を出せます。


財源というと
まず最初に
税金を思い浮かべますよね?
こうなると、
増税して徴収するか、
さもなくばどこか無駄を削るか、
どちらかでしか
ベーシックインカムのお金
産み出せないこと
になる。

しかし、
これは違います。


そもそも、その税金自体が、
財源のために在るものではない。





税金の役割は?

1.インフレの制御装置
 税率を上げ下げすることによって、インフレ・デフレをコントロールします。
2.富の再分配
 一部に富が集中するとお金の循環が悪くなり需要が失われ、経済成長率が鈍化するので、富む者から貧しい者へ税金を用いて富を還元します。
3.徴税して日本円の価値を裏付ける
 円で徴税することにより、円に通貨としての価値が生まれます(その他のビットコインなどの通貨は、単なる信用だけでしか価値を保っていません)。



財源のためではない。

日本の借金は円建てであり、日本には通貨発行権がある


そして次は借金に関して。

この借金
ベーシックインカムのお金を作る
わけですが……

借金し過ぎると、
日本が財政破綻するからダメ
とテレビなどで言われていますが、

これは間違いです。






お金の問題だけなら、
うちの国は
通貨発行権がある
ので。

通貨発行権があるということは、
日本円を造る力を持っているんですね。
よって借金で財政破綻など、しようがない。

で。
お金(の大多数を占める預金通貨)
っていうものは銀行から
誰か(国・企業・個人)が借りた時

生まれます。【信用創造】

お金って、
銀行の地下金庫に
札束や金塊が積んであるわけではなく、
誰かが借りた瞬間に、
お金がその場でこの世に誕生する
んですね。
(銀行は国民の預金を貸し出しに使っているわけではありません)

日本の国債は94パーセントが日本人に買われていることや、残り6パーセントも円だけで買われている


麻生さんは以前このような主張をしていましたが今は脅されてるのかな?^^; 逆に竹中さんはずっとこれとは正反対の主張をしてきましたが2020年11月28日に手のひらを返しました。竹中氏「財政均衡論者が言ってたことは、これは間違いです」

どれだけ円建ての借金が増えていっても、
日本は何ともなりません。


それどころか、
お金の性質からして、
政府が借金をするほど
国民の資産は増える
ことになる。


詳しくはこれに書いてます。





日本は理論上、
借金して
お金を無限に発行できる
んです。

ただし、
理論上は無限発行できるけど
無限発行はしません。


なぜか? 

それは、
インフレ制約(供給力の上限)
があるから。


我々が働いてサービスを
提供する力=供給力
との兼ね合いですね。

この供給力を超える金が市中に出回ると、
インフレ=インフレーションが起こるわけです。
物価が値上がりし過ぎてしまうワケ。
物が値上がりし過ぎると困るので。
(インフレが困るのではなく(むしろデフレの今の世では、インフレは望む所過剰なインフレが困るんですね)。





なので、
問題は財源ではなく
供給力にあるのです。

みんなが言ってるBIの財源問題
財源って円のことですよね?

円は問題ない。


だから、
財源ではなく、
供給力でみるべきなんです。




そもそも
社会って供給力で成り立ってるので。

需要を埋める供給
社会経済の発展を行う供給
これを維持しないとダメなんですね。
この供給力を超える円が世に出回ると
インフレになります(2回目w)。

ゆるやかなインフレが経済上、望ましいです。インフレ状態でない状態(つまりデフレ)だと需要(消費者がモノを買う事)が見込めないので、企業が(借金して)投資しないので、経済が発展せず、まあ、今の日本みたいな世の中になるわけです。みんなが貧乏になっていく社会ね

【「財政政策論」としてのMMTの定義】
国債発行に基づく政府支出がインフレ率に影響するという事実を踏まえつつ、「税収」ではなく「インフレ率」に基づいて財政支出を調整すべきだという新たな財政規律を主張する経済理論。

引用:日本の財政が「絶対破綻しない」これだけの理由
私はMMTを貨幣の理論としては事実だと考えていますが(だって今まで私、金本位制の思考回路してましたからw)、MMTによる政策を妄信しているわけではないので、他に国民が(一部の権力者だけじゃなくほぼ大多数が)幸せになれる方法があるなら、そっちでも構わないんですよ。……でもありますか、そんな方法が他に。今の世の中って現実、バトルロワイアル!って言われるだけじゃないですか。バトルロワイアル!な世の中は、嫌なんですよ……。





資本主義は借金で成長してきた文明



借金って聞くと嫌な言葉ですが、
そもそも我々が生きている
資本主義社会借金なしに
ここまでの発展は有り得ません
でした。

借金をしながら成長していくのが、
資本主義なんです。


国が借金して、
世の中(企業や個人)にお金を流す。
景気が良くれば、企業や個人も自ら借金して、
事業投資をしたり、家を買ったりするわけです。

その繰り返しで
資本主義は成長する
んです。



もし仮にですよ?

国や企業が、
借金をしなかったら?

そうなると、
今あるお金だけで、需要を満たしたり、
発展を促したり
しなきゃならなくて……

それだと成長速度が、
超鈍足になります
よね?

明治くらいの文明じゃないのかな?借金ナシで成長しろってことになるとまだ。

実際、日本がデフレで停滞している時に、
アメリカや、特に中国などは
自国通貨建ての借金を繰り返して
経済成長していってますよ。





アメリカや中国も借金し続けてる。もちろん日本も


まずアメリカ


政府総債務残高
ずっと増えてますよね。

中国

同じですね。

そして日本

同じですね。

ところで
日本は財政法第4条、5条
次のように書かれています。

【財政法第4条】国の歳出は公債又は借入以外の歳入を以て、その財源としなければならない。但し、公共事業、出資金及び貸付金の財源については、国会の議決を得た範囲内で公債を発行し又は借入金を成すことができる。【財政法第5条】すべて、公債の発行については、日本銀行にこれを引き受けさせ、又、借入金の借入については、日本銀行からこれを借り入れてはならない。但し、特別の事由がある場合において、国会の議決を経た金額の範囲内では、この限りでない。

(公債=国債+地方債。まぁ国の借金って解釈でok。で、これ何を言ってるのか、というと借金はしないで国民からの税収で可能な限り頑張ってね!って言ってるわけです)

しかし実際は???
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



やりまくりの出しまくり。


でも、デフレ脱却できてないってことは、
これでもまだ借金が足りてないんです!

もっと借金しなければいけないのです。

MMTを理解することによって、
問題は財源ではなく、供給力だと気付く。
すると、その供給力
AIなどで自動化された部分から
労働を無くしていけることに気付く。
すると、その無くした分の人は給与が貰えないから
代わりに国からのお金の配給(これがBI)が
必要なのだ、と気付く。


需要を満たすことや、社会経済の発展は必要か?


これ。

気になった方もいるでしょうし。
そんなもんより
今でもう十分だから時間のゆとりが欲しい。
ただちに最低賃金のBIやれ

みたいな思いも
私は大変解る。


こんなブログ書いてる人だからさ……

私もそう思ってたから。
今も、そう思う部分もあります。

ただ、この・・・・
需要経済発展

これって必要ないのかな?
って話をしますね。
まぁ、問いかけみたいな感じで聞いてください。





需要はなぜ満たさなければならないか?


まず、需要ですけど。
例えば安全な水が飲めたり、
交通網が発達していたりという
インフラとか。
医療、教育、介護……

なかったら困るくね?

他サービスもそうですよ。

デパートとか。コンビニとか。
ネットでのショッピングとか。


様々なサービスの中で生きてるわけで。


いや、オレはそんなの多少不便でもいいから
安定した衣食住が欲しいよ
って方。

その気持ちメッチャ解るんだけど^^;

大多数はそうじゃないよね???

そう、大衆は今のインフラやサービスが
存在し続ける社会で生きたい
っていう欲求があります
よ。

そこにNOって言うと
その人たちと対立しちゃう
ので。

その大多数の人たちとね。


で、この需要がそのまま
次の話にも関係してくるんですけど

経済発展はなぜ必要か?


これですね。

え、いや、
もう今のままで十分だよ経済

今の文明で十分だよ!

いや、
解ります、その気持ち。






でもね。


第一に、世界って日本以外にも
色んな国があります
よね??
で、他の国は
経済成長していきます
よね?

その中で日本だけ現状維持で満足してたら?

どんどん国力開きますよね??

で、その様々な国の中には
危険な国もありますよね?
パッと思い浮かぶのが、中国、北朝鮮
人によってはロシアや韓国も。
私はアメリカも危険だと感じます。

こういった国々との国力が大きく開く
安全保障上、危なくね??






戦争を仕掛けられるとまで
いかなくても

向こうが有利でこっちに不利条約や交渉
結ばされたり持ちかけられたりする。

これ、今でもされてますよ(アメリカにもね)。

国力が弱いますます
この傾向が強くなっていく
でしょうね。

人間、悲しいかな……気持ち(平和主義)で平和が守れない時があるんです。そんな時、平和を維持するのは相手と拮抗する軍事力。または拮抗せずとも攻めたらこちらの被害も甚大だと思わせる軍事力その軍事力は国家の経済力によって高められる(北朝鮮みたいに経済ガリガリで軍事特化するのは嫌でしょ)。ちなみに私は愛国心ありません。0です。むしろ圧倒的マイナス。ただ、戦争や、他国から不平等な取引を持ち掛けられるのが嫌なだけ(結果的に自分も苦しい立場になるから)です。だって私これですよ。これで愛国心が芽生えてたら、ドⅯの変態でしょう。この不満をあげると「自己責任」とか「嫌なら出ていけ」「役立たずは死ね」って言われるんです。……これ、どうやって愛国心が沸くの?^-^;【こういうのも仕組まれてるんだろうけど、上手いよね。こんな社会だったら多くの(特に若い世代の)人が日本を愛さなくなるから】




で、需要と繋がるって言ったのは
国民の需要をどんどん
供給で埋めていく行為が
そのまま
国の経済発展にも
なっていきます
から。




ってのが1つめ。






第二に。

私のフォロワーさんが
旨い事いってくれたんですが



停滞って衰退とも
考えられませんか?


現状維持でいいっていう考え方だと
少しずつ悪くなる。



なにより??

考えてみて下さい。
経済成長を
これまで日本の資本家(と労働者)が
必死に追い求めてきたからこそ


今のこの文明があるんでしょ??




例えば私が日本の支配者だったら笑

まあこんな性格ですから。
昭和後期くらいの文明で満足して
国民に自由な時間を与えていた
かもしれない。

でも、
そしたら、今の文明はなかったし。


特権階級だけが金儲けするための経済成長?や競争なんていりません。

でも、我々全体が豊かになるため(ちゃんと富が再配分される社会)の経済成長や競争

必要でしょう?

って私は思う。
(これは国民の大多数がYESと言ってくれるはず)

【需要供給】【経済発展】に関しては絶対必要、だとまでは思っていません。ただ「普通の人たち」との落としどころがこの辺かな?っていうのが本音です。感情のまま語って良いなら「大衆に最低限度の生すら約束できない経済的発展って何?w」って思うので。ここは深い問題なのでこの記事での言及は敢えてしません。


文明の発展に合わせてベーシックインカムの社会になっていくのが好ましい



私はただちに
働かなくても良い世の中になれ、
とは思ってない
です。
AI、ITが発展し続けているとはいえ、
まだまだ人間が労働しなきゃ
社会需要が埋まらない段階

だと思ってますから。


なので、順次。

そう、順次、
文明の進化に合わせて
(富が自動生産される度合いに合わせて)
ベーシックインカム的な状態にしていく……
段階的に国民に配る金を増やしていく……

のが良いんじゃない?
って考えてます。

この、順次、
段階的に、

っていう部分がポイント。

ベーシックインカムを邪魔するもの


これですね。
日本社会には
これがあります。


主に、
精神的な観念が。


これね。



つまり奴隷を量産して自分たちだけが儲けて幸せになりたいと考える、資本家(全員がそうじゃないとは思うけど、大抵はこの考え)と、その友達(献金されている政治家とか)がいて、その人たちに都合の良い奴隷として仕立て上げられた、我々

労働=美徳

観念があるから。
もちょいはっきり言うと、
洗脳されているから。





です(ズバリ言っちゃうと、
強者にとって都合の良いように)。

『ここ』打破しないと
この先文明が如何に進歩しようとも、

庶民が(少なくとも今のように)
働かなくても良くなる社会は
なかなか到来しない
でしょうね。








AIに仕事を奪われる?
どうする?


ってその発想がおかしいでしょw
AIが仕事してくれるなら
働かなくていいじゃんw

って思うはずなのに

働かない=生きていけない
っていう刷り込みのせいで

AIに奪われない仕事は!?
とか馬鹿なこと考えちゃうんだよね。



洗脳のせいで。

これ、誰に都合がいい洗脳か? というと、資本家です。AIで誰が富を得るんですか? 事業をしている資本家ですよね? この時、国民(労働者)が上記のような思考だと、簡単に、そして当然のように自己責任に持っていけるんですよ。そして自分は富を独占できる。このままいくとそうなるでしょ。・・・・しかし? AIで富が自動生産されてるんだから、その富を国民全員に配れよ! って思想を労働者みんなが持っていたら? こうなるとそれを政治に訴えかけて、社会が変わってきますよね?








実際に働かなくていい未来って来るの?


この部分に関しては
前も語ったことあったんですよ。


この記事に……
この記事めっちゃ長いんですけどw
AIについて語っている部分があります。
目次ですぐ分かります。

つまり、前にも書いてる。

私は私が労働者である期間のうちに
まったく働かなくていい未来は来ない
ような気がする。

理由は

1.そこまでの神懸かり的な進歩をAIはしてないから
2.世の支配層が庶民の労働開放を望まないから



ですね。
ただ1に関しては。
2が何とかなりさえすれば。

まったく働かなくていい段階は来なくても
今みたいな働き方。

人生を犠牲にして働くような働き方は
しなくてよくなるはず。


今は一応1日に8時間労働週5勤務が
ベースだけど。
これが、もっと縮まる可能性はあるよね。

上で書いたベーシックインカムで
月3万とかもらえたら
そのぶん労働をみんながしなくてすむ。

(その生産の肩代わりはAIがやってくれる)

っていう風になる可能性はある。





でもがどうなるかだよね。
(とにかく問題は
AIの発達で富を多く得るのは誰ですか?

資本家ですよね。資本家は自己利益の拡大(事業投資)と、株主への利益還元に、その富を割きますよね? 資本家なら当然こうしますよ。じゃあそこから富を適正配分する国家が。それをやってくれるのか? ですよね。今のままだとやってくれそうにないですよねw……てことをこのフリーター記事で言ってるワケです。この先AIは進化していくだろうけれども、要はここが我々庶民にとっては最大の難関じゃね? AIの発達で働かなくていい世界がくるわー^-^ってのは楽観し過ぎな気がする。その富を得るのは? 資本家でしょ(資本家の本性は銭ゲバです)。その資本家が得た富を、国家が再配分してくれるのかな?? ってことです。現状、資本家のお友達の、国家がですよ?


そんな感じで
最悪AIに仕事を取られてみんな仕事ないのに
国がBIをしないって可能性もあるからねw


そしたらもう仕事は無くなるわ
金はもらえない
わで。

地獄だし。


今の政府なら本気でやりかねないよね。つーか確率的にこうなる確率が一番高い気がする。

そこで、労働者のみんな、一緒に闘おうよ! 富は十分AIがもたらしてくれるなら、資本家や国がそれを独り占めせずに国民に配るよう、みんなで戦おうよ! ってなるんですが……そのみんなって。。。???


大体が従順な奴隷かもしくは酷ければ、完成された奴隷ですよ^-^;味方?もやべえええってことですね。一緒に闘う味方として、あまりにも頼りない。
(庶民がAIの利益を享受する賢い手段は株を買う事ですよw)

私個人としては、大衆みんなで平和な理想社会を築きたいって思いもなくはないんですが、まず、そのみんなが団結するのが難しいっつうかほぼ無理ゲーなんですわ。(悲しいね)







まとめると、
まず日本は円はいくらでも作れます。
問題は、供給力。

この供給力
社会の需要を満たしている
わけで。

この供給力
AIに置き換わったところから
順次。
BIで金を配っていく。


ってのが私の考えですね。


そもそも労働って理不尽が出るんですよ。人間同士が働くから。鋼みたいな精神してる人は良いよw大抵理不尽を押し付ける側に回れるから。でも、弱いものは常に割を食う。人との言い争い、諍いが、得意でないとか。そういう人たち(てゆーか私)に、働かなくても生きていけるよ、っていう方向性を示したいですよね。





供給の自動化に合わせた金額のBIを


ベーシックインカムというと、
=最低限度保障、と言われますが、
この考え方(固定観念)
くしましょう。


私がよく最低限度の生活は全員に保障してほしい、って言ってるのは、大衆(マジョリティ)に忖度してるんです。気を遣ってる。多分察してくれている方も多いと思いますけどね……。(毎日頑張って働いている人とか、必死に資産形成してきた人の気持ちは私どっちも解るんですよ。どっちも経験してるから。なのでその人たちを差し置いて良い思いをさせろとはなかなか言えない。しかし生きさせろとは言いますよ。だってこれ譲歩したら死んじゃうじゃんw)



でもこの考え方って
何にも社会や大衆にプラスがないです。

最低限度保障
飽くまで通過点。
最低限度保障
縛り付ける意味って全くないです。

何故かというと、最低限度保障に縛り付けられた人は、最低限度の消費しか出来ないため、その分経済の循環を弱めます。


AIが発達して供給がどんどん自動化されているにも関わらずお金は生活保護水準の13万しか配られない。13万で頭打ち。ってなるより、供給力の自動化に伴い、給付金を増やしていく方がいいじゃないですか。13万じゃなく、20万渡したら? +7万が消費に向かうじゃないですか。


AIなどの自動供給に応じたベーシックインカム、という考え方をすれば、どんどんAIの発達(供給力の自動化)に伴って給付金を上げていけるんですね。そうしたらその分だけ需要が生まれる(お金が配られるから)。その需要を満たす供給も(人が労働しなくてもAIで)ある。っていう最高のサイクルが完成しますよね(いや何十年先のことかは解らないけれどもw)。

で、具体的に今すぐ国債をいくら発行して金額をどれだけ配れるのか? などという精密な計算までは私はしていません。それは供給力の自動化に応じて可能な範囲で、という答えしか私には返せません(今コロナとデフレで需要が落ちてるので、お金を配ったり保障をしたりはすぐやらなきゃいけないと思ってますけど、それは本来のBI問題とは別なので)。なので飽くまでこの記事で私が言いたいことは、MMTでBIの財源問題はない。問題は供給力だけ。その供給力は文明の進化とAIの発達により今後自動化されていくからこれまでのように働かなくて済む(それでも需要供給+経済発展が可能)ので、その働かない分のお金を国が出しましょう、と提案をしているだけです(このままだとそういう方向にすら向かわなさそうなので^-^;)。


完全に働かなくて済む社会
実現するのはいつのことか解りませんが
少なくとも、
社会がこの方向に向かって
進んでいってほしい、

と私は思います。

【ずっと労働脳のままだと、
未来永劫労働しなきゃ
いけなくなります
よ】


















弱者から順に↑コレになっていく世の中で、
あなたは生きたいですか……?




関連コンテンツ



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする