フリーターの末路

シェアする





日本に数多く存在する、
フリーター


そんな
フリーター末路って
どうなるんでしょう?



フリーターのままで
一生やっていけるのかな?




フリーター(非正規社員)が
増えてきたこのご時世

そんな疑問を抱く方も多いと思います。


そしてなにより
私自身が
今後調子が良ければフリーター
悪ければ余裕でニート

いえ、私の労働能力
破壊されたメンタル
を考えれば
ひきこもり落ちも十分有り得ます。


姉妹記事?の
ニートの末路についてはこちら↑↑↑




……くらいの人生を
歩んでいくこともあり。

決して
他人事ではない……


フリーターの末路に関して
考えてみたいと思います。







そして同時に、私自身この先の
フリーター人生をどうやって生きていくか。
これも、考えていきます。




Contents

スポンサーリンク
せみあど1

ネットでフリーターについて検索すると暗い情報ばかり出てくる理由


まずここから語りますね。

フリーターのみなさん、
フリーターでいることが不安になって、

インターネットで
フリーター 末路」とか
他にも「フリーター系」のワードで

検索してげんなりしたことないですか?





そう。

暗い情報
ばっかり出てきますよね?

フリーターは将来絶望!
このままフリーターをしていれば、
最後はホームレス!

とか。

あれは事実っちゃ事実なんだけど。
本当はもっと別の事実(真実)が隠れていて。

あれらの記事のほぼすべては、
アフィリエイターが書いた
転職アフィリエイト記事なのです。



アフィリエイター

転職or就職アフィリエイトを成約させるために
こーいう記事を書いています。


となると。

フリーターのままだと将来絶望的正社員に転職しないと未来はない転職アフィリエイト成約


という流れにするのが、
自然です。


これがもし
フリーターでもなんとかなるよ!
大丈夫サー^^


みたいな記事内容だったら、
転職サイトに行きます? 

登録します?






……そういうことデス。



ニートの将来や末路も同じです。
ついでに言うなら
社会不安系も同じ。


会社辞めたい系も同じ。

仕事つらい系も同じ。


ほら、考えてみて下さいよ。
ニートやフリーターのままだと
ダメだからちゃんと正社員になれ
、と
常識全開で主張してくるのに

仕事辞めたい系だと
あれ? 

いきなり
急に優しく?なって
無理して続けることないよ、
って言ってくるでしょ? 

Googleの検索結果。



あれ、なんで???



常識を重視するなら、
そのまま我慢してなんとか会社を続けよう、
ってなるじゃない?




つまり、
あそこに書かれているのは、





アフィリエイトを
成約させるために必要な文章






だけ。


でも実際フリーターのままだと将来ヤバいから間違ってはいなくね?


うん。

そうなんだけど……


すべての人がそうじゃないでしょ、

ってことですね。


正社員に転職できるような人は……
それでもやっていけるような人は……



私も
正社員をオススメします。



終身雇用が崩壊した今の日本でもフリーターより正社員の方が安定しているのは間違いないので可能ならば正社員を勧める(そ-いう意味では、あの金のためだけに作られているアフィサイトにも意味はある)。

まー日本の将来がガチでヤバイのはマジだし? そんな中、生き延びる確率を上げるためにはどう考えても正社員になった方がいいので(続けられるならね)。

正社員になれそうだけど
敢えてフリーターをしている人
には
私も正社員になるべきだ、とアドバイスする。






しかし。



フリーターの将来を不安視して
検索する人って、全員そうなの?






って話なんです。


全員が(努力次第で)正社員になれる
(定年まで続けられる)ような人なの?




無理して正社員状態を維持して、
まさにこの私のように、
心身ともに壊れてしまう人
もいるわけなんですね。

その結果、フリーターよりさらに不安定なニート・ひきこもりになってしまう。鬱などの精神病を患ってしまう(ここまでそのまま私)。

最悪、自殺してしまう。


そういった
能力的に(考え方や努力の範囲でなんとかならない)正社員状態を定年まで維持できない人



あの
正社員にならない(のままで居続けないと)と
将来絶望ですよ
の記事を読んで


本当に追い込まれてしまうと思うんだ。


もちろん記事を作成したアフィリエイター
そんなこと考えていません。
如何に集客し成約に繋げるか、意外のことは
一切考えてない


まぁ考えてくれたとしても
そんなカスのことまで知らねーよwwwww
だと思う。





というか、
重要なのは

そこじゃなく。









ええ、
あのアフィ記事の内容が
正しいのかどうか?

ってことじゃなくて。





内容云々
以前の問題で。





ただ、











金のためだけに書かれた記事が
検索結果をほぼ席捲している、
という事実





我々ネットを見る側の人間
が知ること。

物事の表層ではなく、本質を見よう。

アフィリエイターは金さえ稼げればそれでいい


っていう人たちです。
端的に言っちゃえば。

だって彼らはビジネスとしてやってるから。
ネット上にいる営業マン
……というより個人事業主。
感覚的には経営者に近い。

経営者って我利我利ですよね? 我利我利に利益出していかないと会社を興した意味ないですから。アフィリエイターも同じくらい我利我利な方々です。だって、考えてみて下さいよ? 現実社会の営業マンや販売員は、大抵会社や上司に命令(教育)されて我利我利なことやってるんですよ? 学校教育で日本人の潜在意識に刷り込まれたお上に逆らえないっていうマインドで、ね。でもアフィリエイターは……これを、個人の意思でやってる。そう、誰の命令でも指示でもない。自発的に。……そう考えると、彼らがどれだけ我利我利なマインドを持っている人たちか、解かるハズ。







まあ、
アフィリエイターは
とにかく記事中の広告を成約させて
紹介料を得る。


これを最優先させる人
だと考えて下さい(なんたってビジネスだからね)。








この認識で、
まず間違ってないと思う。





ただ私は今、
アフィリエイターを
批判・非難しているわけじゃない
です。




今、
ここで訴えかけているのは
アフィリエイターじゃなくて。
アフィリエイターの作った記事を

読む側の人たちに、

私は今、
語りかけている




ああいう不安や悩みを餌にしたサイトが
そういう目的で造られたサイトなんだ

という
認識を。




我々みんなが
持つことが大事。





持ってます?
持ってないでしょ?

(持ってる人は、おまえに言われんでも解っとるわクサレボケが!と思ってください^^私はネットを見る全員があなたのような視点を持つことを切に望んでいる)


ネットで金稼ぎがダメだとか
そーいうハナシをしているのではなく


事実として。
アフィリエイター
如何に案件を成約させるか以外のことは

考えていない。


そしてそんな人たちが
製作した記事やサイトが
ネット検索には蔓延している。


そういった事実を踏まえた上で、
ネットを閲覧しよう。


ということですね。









重複しますが、
「会社辞めたい」「仕事辛い」
こーいうワードも同じです。

こーいう検索結果全部
転職アフィの餌食になってる。









インターネットには
アフィリエイターという
強かな狩人
がいることを


常に忘れないでほしい。






彼らは最終的に自分が儲ける方向、
広告のサービスを成約させる方向にしか、
話の流れを持っていかない。





アフィリエイトの是非に関しては
非常に難しい問題です。


この記事に書いたように、
人は自分に何かしらの利益がないと、他人に情報を提供しません(特に時間をカネに変えないと食ってさえいけないこの世界では尚更ね)。

金を稼ぐな!
ってなったら、
情報自体が存在しなくなる。


そういう事実が在るから
単純に否定はできない。
(このブログだって営利目的で運営されているしね)



まぁ、ただ。
正直アフィリエイターに対する
私見を述べると

アイツらやりすぎだろ、
って思う^^;

事実を歪めてまで
とにかく金儲けに走り過ぎな人たちが
非常に多い印象。

そりゃ、資本主義だと金を儲けた人間が
正義で正解
だけどさ……(いやぁ腐ってるねェ

アイツらのせい
ネットの検索結果が、
もう何年も前から
金の臭いしかしなくなってる。


ちなみに私もこの時に引っかかってます。



もちろんね。
金目的で制作された転職サイト
であろうが

アレを見て正社員に転職し人生が救われたフリーターもいるでしょう。元々正社員で働ける能力があるのにフリーターに甘んじていた人はもちろんのこと。能力の低い人でもたまたまホワイトな職場にありつけたり。また、自分の能力を過小評価していたり、自分の特性を発揮できる職業に就けたり。色々フリーターから正社員に転職して良かった、というケースはあると思う。





でも、前述したように
全員がそうではない。

正社員になって
心が折れてしまう人。
正社員になることが出来ず、
記事の内容に
打ちのめされてしまう人。

こういった人も
数多くいると思う。





ああいう記事を読んだら、もう、正社員にならなければ人生終わりだ、正社員にならなければ死ぬ、って思っちゃいますよね?(だってそう書いてあるじゃん?)







そこがああいう転職・就職アフィ記事の
害悪な部分









とにかく私が伝えたいのは(←くどいw)、
ネット上の記事の大半というか
検索上位にきている記事








アフィリエイトを成約させること
しか考えていない







アフィリエイターが作った記事だ、
という事実








閲覧者みんなが
知るべきだ、



ということデス。


(こんなこと書いてたらどうあがいても今後アフィリエイターとは友達になれねーな^^;まぁいいか、アフィリエイターとは来世で友達になろう…)

ちなみに私はアフィリエイター全員を否定しているわけではありません。まず、自分が購入(体験)して良かった物やサービスを紹介するホワイトアフィリエイター。次に自分ではそれを買っていないものの、その道のプロや専門家である、もしくはそれと同等の知識を身に付けていていて、尚且つ売るための情報の偏向を行わないアフィリエイター(今の時代企業もHPでネットショップをやっていますが、企業は基本自社の商品・サービスしか売れないから差別化できる)。こういったアフィリエイターなら、私は特に何も思わない。





ま、とにかく。



アフィを成約させるためだけ
書き出された
転職アフィ記事にある
正社員しか生きていけませんよ的な
ガチガチ思考

では


追い詰められる人がたくさんいる。

危機感が欠如している人には良いかもしれないけど、私のように労働能力が低かったり社会適応能力が低かったりする人がああいう記事を見たら、絶望モンだぜ?





この部分を考えたら、
転職アフィ記事
正社員になることが唯一無二の解決策!





首肯することは
できない。




なぜなら
全員が正社員にはなれないんだから。






「フリーターのままでも
生きていけるよ。」


っていう道を示してあげた方が


実際生きていける人たちだって、
少なからずいる
わけです。


掲示板はマウンターたちの狩場


あと他に検索上位にくるのは
まとめサイトネットの掲示板ですが。

まとめサイトは
そもそも5chの転載ですからどちらも見る側からしたら同じようなものです。




そして
ああいう場所の
ニート、フリーター、生活保護、
みたいなスレッド

ほとんどが


マウンターたちの狩場になっています。




フリーターのスレなら
フリーターを見下したい正社員が来るし。
ニートや生活保護のスレなら
ニートや生活保護を見下したい
フリーターや正社員
が来ます。

もちろん、すべてがマウンターの書き込みではない。良い意見や考えさせられる書き込みも中にはある。

あることは、
確かにある。


でもね。

それを見るまでに
多くのマウンターの書き込みを見ることになる。





ああいう掲示板そのものが

石の割合がすごく多い
玉石混合
みたいなモン
です。



ああいうのをね、
マウントを取られる側の立場で見てたら。

それずっと続けてたら。

そのうち自分の世界観が
アレそのもの
になっちゃいますよ。






まあ、とにかく
今回の記事で
最初に伝えたかったのは

一言で言えば。

仕事系の
ネガティブワードで検索した
ネットの検索結果は割とクソだ

ってこと。

アフィ記事
マウンターたちの狩場である
掲示板
しか出てこない

よ?

偽物が氾濫する世の中だけど、それが偽物じゃなくなる瞬間がある。それはその偽物を受け取る側の人間が、偽物である時だ。

フリーターの現状


はい。

さて、ここから
やっと本題に入ります^^;

フリーターはどれくらいいるの?


まずフリーターの定義ですね。
フリーターとは、フリーアルバイターの略で、定職に就かずアルバイトなどの非正規労働で生活費を得ている人。です。ただし、15歳~34歳が対象……(うわ、オレぎりぎりじゃねーか^^;今34歳です)そんなフリーターは人件費抑制のために正社員雇用枠を減少させた氷河期世代に多く産まれました(私も2005年卒なので、ぢつわ氷河期世代なのです)。

フリーターは2017年の時点で日本に152万人いるとされます。35歳~54歳の高齢フリーターは95万人計257万人のフリーターがいるわけですね(ただしこれは政府が把握している数)。

出典:総務省統計局

ただ、フリーターつっても、ここにきている人が知りたいのは【派遣、期間、契約なども含めた正規雇用されていない(将来的な安定がない)全労働者……つまりは非正規社員の数でしょう。】

日本の全雇用者数は5460万人であり、正規雇用が3423万人非正規雇用が2036万人です。

出典:総務省統計局
これには主婦のパートなども含まれるので、なかなかいわゆる「非正規かつ将来不安定な人」の実数がつかみづらいですね。

フリーターにも色んなタイプがいる


一口にフリーター
また、非正規といっても。

色んなタイプ。
色んな事情を抱えている人たちがいます。

1.努力次第で正社員になることも可能だが、無思考、危機感のなさ、倦怠、惰性、などの理由から何となくダラダラフリーター(非正規)を続けている人たち

2.労働能力や精神状態が並み以下、もしくは氷河期世代など外的要因により、正社員になることが本人の意思のみでは困難な人たち

3.夢や目標(ただ自由に生きたいなども可)のために、会社に縛られない生き方を望んでしている人たち


大抵この3つのどれかに当て嵌まると思われます。
そしてこの3つはそれぞれ別物です。先の転職アフィ記事は、1の人に向けてのみ有効で、2の人は追い詰められるし、3の人は余計なおせっかいでしょう。

もちろん当ブログ記事の対象者は2です。1の人たちは素直に正社員になっておきましょう。一昔前の正社員神話はもうなく、正社員の安定度も著しく低下してはいますが、非正規よりも上である事実は変わっていませんただし心身の疲労を考慮しない場合)私自身は2の人間であり、多少3の部分もあります。1ではありません。



フリーターの将来


フリーター。高齢フリーター
また派遣や契約、期間社員など
雇用が不安定な非正規の人たち

将来どうなっていくのか。




これは、
分かりません。




常識的に考えれば、
日本の将来が暗澹としているため、
正社員ですら暗い。
非正規社員の将来なんて
もっと暗いでしょう。

ただこんなありふれた予想はね。
件の転職アフィサイトにいくらでも書いてあるので、私の記事で同じようなことを書こうとは思いません。どうぞ、千篇一律の転職アフィ記事を見に行ってください。

能面ライターが書いた、千篇一律のアフィ記事をね。

正社員と非正規の生涯賃金の格差について


これなんですけど。
よく、正社員生涯所得2億
非正規社員生涯所得9000万

2倍以上の開きがある、と。
生涯所得平均データを取ってきた上で語られていますが。

飽くまで正社員の方は平均なんですよ。中央値でもない、平均というあやふやで実体のないもの。平均は一部高い人たちがいるだけで押し上げられちゃう代物。誰でも名前を知っているような超大企業の正社員も含まれてるんですよ?

まあ順当に
大卒で新卒入社、平均やや上の会社に勤め平均的に出世し、昇給もあり、ボーナスもあり、退職金もあって……

そういうスタンダードな人が
2億くらい
でしょ?

私はかつて正社員でしたけど。底辺正社員、名ばかり正社員だったので、年収は200万少々。昇給は基本なし。ナスはなし。退職金は雀の涙(定年まで勤めても)っていう感じでしたよ。あの辺の正社員やってたら定年まで働いても生涯所得は、1億ちょっとだと思う……^^;

しかも日本の衰退に合わせて正社員の待遇は今よりも全体的に悪化していくでしょう。


一昔前は正社員の生涯所得の代名詞

3億、だったジャン?

もう1億下がってる
これからも下がるよ、きっと。



更に。
フリーターなどの非正規を一定期間やっていると年齢も20代後半とか30代になっているので、これから正社員になっても2億は不可能です(新卒で正社員~定年まで正社員、じゃないと)。また、非正規の人が正社員を目指して正社員になれたとしてもその正社員は正社員全体のうちで平均以下の正社員……の確率が高い。

ナスなども含めて
年収300万程度の正社員になれたら
上出来な方
ですよね?

事実、正社員とはいえ昇給なし、ボーナスなし、退職金すら雀の涙、残業代もほぼサビ残、みたいな会社、いくらでもあります(中小なんてほぼそうだと思う)。


それって
生涯所得2億に、
とても届かない
ですよ?








だからアレはね。
不安にさせて、
正社員にならなきゃ!

と思わせてアフィを成約させるため

載ってるのね^-^

悩んでいる人を集める不安を増大させる解決策を提示する


マーケティングの基本です。

人生100年時代ってマジなの?



人生100年時代は
富裕層のみの話
だと思う。

だってさ。
医療が発達しているから寿命や健康寿命が延びて
人生100年時代になる
、っていう理屈だったでしょ?
まぁ確かに現在だけ見たら伸びてる。

あれ?

でもさ。

今の現役世代ってさ。
今の老人と同じレベルの医療





受けられるの?




生涯所得
社会保障費を負担してくれる人の数も、減。



つまり医療費は増大して、限られた人しか高水準の医療を受けることは出来なくなっていく未来

誰の目にも確か。


なのにさ。



どーーーーーして
人生100年時代なるのさ???





将来社会保障費が増大するのはワカってるし、そうなると望む医療を受けられない貧民が溢れ出るのも目に見えてるし。

多くの一般大衆にとって人生100年時代というのは絵空事なんだよね。


だから庶民が人生100年とか心配する必要ないよ。
ちゃんと死ぬから。


75歳くらいまで働ける仕事はあるのか?


現実的に、フリーターで生きていく人が直面する問題としては75歳くらいまでフリーターとしての仕事があるのか?

ってことなんです。


これに関しては
私の見解では

思ったよりなくならない。
と考えます。

何故なら、まず
AIが代替え出来る仕事が限られているから。

店員。運転手。事務。
工場などの作業員。

こういったものは自動化されるでしょう。

でもそれ以外の仕事は、
AIが代行できるのか??

AIが発達して働きたくない人間が働く必要のない世の中はくる?


これがくれば
私は日本に土下座するでしょう(いや、これまで殺されてきた人たちのことを思えばできるわけがないか)。

まぁでも
それくらいは嬉しいね。

フリーター問題っつうか
労働問題自体が解決だよね。

よくSFとかでもある設定だけどさ。
これなら未来はバラ色なんだけどさ。


でも実際、








「そこそこ」
だと思わない?







リアルに。

人間がやっている仕事を
AIが代行できる部分って

私たちが少なくとも生きている間では






そこそこ






くらいになれば上々だと思わない?



20年前にスマホなかったけどさ。

スマホができて



なんか急激に私たちの生活変わりましたっけ????????????????


何も変わってなくね?







本質的にはなーーーーーーーーーーーーんにも。
変わってなくね?










AI革命も、少なくとも
私たちが生きているあいだ

その程度の変化しか
もたらさないんじゃないかな
、って思う。


せいぜいが、店員(通信を含む)。運転手。事務。警備。工場。このへんの仕事が自動化されて消える程度じゃね???


そして重要なのは。


その職が消えたことで
あぶれた人たちの居場所はあるのか? 
用意されるのか?

ってこと。


AIは発展していくとは思うけど
政府はどうなんだろう? 
官僚は? 
経団連はどうなんだろう?

あの、
利権にまみれた日本の上層部がさ。






国民の幸せなんて奇特なものを、果たして
追及するだろうか……???







結局AIで得た富はさ
ぜーーーーーーーーーーーんぶ。
特権階級の人間にだけ流れていくような気がしてならないんだよね。






職を失った庶民
政府は【行き場】をちゃんと用意してくれるのか?

生きていける場所を……。






その部分、私は非常に
懐疑的。



本来ならね。
AIの発展によって人類は進化するはず。

単純労働から解放されて
芸術的、創造的な
仕事のみ人間が担当する
ようになる。

理想の世界だよね。

でも今の世の中は
金、金、金。
自分さえよければ良い。



貧者から成功者まで(もちろん私を含めて)心が貧しい奴が圧倒的多数を占めている(でもこれは社会全体がそうなってるからある意味仕方ないっちゃ仕方ないんだよねェ)。



政治の世界も利権で真っ黒。

みたいな感じだからさ。

いくらAIが発達しても
その理想郷に行きつけるか
どうかは分からない
んだよね。




だってこれだけITが発達して
ユビキタス社会に10年以上前になってるのに

日本社会の体質自体は70年、80年代から変わってないんだよ?
この2,30年で文明はすさまじい発展を遂げたけど、国民の意識や生活は未だに中世ジャップランドのこの国を見てくれよ?

これって権力を握っている少数の奴らが目先の金(つまり自分たちだけの快楽)にヒャッハーしてる証拠じゃね????


この現実が何を物語っているかというとそれはつまり、支配層が非支配層に奴隷からの脱却なんて未来永劫微塵も望んでないってことじゃないの?


この国、
AIが発達したから、
って




果たして変わるか???
奴隷(国民)の幸せを……


支配層は果たして考えるのか??


確かに単純作業なら今から10年くらいでAIに置き換われるくらいのモノがたくさんできるだろう。でも例えば清掃でも、床掃いてゴミ集めて机並べて、っていう具合に複数の仕事を自立した思考で考えて順立てて行動する、となったらどうよ? AIにそれ全部できるか? それが全部出来るとなったら、30年後とか40年後ってハナシになんない? そのころオレらは老後だぜ? AIは魔法じゃない。プログラムによって動くんだ。そんな魔法みたいなプログラムが完成するのが10年や20年先だと思うかい? 100年後なら人間が働く必要のない社会が完成してるかもしれない。
そう…………100年後なら、ね。



だから基本的に私は
働かなくてよくなる世の中
というものは信じてない。
AIがそこまで目覚ましい発達を遂げるとは思えないし。日本政府がそこまで国民を理想郷に導いてくれるとも、思えないから。

国民がみんな生活のために働かなくて済む理想郷と。一部の特権階級のみがAIの恩恵を享受し、職を失った大衆は生きるか死ぬかの福祉でギリギリ生かされてるような社会(てゆーかむしろ下から順次切り捨て)

だと。

後者の方が普通にきそうじゃん……?
(みんなもそう思わない?)
悲しいくらいに、
後者の社会になりそうじゃん……?

今の日本を見てると。












私たちが生きているあいだに、
人間が働かなくて済む世の中は、こないと思う。


理由として

1.我々が現役世代のうちにAIがそこまで神懸かり的な進化を遂げるとは思えない
2.支配層は非支配層の自由なんてものに一縷の価値も抱かない


AIが発展して働かない社会が来てくれたら、それでいいんだ。その未来になってくれるなら、万事ok^o^! でも、多分そうはならない気がするし。そうならない方を想定して人生プランを組んでおいたほうがいいと思う。

単純な仕事がAIに取られた上に国が助けてくれなかったら、能力の低い労働者たちはどうすればいいのか?


つまり、清掃員とか警備員とか配達員とか、私は無理だけど店員とか事務員とか工場作業員とか。そーいう誰でも出来る(と言われる)仕事がAIに取って代わられたら、そーいう誰でも出来る仕事しかできない労働能力の低い人たちはどうするのか? 

ってことですよね??

いやー、そうなったらさ。今更それよりも高度な(いわゆる普通の水準の)仕事に就けるはずもないし、国が助けてくれなかったら、
もう終わりですよ。
どうしようもない。


一生フリーターでも生きていく方法を語ります



まず、実家に戻ること。
実家で生涯暮らしていくこと。

これがフリーター人生プラン
前提となります。



一人暮らしをすると、
家賃、食費、
水道光熱費。


こういったものを
すべて自分で払わなければなりません。

これが実家暮らしだと
【家にお金を入れる】
という行為をすることで、
ここに掛かるお金を大幅に削減(事実上親に負担)できるわけです。

日本では実家暮らしで家に入れているお金が
平均で3~4万円程度らしいです。
仮に5万円入れていても、
一人暮らしの家賃、食費、水道光熱費よりも低い出費になるはずです。


実家で暮らして
金銭的にある程度親に依存することによって

生涯の生存コストを抑えるわけですね。

(もちろん実家暮らしをしなくてもいいパティーンもあります。ええ、パティーン。まず1つめがバイト先の寮などに住み、住居費を非常に安く抑える場合。もう1つは私が下記に紹介する実家フリータープラン並みに総出費を抑えた節約を独り暮らしでも可能にできる場合(結婚しても夫婦で節約し、子供を作らないのであれば可)。この2パティーンは、実家に戻らなくても大丈夫ですがどちらも現実的に厳しいと思うので、実家に戻れるのなら素直に戻りましょう)





また、
結婚をして子供を産む……
という方は、フリーターであっても
この記事の対象外
です。

それ、しなくても生きていけるじゃないですか。
この記事は飽くまで『生きていくこと』を主眼に置いていますから。

子供を産んじゃったらもう、自分だけの命じゃなくなる。










常識?

確かに、実家依存は
恥ずかしいという常識
もあります。

それはその通り
(常識ではその通り)なんですけど


一昔前はね。
ほぼすべての成人が
一人暮らしして(長男は実家を継いで)
結婚し家を建て家庭を持つ。




それが
普通だった。




しかし現代は。

まだまだ
それが普通、常識、と
認識されているけれども

実際にそれが可能な成人の数は明らかに減ってきている。特に収入が平均以下の人たちにとってはかなり難しいものになってきている。

常識、を語るなら
こういった現実からも目を背けるべきではないと思うんですよ。


人口減少、晩婚非婚、可処分所得の低下。


こういったリアルに出てきている数字を
見なければならない。



フリーターのままでも生きていくことは可能かも?しれない




かもれない(笑)って




いや、
日本が。

安泰ならまだしも……

バブル期とはいかないまでも
まあまあ安泰ならまだしも……



完全にもう完全に
斜陽国家だし。






皆も知っている通り、
今後どんどん衰退していくから。


「普通」の人ですら
ハードモードなくらいに
衰退していく
わけだから……




フリーターでも大丈夫だ、
っつう確約は
できない
んだよね。

国を動かしている連中は向こう40年くらいの日本の未来は見通してると思う。人口が減少し、その分をAI化で補う……みたいに、大体こういった国になっていく、っていうのは想定済みなんじゃかいかな? でもその想定が最悪なんだ……。国民の幸せを考えた想定(未来)じゃないと思う。自分たちだけが良い思いを出来ればいい。って感じで……。日本が貧困になっていっても、自分たちは良い暮らしを十分死ぬまで保てるわけで。
……そしたらそれで






全然良くね?????wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww









いや、俺たち(kokumiso)は良くないんだけど……。







これが日本の将来が比較的明るいなら。
現在の少子化問題にもっともっと早い段階で対策を打っててサ、今後の大きなリスクは地震と他国との戦争くらいかな?
って感じに安定してたら



そーいう国だったら

私だって

フリーターでもいいよ!
生きていけるから!
不安にならなくていいヨ!


って言います。

しかし
この国は将来



ガチな話





インフェルノかもしれないwwwwwww



フリーターのまま人生を生きていくプラン



フリーターでも

実家暮らし
節約生活をして
堅実に貯蓄に励めば。

平均寿命まで、
とはいかないけれど、
それに近い年齢まで

生きていける可能性は
あります。





つうか。

無理して正社員継続しなきゃ!
っていう強迫観念に
駆られた方が
死ぬ確率高いんじゃないの?

って人もいるから。





私は正社員で(転職を何度かはしつつも)基本定年まで、が無理な人、限定で言うなら

一生フリーターっていう選択もアリ
だと思う。



別に正社員で働き続けることもできるけど、自由のためにフリーターになりたいっていう人は別の自由に生きたい系のブログを読んでくれ^-^

(この記事は飽くまで必死になってやっても普通(つまり定年まで正社員)に届かない(自分の労働能力の上限がフリーターな)人たちに向けて書いてる記事です)






で。

人生プランっていうのは、
前も言ったけど、
自分のを自分で組むしかないんだ。
人それぞれ能力環境が違うから。

なので
今から私用のフリーター人生プラン
書いていきますけど。

まぁこれは、
参考くらいに見て。
ああ、こんな風に組むのか、
みたいな?



自分用の
フリーターで生きていく人生プランは、
1か月とかかけてじっくり、
自分で組んでみて下さい。



ただ私自身は
高収入でもないし(むしろ低収入)
投資で成功しているわけでも
全くない
ので


これを見ている
多くの方が比較的無理なく実行できるとは思います。

唯一の関門は実家への寄生、か。





私としては、
一生フリーターで生きていくなら、

実家住みである
基本独身。結婚したとしても節制生活に理解ある伴侶であり、子供は産まない


この2つが揃ってないと
非常に苦しくなると思います。
実家で暮らさない選択はギリギリなんとかなる。
節約の鬼になれば。






でも、子供は……



何歳まで生きるのか?



まずこれですね。
ゴールを決めておくこと。


こちらの記事で書いたように、
私は『70歳』まで生きること。

を目標としています。


70歳以降も
生存欲求が出てくる可能性もありますが

私自身が
社会的には普通以下の存在なので

70歳まで生きれたら良し、と

そう考えています。
(今ですら、心身ともにもうボロボロなので
自分が長生きできる側の人間であるとは
あまり思えないんですよね……)





平均寿命は80歳ちょっとですが
健康寿命は70歳ちょっとなので

「普通の人」すら
老後を不安視する現代社会
に於いて



私のような社会不適合者は
70歳まで生きられたら


もー
十分なんじゃないかと。






なので、
現在2019年

私が34歳。
ここから70歳まで生きるとして。




これを、
34歳~60歳までの26年間と。

60歳~70歳までの10年間に。


分けます。

最低限度の生活プラン+仙人プランで生きる


さて、ここで使われるのが
この記事


(本記事を読んでくれている方は、
この記事だけは(できれば先に)必ず読んで欲しいなぁ……)







最低限度の生活プラン

仙人プラン

2つです。
これを上手く組み合わせた。



まず、
34歳~60歳までの26年間

健康で文化的な最低限度の生活プランで生きる。

34歳~60歳の生活費/月

【家に入れる金】   20000
【各種税金】      8000
【医療費】       2000
【通信費】       5000
【交通費】       5000
【その他】      20000



月  60000円
年 720000円

これですね。



これだと必要な資金が
1年72万円×26年=1872万

これになんやかんやで予想外の金がかかることを想定して(26年だしね笑)余裕資金としての128万を足し



2000万。



この健康で文化的な
最低限度の生活プラン
に沿えば
2000万円あれば、
34歳から60歳までを
生きることが可能
です。




次です。

60歳から70歳。
この10年間を、仙人プランで生きる。

60歳~70歳の生活費/月

【食費】       10000
【光熱費】       4000
【水道代】       1000
【固定資産税】     5000
【各種税金】      8000
【医療費】       4000
【通信費】       5000
【その他】       5000



月  42000円
年 504000円
実家記事との変更点:60歳の時点で車を破棄するため、最大の不安要素である医療費にその分の費用を回しました)

もうこの歳になったらね。
ある意味人生終わってるんです。

充実した老後とか私興味ないんです。
最低限の衣食住があればいい。

なので、
仙人プランで生活が可能だと思うわけです。

となると
1年50万×10年=500万



500万。



仙人プランに沿えば
500万円あれば
60歳から70歳までを生きることが可能。




つまり、合計して




2500万円があれば



理論上は
34歳~70歳までの
生存が可能。



生存費用の2500万をどのようにして用意するか



という部分が
この記事の要諦であるわけですね。



さて。

この2500万を、
私はすべて『労働』によって
用意するつもり
でいます。



2500万
34歳から60歳まで
26年間で稼ぐ。



ということは、
2500万÷26年=96万

1年96万。

やや余裕をもって見て

1年で100万円を稼ぐこと
を目標とします。


(飽くまで1年で100万は基準。150万稼ぐ年もあれば50万しか稼がない年もあるだろう)




現在(2019.1)の
フルタイムではないアルバイト


月収10万円
年収で120万くらいになります



また労働とは言っても、
労働に付随する収入も含めるので、
例えば失業保険などもこれに入ります。
その他、webなどでの収入も。

(株式の配当金は不労所得になるので含めません)


年間100万円
26年間
2500万円を稼ぐ。




これを稼いだら、
私の労働はゴールです。









もーこれ以上は、
働きません。


明日餓死するよ、ってなるまでネ。





そしてここまでが、
セミリタイア

60歳からは完全リタイア


ですね。

もう正直ね、60歳以降も働くのは
私としてはアリエナイ。


ごめ、60歳でワシゃギブだわ……。


……だって、
60歳ですよ?


もう、家でいたい。
不条理を呑み込んでまで働きたく(生きたく)ない。



この歳になると、身体もボロボロ、
親も死んでいなくなり、
家には私一人
でしょう……。


なので
60歳を待たずとも、
2500万稼ぎ切った時点で
生涯の労働ノルマは終了です。


これ以上は、正直、
死んでも働きません。

働くくらいなら、
死ぬ。



ちなみに
2500万を稼いだ段階で、
60歳より手前にいたとしても、

私は完全リタイアに踏み切ります。

でもウン十年先のことでもあるし、先々また変更するかもしれませんけど…。

70歳以降はどうすんの?




どうとでもなれ、
ですね(どうとでもなれと
思う以外に方法がない
)。



医療が発達すると言っても、
日本は地獄化しますし?
人生100年時代とか
庶民にはまず縁のないもの、と考えています。




なので、普通の人でもせいぜい80~90歳くらいで大半が死ぬでしょう。

となると、私のような発展途上人間が70歳まで生存出来たらもう万々歳です。


いや。
今の老人ほど
長生きできるか……?^-^;



私は祖父母が高齢者で、あの年になったら身体がどうなるのか、というのをこの目で毎日見ています。

正直、
身体中ボロボロです。
まだ介護は必要ないですけど。

しかもですよ。
祖父母は定期健診、病院通い、と医療を受け続けて、やっとあの状態にあるわけです。またとっくの昔に定年で労働による心身のストレスも一切ない。



それで、あれなんですヨ(大病に罹っているわけでもないのにね?)。



対して我々はどうか?


我々が老後に
今の老人と同じ医療
が受けられるか?


大半の人は
受けられそうもない。


あれだけ医療尽くしの祖父母ですら
あの状態……


となると、

じゃあ(今よりも更に少子高齢化となった日本社会で)まともな医療が望めない私はもう70歳過ぎで順当に死ぬんじゃないか、と。

割と本気でそう思います。





でも一応ね。
それでも生きちゃった場合を考えて70歳以降のプランを一応考えておくと……

70歳からは
流石に年金も出ると思うし
(少ないうえに減額されてるけど)。







後は畑……






でなんとか生きるつもり。

(畑は今はごく一部を耕しているだけです。
全ての農地を使って農業をすれば
相当分の食糧(野菜)が手に入る見込みです。
道楽や趣味でやっているわけではないので、
この見込みがなければやってません。
(農業記事をまた今後(多分)書く予定なので、
詳しくはその時に語ります。)




それでも無理ならもう
終わり(自力で何とかすることは不可能)

なんですが、



でもその時、
70余歳……









まぁ
別にいいんじゃね?






























































ここまで長期投資の資金が一切出てきてないことについて





そう。


いくらなんでも
ここまでの
私の人生プランを見て

「こんなギリギリのプラン組んで、もしも、のアクシデントが1つでも起きたら速攻終わるじゃねーか!」


って思った方も多いと思います。






そう、
そのために。



長期投資に回している資金
ある。












現在長期投資資金として
存在する1000万程度の資金




また



今後も長期投資を継続していくスタイル(つまり可能な限り追加投資を行っていく)を
取るにも関わらず。



それらによる収益を
私はこの人生プランに
一切組み込んでない
わけです。





言い換えるなら
長期投資で稼いだ資金はすべて


「もしも」のときの

余剰資金として回すことができるわけだ。






ただし
その金額は
長期運用の結果に左右される
ので、

正直解らない。

↑↑↑↑↑↑この記事も読んでね!




投資結果は
1000万かもしれないし

運用が上手くいけば
2000万か、それ以上もあり得る。
(今後も追加投資していくからね)




逆にそこそこ悪い相場……
になれば

400万になることもあるだろう。

今1000万運用してて、これからも追加投資していく算段でなお30年くらい運用して最終結果が400万ってwwwwwwよほど運が悪いか私がバカ(あほなとこで損切り)やらなきゃそんなことにはならないと思うけど。




まーでも
この想定される上で
そこそこ最悪のケースである


最悪400万で損切りとかいう
負け確定の未来
になったとしても……

しても……


私は理論上は
70歳まで生存することが可能
だ。






そう。



運用結果によって
この未来は変わっていく。



投資結果が最悪(つまり全く期待していない)
未来でもコレだ、
ということ。







これ以上良くなれば
年間100万円の労働
減らせるかもしれない。
完全リタイア期も、60歳より前倒し
できるかもしれない。
一般人に近いくらいに老後の余裕
出るかもしれない。

本当にこれで生きられるの? Q&A


Q.親が働けなくなっても月2万を家に入れるだけでいいの?
A.多少今よりも生活は質素になるかもしれませんが、暮らしていけないほどではないと思います。

Q.介護についてはどう考えているの?
A.介護は必要になればするつもりです。一応私の親は年金の支給を考慮に入れると、自分が死ぬ迄の生活費(老人ホームなどの入居費や病気になった場合の入院費や手術費含む)の貯えはあります。

Q.親が金持ちなの?
A.これは直接関係ないですが、一応答えましょう。決して金持ちではありません。ただ全員が私並みかそれ以上の貯金厨であり、金を使う趣味を持っていないのです。趣味はほぼテレビで、テレビしか観ていません。私が子供の頃からテレビだけです。それに加えて親は私のような社会不適合者ではありません(ちゃんと正社員で定年まで、をやってきた(いる)人たちです)。でもまぁ確かにね……。親が散財しまくってるような家庭も知っているので……金銭的なその一面だけを見れば、私は恵まれています。

Q.車の買い替え代金は?
A.親のお下がりを使います。最後に乗る車(40代後半~)はもしかしたら自費で買うことになるかもしれませんが、なるべく低予算で買えば突出した出費になることはないと思います。車を手放すことも考えていますが、やはり通勤が不自由になり、勤務先が限定されるし雨風もまともなので……労働している限りなかなか車を手放せないです(バイク(50cc)限定の保有は選択の1つとして考えています)。

Q.大きな事故や怪我をした場合は?
A.健康保険と高額医療費制度である程度は対応可能かと。

Q.年金や健康保険、生活保護などの社会保障が形骸化した場合は?
A.形骸化の度合いにも寄りますが、全く機能しなくなったら詰みます。どうにもなりません。

Q.家の修繕費は?
A.考えていません。崩壊したらその時はその時です。多分ですが何とか建ってるでしょう。地震がきて倒壊したらその時に私も死にたいですね(圧死とか想像したら苦しすぎてわろち。。。。;-;)。

私が努力次第で親に頼らず自立していけるような普通の人間であるのなら、このブログ自体が存在していません。






さて。




【運用資産という余裕資金】を考慮しても
間違いなく大丈夫、とは到底言えません。

また、他にも不安要素は
見えてないだけでいくつもある
でしょう。






ただね。




自分が実行可能な限りの
将来のプランを立てて
それを全うする努力をする……


以上のこと、って人間、
出来ないんですよ。





それをやろうとしたら、
人生を丸ごと犠牲にしてしまうか、
どこかで命そのものを犠牲にしてしまう。




自分の能力で対応しきれないものに対して
不安になるのは、
不安になるだけ無駄であり、
マイナス
なんです。




考えないことこそが、
ベストです。




人生の本質は老後迄生きる、ことではない


つまりぶっちゃけ言うと
私の労働能力を考えた場合


『人生を平均寿命まで生きる努力』
に関しては


もうこれで十分過ぎるだろ?

ってこと。




労働面でこれ以上(年間100万)
努力をすること
人生そのものを破壊しかねない。







つーか これが限界(笑)










…………いや、
限界どころの話ではない。


正直なところ私が、

年100万
今後の人生で2500万
労働収入で得ていく
のは



正直無理なんじゃないか?
と思うくらいにキツイ……。




今だって、運よく良いバイト先
巡り合ったから働けているだけ
であって

この職場もいつ状況が悪化して辞めることになるかは分からないし(無理矢理しがみつこうとしたら、このブログの前提が崩れ去ります。多分私の命も……)





現状、いつでも辞メンタルを保つことでなんとか両の足が立っている状態ですから。




また、年間100万得るためにはそれなりには働き続けないといけないんだけど、そのそれなりにバイトを続ける、

がもう




かなり困難を極めるんではないかと。







この前のバイト。
私が5日しかもたなかったバイト


↑↑↑ええ、これ。




これでも世間一般な感覚からだと
『普通レベル』
だと思うんだ。


うん。時給800円くらいのアルバイトのおばちゃんがもの凄い仕事量をこなしているこのバイトが、日本のスタンダード。








とてもついていけない……。









なので、ぶっちゃけ
年間100万を稼ぐ労働は…………











きつい^-^;










かなり頑張らないと(私が)年間100万平均して労働で得ていくことは難しい。




ってな感じなワケなので。










このプランで何とかなるのか?
という以前の問題。






このプランを達成できれば……







私としては
上々、








否、








特上。





普通の人から見たら、
こんなんで生きていけないだろ?
のレベルでも
私からしたら
かなり無理してるワケで……







そしてこれ以上
ただ平均寿命まで生きること
にのみ注力
すると

マジで人生が終わる。







これ以上
平均寿命まで生きること
に注力
したら

もう何のために生きてるのか
分からなくなる
じゃん。











家族がいるなら。

子供は居なくても
愛する奥さんがいるなら。


平穏それ一択に捧げる人生
私は全然アリだと思う。

奥さんや子供が喜ぶ顔ってそれだけの価値があると思う。いや、知らないけど。






でも私は独身で。


今後も結婚することはない。





そうなると
最悪失うとしても、
私の命1つだ。


もちろん、命を失うことは本気で怖い。
でも、「守るべきもの」が存在する人生
存在しない人生では、安定に傾ける比重がまるで違う












例えばこれ以上安定に注力するなら
労働面で頑張るのは事実上無理なわけだから、



60歳からなどと言わず

たった今から
『仙人プラン』開始すればいいわけです。

もしくは仙人プランの前倒しだね。




でもそれだと、
流石に人生が枯れる。




仙人プランは趣味に金を割けないんだ……。




だから
34歳から仙人モードには、
流石になれねー

(晴耕雨読の人生を求める人なら
30代からの仙人入りもアリですケド……)


60歳以降は仙人プランを受け入れられる理由



逆に言うと、
60歳以降は仙人のような
生活を受け入れられる
と思うんですよ。

なぜかと言うと、


この歳になったらもう

あとは消化試合みたいなもんです。

それこそ
生存欲求があるくらいで

事実上の
人生は既に終わっている。







冷静に考えてみたら
定年の
65歳までは自分を犠牲にして働いて
そう、他者のための生、を生きて……
65歳(今はだけど)から
自分のための人生が始まる
って







それ
狂気じゃね?





人生1回目
とかじゃないんだよ?



人生は、
1回しかないんだよ?

(普通の人向けのハナシではないデス……。「普通」ならレールの上からでも人生の喜びを見つけていけるからね)











いえ、死んでもいいっていうんじゃなくて、
金を使った遊びとかはもういい。


…………てコト。



私は自分の親も含めて
割と老人は多く見てきてる方だと
思う
けれど。

60歳超えてさ。

何をそんなに
金使う遊びが楽しめる
よ?





余裕のある老後?
もちろんそれは欲しいけど……





人生をつぶしてまで
手に入れるモン
じゃない……。





それを普通の人並みに追い求めたら
全部が終わる。







余裕のある方はね。

週一度の外食、
月一度の旅行、

老後を楽しむプラン
考えてもいいでしょう。





また、日本のインフェルノ化に備えて鉄壁な対策を練っていくのもいいでしょう(窓ガラスを強化しましょう)。





でも私の場合は、
ここ(60歳以降、つまり老後)にリソース割いていたら



マジで


人生終わる。



人生丸ごと終わる。





だからもー60歳以降は

仙人プランがどうにか維持できますよ、
くらいの生活
が送れたら







十分(と、するしかない)。









逆に言えば、
それまでの
26年をどう生きるか
、が






私にとって






私という存在にとって












勝負







なんですよね。













いえもちろんね。


老後のために必死に資産形成して
老後日本人の大半が
地獄の貧困で苦しみ喘ぐ様
を見聞きして

エアコンのきいた部屋で
コーシーでも飲みながら







よっしゃあああああああああああああああああああ資産形成しててよかったあああああああああああああああああしてこなかったやつら死に絶え絶えでざまああああああああああああああああああああああああああああ





と思うのも一つの
人生の楽しみ方です。






そう。




コーシーでも飲みながらね。



このツイートのままの人生を送る人、
日本ではかなりいると思う。






ワクワクする人生を手に入れるために必要なたった1つのこと





それは、
必要以上に
悲観的にならない
こと。

です。


こんな将来が不安な
オワコン国家
で生きていたら、
悲観的になるのは解ります。



それが普通です。




普通の感覚だと
不安
になります。


私自身が、
自分の将来に対して
悲観的過ぎるほど悲観的な人間
です。



でもネ。


必要以上に悲観的になってしまうことは、
人生にとってマイナスにしかならないんですよね。



日本の将来、
老後を不安視して
対策を練ることは大事
です。



しかし。

自分の能力とそこから可能な努力を考えて、
自分に練れる最大限(人生をちゃんと楽しめるだけの余裕を持った)の対策を練ったら

もうあとは
それ以上不安になる必要はないんですよ。



自分が出来るベストな対策を講じて
そのための努力を十分したら



後はもう老後不安
日本の将来


なんて(本来は国が考えるべき)もの
は考えず



とにかく
人生を楽しむ
のが


どう考えても
賢い生き方
なんじゃないでしょうか?

いわゆる「普通の人たち」ですら困難な昨今の老後対策。私のような「普通以下」の人が完全に不安を解消しようとすること自体が土台無理なわけです。

今を楽しんで生きることが、何よりの老後対策となる




え? 

今を楽しんだら(お金を使ったら)老後が不安になるから逆だろ?
って思うかもしれないけど。

今を楽しむ、
つまり人生を楽しむ

ことによって




『後悔』の値


を減らせる


わけです。






老後全力の人生を送って


こうなったらどうする?





当記事と
前回の

は、12月頭から1か月近くかけて
ちまちまちまちま
書いてたんです私(それより前に書いたこれこれは11月中に仕上げておいたので。)










何で私が



わざわざ一か月近く使って
これらの記事を書いたか……








わかります?







もう
今後の人生で。




生存に対しての考察、
に時間を使わないため





書いたんですよ。

大きな状況の変化がない限りね。
もう、これでいく。









私は、ただ生きるのではなく

自分の人生を生きるため
残りの26年間を使いたい。


老後を生きるためだけに、
この26年間を使いたくない。






かといって老後を捨てて
今を全力
、ってのも
無理なんです。



それが可能な人は20代で起業、とか
やってるでしょう。



でも私には無理。


クズスペックだけど、
安定志向
なので……(←泣けるねっ!)



なので
最低限老後まで生きられるプラン
立てた上で……


その為に必要な努力(労働)はしていく、
とした上で……







私は
自分の人生を生きたい。













私の場合は運用資産が余裕資金となるが、そうでない人は?



現在貯金や株式などで
運用している資産がない
フリーターの人
ですね。

私は10年間社畜やって
1000万近く貯めましたが。






そういう貯金も(ほぼ)ない
フリーター
はどうするのか?




この人は、
上のプランに
プラスして行う労働分


余裕資産となります。




私が行う上のプランの労働……
見てもらえたら解りますけど


まったくもって
フルタイムではない
ですよね?




じゃあフリーターとして
フルタイムで働けば

年150万以上

時給の良いバイトなら
年200万は稼げるでしょう。


となるとあたくすの、
最低限度の生活プランを取り入れるとしても
その年50万~100万が余裕資金となる
わけです。


30年フリーターをするとすれば
1500万。

100万なら
3000万。


余裕資産がもてる。


(もちろんまだ20代前半で若いなら、多少無理してでも正社員でガッツリ1000万とか貯めるのもアリだと思う(死なないでね))

【ずっとフリーター】【ずっと正社員】といった観念に捉われず。自分が頑張れる分だけ正社員、後はフリーター、って感じでやっていこう。

実家住まいのフリーターなんて許されるわけがない


実家でフリーターを……

、もしくは自尊心が許さない。
と言われる方もいるでしょう。




常識的に考えれば。
実家住まいの正社員……
ならまだしも。
実家住まいのフリーター
家に置いておけない。

正社員になるか、
家を出るかしろ!

と。

なるのが、
所謂「ふつう」です。





私の親も、そうでした。
普通の典型のような人間ですから。





つまり、
フリーターの実家暮らしなんて
決して許さない人たち
でした。





かつてフリーターであった時も
一時的にはあった
わけですが

「このままではだめだ、
早く正社員で就職しろ」


常々言われていました。

なので、前の会社を辞めようとしていた時。
もうこれ以上正社員労働を継続していくのが限界であったので。家を出て、その状態でフリーター生活を送ることを真剣に考えていました。






もう、家を出るしかない。
本気でそう思っていた。


そんな私が、現在フリーターでいることを家族から許されている理由を語りたいと思います。



これはニートが許されていた理由。






そして、
フリーターが許されている理由

恐らく、
この2年近いニート期間が存在すること。
です。



このニート生活により
親は

「正社員で定年まで」
をコイツに望むこと自体が
難しいんじゃないか
、と思い始めました(多分)。


変な言い方ですが、
あの2年近いニート生活が
あったから



もうフリーターでもいい。
とにかくもう働いてくれていたらなんでもいい。


と思われているんですね。



それくらいに私に対する
期待値が下がった。



正社員にならなければいけない
から
とにかくフリーターでも
働いてくれさえすればいい


くらいに下がった。




これは
悲しい事実のように
見えるけど



これで
正式な認識
なんです。




もうどう取り繕っても。


私は普通の水準にいる人間じゃない



物心ついたころから
現在に至る
まで


私は周りと比べて
自分が普通の水準にいると認識したこと









1秒もありません。








(そう思い込もうとしたことはあってもね。
でも無理だった)











実際。








人生、どの地点を見返しても……

私と「普通」とのあいだには








圧倒的な格差
存在していた。









それを私は努力や精神力……
何より、心を殺すこと
なんとか誤魔化してきたけど……








如何せん、無理でした……。





逆に言えば、
これくらいの
紆余曲折がなければ


私の本来あるべき姿を
親が認めようとすることはなかったでしょう
(認めるといっても表面上、ですが)。



なので、これを見ている人が
実家でフリーター暮らしをしたいな、
と思っても。
親が世間一般の常識的な人間であるならば

その理解を得るという行為が
どれだけ難しいものであるか、
というのは私は嫌というほど解っている
つもりではある。

とにかく、私は親と核心的な話は一切しないんですよ。
今もしないし、昔っからしない。

一度、私が二十歳の頃、
何度も話し合ったことがあったんですけど。

その時ね。
ワカってしまったんですよね……。

全然思考回路が違う、って。
別の生き物レベルで理解し合えない、って。

これはもう
話し合って理解し合える程度を遥かに超えている
って。

「話し合い」が、成立しないんだ……。

親は私の主張や意見を何一つ聞かないし、
それが存在することを認めようとしないんです。


子供の頃からずっと。










でも、











でもさ、











釣るのは、やめよう。。。。




つうか、『私が』、
止めて欲しい。











釣らない……



で…?







釣る前に

家族に




助けて




って言った方が、
良い。






どうしても家を出なきゃならない場合は、
それでも正社員が無理で
フリーターで生きていく場合
は、

もう、仙人のような節約生活をしながら
生きていくしかないと思う。
娯楽はギリギリでスマホでのネットサーフィン。
後は図書館とか公園とか
無料の趣味
のみ。


頼れる社会保障は利用しよう。













最悪




















生活保護でもいい。


























これ、本人の了解を得てないから
(本人このブログ知らないから)
あんまり話したくないんだけど。














私のもう
10年近い付き合いの友達でさ。











親がカンペキな毒親で。
とても一緒に暮らせなくて。

また本人も精神的な障害があって(家庭環境のせい)
いわゆる普通に労働していくことが
できなくて。








10代の頃から
親元から離れて








ずっと
一人暮らしで







生活保護受けて
生きてる。










ずっと、
生活保護。















たまに働いているけど、
基本ずっと生活保護。
























それでも生きてる。





























生きてるんだ。



















私はこの生き方が
悪いとは微塵も思わない。





























スポンサーリンク
せみあど1
関連コンテンツ



シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
せみあど1