映画の紹介まとめ【2017~2020】







以前書いた記事の続きです。


★★★★★ 完成された芸術作品。
      心に今もなお残り続ける。
★★★★  完成度が高いか、
      もしくは強く胸を打つ尖った内容の作品。
      見た甲斐があった。人に勧められる。
★★★   良くも悪くもなく、普通。
      完成度はそこそこだが
      ピンとくるものがなかったり、
      あるいはあっても完成度が悪い。
★★    面白くない作品。場面によっては
      早送りなどしてしまう。
★     途中で見るのを断念した作品。


2017年


まどか☆マギカ

★★★★

バタリアン

★★★

フッテージ

★★

ショーシャンクの空に

★★★

奴隷区

紙の月

★★★★

四畳半神話大系

★★★★
オススメ!!癖のある味が病みつきになるアニメ。DVDboxすら金に余裕があれば欲しくなってしまうw猫ラーメン食いたい!

物語シリーズ



★★★★

ドラゴンボール 地球丸ごと超決戦

★★★
ターレスかっこよすぎ。最近ブロリーの最新映画を見たが、アレとこの映画となら完成度、敵キャラの魅力、ともに天地の差がある。

ディアスポリス

★★★
ダーティーイエローボーイズは良い

聲の形

★★★★

セーラー服と機関銃

★★

火の山のマリア

★★

あの日みた花の名を僕はまだ知らない

★★★

何者

★★

新宿スワン2

★★

ケンとカズ

★★

世界から猫が消えたなら

★★★

パージ3

★★★

さようなら

★★★

人狼ゲーム1

★★

人狼ゲーム ビーストサイド

★★★

ドクムシ

★★

心が叫びたがってるんだ

★★★

スクープ

★★★

スノーデン

★★★★

崖の上のポニョ

★★

夜は短し歩けよ乙女

★★
小説や漫画は素晴らしかったが、映画は、う、うーん、、

人狼ゲーム クレイジーフォックス

★★★



人狼ゲーム プリズンブレイク

★★★★

人狼ゲーム ラヴァーズ

★★★

人狼ゲーム マッドランド

★★★★

2018年

銀魂

名もなきアフリカの地で

★★

ノスタルジア

ヴァイラル

★★

スキヤキウエスタンジャンゴ

★★★

アーロと少年

★★★

インサイドヘッド

★★★★

人狼ゲーム ロストエデン

★★★★

人狼ゲーム インフェルノ

★★★★

ソウ レガシー

★★★

インクレティブルファミリー

★★★

日本でいちばん悪い奴ら

★★★

ウィッチ

★★

メアリと魔女の花

★★

ウォーキングデッド7

★★★★

ダークナイト

★★★★★
信念はあるさ。生きて苦難を乗り越えれば人は イカれちまう

2019年

銭の戦争

★★★

銭ゲバ

★★★★

ここで、くろやぎ氏は、病気になりました。
これ以前に観た映画を思い返すとき、
「ああ、あの時は身体が痛くなかったんだ」
って思ってしまう。

シュガーラッシュオンライン

★★★★

拷問男

★★

ビューティフル・デイ


★★★★

フロリダプロジェクト


★★★★

2020年

シンシティ

★★★

SOW

★★★

SOW2

★★★★

SOW3

★★★

ドントヘルプ

★★

ルパン三世 天使の策略

★★



ランドオブザデッド

★★★

ギブミーヘヴン

★★

蝋人形の館

★★★★

サッドムービー

★★★

トゥルースオンデア

★★★

デトロイト

★★★★

ネイビーシールズ

★★★

遊星からの物体X

★★

こぼれる月

★★

コロンビアーナ

★★★

ザ・レイド

★★★

チャールズマンソン

★★★

SAYURI

★★★

青空のゆくえ

★★★

クレヨンしんちゃん 引っ越し物語

★★★

ハウスオブザデッド

リンダリンダリンダ

★★★★

春の居場所

★★

青いうた

★★★

赤線

クワイエットルームへようこそ

★★★

運命じゃない人

★★★★

プリズンエクスペリメント

★★★★

ハンガーゲーム


★★★(2は★3はみてない)

彼女の人生は間違いじゃない

★★★

フリント

★★

グラウンドデス

★★★
事故で地下の一室に閉じ込められた男女の話

ジョーカー

★★★

ボーダーライン

★★★

グランドイリュージョン

★★★

ザ・マミー

★★

ミスミソウ

★★★★


メールでもTwitterでもいいので、オススメ映画があれば教えて下さい。

【おまけコラム】夢で泣いて目が覚める(家族について)


2021年。ある日の話。
夢で泣いて目が覚めたのはおそらく何十年ぶり?10代以来かもしれない。そもそも泣いたこと自体、確か11年ぶりくらいではないかと。目が覚めてからも数分私は泣き続けました。嫌な夢は山ほど見ますよ。過去の職場の再現とか。未だにうなされます。しかし、それで泣くことは一切ないです。当時も仕事で泣いたことはないです。心は死に絶えましたが、泣く方向には向かってないものなので。

私が見た夢は祖父母の葬式の夢でした。二人とも急に体調が悪化し夢の最初では生きてたんですが、半ばで死にました。私の見てない所で死んだので、死んでからもう祖父母と話せない、後戻り出来ない事実に私は子どものように泣き続けました。葬式の場面ですが、祖父母の遺影を手に取り、もっと話したかったと声を上げて泣きました。そのまま目が覚めたわけですが、目が覚めてからも数分泣き続けました。祖父母ともに80を越え、近いうちにこの夢は現実になるからです。私は久々に自分の感情を見ました。確か25の時に泣いたのが最後で、それ以外苦しい怖い感情以外には出会ってなかったからです。そして私は近々訪れる祖父母の死を、まるで覚悟がないのだと。このまま祖父母の死に直面することは裸のまま戦場に放り出されるかの如く無防備なものだということ。親の死が受け入れられない。なぜなら、感情、時間が20歳あたりで止まっているから。あの辺で心を殺し、感情を殺し、その後自分の心にほとんど触れてきてないから。そのうち触れようにも触れられなくなったから。以前ホテルで1人泊まり、これから来る親の死と向き合おうとした時、そのことについて何も考えられないほど、心が人間を辞めていた。





風木之悲

扠、上の話に通ずるのですが、私はこの頃(2021.9)ある事を企画します。現在はコロナ過であり、外出・外食もままなりません。そんな今だからこそ、外食の重みを思い知らされました。コロナがマシになれば、家族と積極的に外食をしたいと考えるようになりました。もちろん、その辺りの食堂やラーメン屋などですが……と、考えるのも、祖父母はもう80代で、いつが最後の入院となるやも知れず、その上彼らの喜びは(私が断定するのもアレですが)食以外にないように見えるのです。そしてそれは前回話したように、私も然して変わらぬといったところ。ここは全力で家族総出でグルメを、愉しむべきではないのか、と。飲食之人となるわけではありませんが。。私の企画とは、コロナが収まれば行ってみたい地元のグルメを(大体車で片道20分圏内)列挙しておくということです。

医食同源、日々の食事を大切にし乍ら……









関連コンテンツ



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする