社会不適合者は、かく語りき。







……金、金、金。

どうしてこんなにも
我々一般市民までもが
金に囚われ続けるか分かるか? 

それは、この社会では
金がなければ
尊厳を殺される
からだ。
金がなければ
人間扱いされない
からだ。

そしてこの腐った金という
概念から逃れるためには、
金を持つしかない。



……矛盾してるだろう? 


金があれば何が得られる? 


旨いメシか? 
いい車か? 
大きな家か? 

そんなものは
すぐに飽きるさ。
そんなものは
並のレベルのものがあれば十分だ。





金があって
得られる真に価値のあるもの
とは、
殺されない心、
奪われない尊厳。


そして
拘束されない自由な時間。

ただそれだけだ。

金があれば、
したくないことをしたくない、

と言えるのさ。





そしてその程度のものですら
金がなければ得られない
仕組みにされている
時点で、
この国は完璧に狂っている。


金があって得られるものよりも、
金が無くて奪われるものの方が、
圧倒的に大きいのだ。



かくいう私も、
随分と金に囚われた人生を送ってきた。

金のために、
最低限度の生活のために、
己が心を……
己が尊厳を
殺して何年も働き続けてきたよ。



私は
……人でありたかった。



金なんて
生きていける程度にあればいい
……本気でそう思っていた。

だが現実は、
最低限生きる程度の金を得ることさえ、
魂丸ごと、人生丸ごと差し出さなければ
この国では得られなかった
のだ。






普通の人はそんなことないと?

その通りだ。
だがその普通の人、が何人いる? 

この先鋭化していく資本主義社会
まともに泳いでいける普通の人たちが……

ここ数十年で


随分減ってきているんじゃないのか? 



そしてそれを自覚していない者
また数多いのが事実。


……この国に住む多くの無自覚な死人層は、
金を得るために
知らず知らずのうちに
心を殺されている。



金は心を殺すのだ。
決して生かしはしない。

何故なら
金に生かされる心というものは、
本来何もしなくとも在るべき心だから
だ。

故に金は一方的に心を殺すのみ……。





社会に蔓延る数多の不幸は、
金がない
ということから来ている。

金を持っていないことが問題なのか? 
そうじゃない。

問題は金がないというだけで
あまりにも多くのものを
失わなければならない
この現代資本主義社会こそが、
問題
なのだ。



衣食足りて礼節を知る。
恒産無くして恒心なし――
というだろう? 

この国ではその通りだ。


金がなきゃ心が廃れる。
だから金を持ちましょう、
となる。



それが正解か? 
そう思うならそいつは馬鹿だ。



それは正解じゃない。






それは、
そうなるように
仕組まれた世界での答え
だ。

世界は、
社会はそうなっている――
じゃない。


そうなっているんじゃなく、
そう仕組まれている
んだ。



一部の『持つ者たち』によってね。



世の中金がすべて、は
支配者にとって都合よく造られた
支配者のための公式
なんだ。

しかしこの考えは、甘ったれによる甘ったれのための公式だと云われる。人権とか道徳とか抜かしてるけど、仮にそんなものが実現された社会よりも、今の競争社会の方が事実としてより多くの富を世界の人々にもたらしてくれてるという考えがある。今、社会がこれだけ発展してこれだけ豊かで高度な文明を維持できているのは、ぜんぶ、私が煙たがっている支配者たちが自己利益を追求して競争してきたおかげだという。仮に私みたいなゴミ以下の価値観で社会が廻ってたら、この世界はまだまだ村社会で、変な国教がまかり通ってて、結局今よりもずっと遅れた文明で程度の低い生活をしていて、医療だって科学だって全然発展してなくて、その結果多くの苦しみが生み出されて、それに向き合う時に私は結局、人の醜さに直面して嘆く。つまり私は、自分が勝者になれなかった競争社会を否定したいがあまりに、競争社会であるが故に生まれたあまりにも多くの富を、恩恵を、それによって得られた幸福を、丸ごと不可視してる。





競争社会故にもたらされる富。それがまさに今の社会の姿だ。確かに今の社会は資本主義によって多大なる富をもたらされている。だが弱者は当然のように淘汰される。そしてそれは仕方ないこととして処理される。――対して私の主張は、これと対立しているものではなく、この進化系として在るもの、ではないだろうか。切り捨てられる弱者を救うことが、イコールして今の競争社会がもたらす果実を減らすことには繋がらない気がするのだ。――だが、現実的にどうなるかはやってみないと分からないし、既にこの社会に適合している人間からすればそれはやる価値すらないことなのだ。




是正すべきは、
個人ではなく社会の方だ。


自己責任だの
自業自得だのを
どうこう云う前に、



是正すべきはまず
少数の強者のために
多数の弱者が犠牲になっている、


この社会なのだ。











  
……この社会は、
死に物狂いにならないと、
食べてすらいけない
社会だ。

だからみんな、
死に物狂いになって働き、
尊厳を売って、








飯を食っている。








仮に最低限の生活さえ保障されるというなら、
すぐにでも仕事を、
少なくとも今の
身を切るようなストレスを抱える仕事
一も二もなく辞める、
またはそんな仕事でも
いざとなったら辞めればいい
辞めても生活は保障されている、
として労働の中で自分の尊厳を守って働く、
働ける、結果――労働環境が変わっていく、
という風に動ける
人間は大量にいるだろう? 



だが最低限度の生活が
国民に保障されていない現状では、
それすらもが不可能
なのだ。





かつての私のように、
仕事を辞めることが
そのまま死に直結する。





――さすがは
完成された奴隷社会だよ。




働きたいのではなく、
働かざるを得ない。





でなければ、
安定した生活が手に入らない? 
でなければ、
欲しいものが買えない? 









違う違う――







でなければ

食ってすらいけない、
生きてすらいけない


レベルなんだ。












関連コンテンツ



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする