仮想通貨長期投資家さん、草コインを買ってしまうwwwwwwww


















2022年














仮想通貨














暴落……!!





















一時は半値に……!














仮想通貨長期投資家()














のくろやぎ














ちまちま労働
貯めたお金を














投入……!



ポルカドットとは
ポルカドットは、複数の異なるブロックチェーン間の相互接続を可能にするブロックチェーンプロジェクトです。分散型ウェブの実現を目指す Web3 Foundation が開発しました。 ポルカドットは、中心となるリレーチェーンのほか、様々なタイプのデータや価値の交換を可能にする相互運用性を、パラチェーンと呼ばれる並列する複数のブロックチェーンで実現しています。 ブロックチェーンを並列して運用することでスケーラビリティ問題を解決し、パラチェーンのセキュリティ機能をリレーチェーンにプールすることによって安全性を高めています。

引用:ビットフライヤー(このリンクはアフィではないですw)













そして

(スクショした時は70000円入金時でしたが、この後追加で5000円入金し、合計75000円で買い増した)





↓↓↓↓↓↓↓↓







購入……!














草コイン……!














XRP,LINK,DOT,XTZ,XLM,XEM,BCT,MONA(←こいつはどぶがね臭パないw),LSKを




チェーンリンクとは
チェーンリンクとは、実世界の様々なデータとイーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトを接続する機能を持った分散型サービスです。 スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で特定の条件が満たされた際に契約を自動的に実行する仕組みですが、その条件の中で実世界のデータが必要となるケースは少なくありません。 チェーンリンクは、信頼性の高い実世界のデータを提供するデータプロバイダーにインセンティブを与える仕組みを導入し、全てのスマートコントラクトが提供されたデータを安心して使えるような環境づくりを目指しています。

引用:ビットフライヤー













圧倒的購入……!














75000円もの金を

テゾスとは
テゾスは、スマートコントラクトや分散型アプリケーションでの利用に適したブロックチェーンプラットフォームです。独自技術により、社会的・政治的・経済的なイノベーションを世界規模で推進することを目標としています。 テゾスがユニークなのは、ネットワークを互換性のない 2 つの異なるブロックチェーンにフォークさせることなく自身をアップグレードできる自己改訂機能を備えている点です。 これにより、コミュニティ内での意見対立により開発者コミュニティが分裂するといった事態が発生せず開発リソースが分散しないため、安定した運営を行うことができます。

引用:ビットフライヤー













投入……!














豆乳……!















草コイン……!














時給900円くらいで

ステラルーメンとは
ステラルーメン(単位:XLM)は、ステラ開発財団が開発した分散型台帳で発行された暗号資産(仮想通貨)です。安価で使いやすいグローバルな決済システムを作ることで、より多くの人々が金融サービスを利用できるようにすることを目標としています。 元々は、リップルをベースに開発されていましたが、その後独自のコンセンサスアルゴリズムである Stellar Consensus Protocol(略称:SCP、ステラコンセンサスプロトコル)に移行しました。 この独自のコンセンサスアルゴリズムにより、マイニングを必要とせず、迅速かつ低コストで大量の取引を処理することができています。

引用:ビットフライヤー













ま……!



















貯めたを……














草コインという

ネムとは
ネム(単位:XEM)は、新しい経済運動(New Economy Movement)の略称で、そのネットワーク上で発行された暗号資産(仮想通貨)です。国や政府が管理する既存の枠組みではなく、分散化、経済的な自由、平等といった原則に基づいた新しい経済の枠組みを確立することを目標としています。 ネムでは、Proof of Importance(略称:PoI、プルーフ・オブ・インポータンス)というコンセンサスアルゴリズムを採用しており、コミュニティーへの貢献度が高い人が報酬を得やすく設計されています。 POI の採用により、ブロックの承認時間は約 1 分程度です。Proof of Work(略称: PoW、プルーフ・オブ・ワーク)のようにコンピュータを使った高度な計算処理を行うことなく、取引を承認できるのが特徴です。

引用:ビットフライヤー













意味不明なもの()に















入……!



イーサリアムクラシックとは
イーサリアムクラシック(単位:ETC)とは分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームです。コミュニティの合意形成を行う仕組みにはビットコインと同様に Proof of Work(略称: PoW、プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。イーサリアムクラシックは、基本的にはイーサリアムと同様の機能を持っていますが、発行数に上限があり、減少期を定めている点で異なります。イーサリアムクラシックの発行上限は約 2 億 1.000 万枚で、500 万ブロックごとにマイニング報酬が 20 %ずつ減少します。(2019 年 10 月時点)承認速度はビットコインが 10 分を要するのに対し、イーサリアムクラシックは約 15 秒で完了します。通貨単位は「 ETC 」で、最小単位は、 0.000000000000000001 ETC で 1 wei と表現されます。

引用:ビットフライヤー













75000だぞ!?













75000……!













シャレにならん(笑)

















75000円













80時間くらい働かないと














に入らない……!

ビットコインキャッシュとは
ビットコインキャッシュ(単位: BCH )は 2017 年 8 月にビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨です。 2017 年当時、ビットコインの需要が急増したことを受け、送金速度が遅延したり手数料が高騰していました。このような事態に危機感を抱き、ビットコインの利便性を高めるため中心的なコミュニティとは別に開発を行うコミュニティが発足し、ビットコインキャッシュが誕生しました。ハードフォークはもともと、ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を変更するアップデートのことを指します。ビットコインキャッシュのように、開発者の間で意見が分かれた場合、本来は一つのコミュニティによって支えられていた通貨が二つに分裂し、それぞれが別の通貨として支持を集めたり開発が行われたりする事態に発展する可能性もあります。

引用:ビットフライヤー













( இωஇ )

















そんな













コインに……

モナコインとは
モナコインは日本の電子掲示板サイト「2 ちゃんねる(現在、「5 ちゃんねる」に名称変更)」で Mr. Watanabe(わたなべ氏)を名乗る人物によって開発されました。2013 年 12 月にモナコインのベータ版が公開され、その後 2014 年 1 月にモナコインの公式版のリリースが行われ、本格的な運用がスタートしました。モナコインの名前は「 2 ちゃんねる」を代表するキャラクターの「モナー」が由来となっています。現在では東京・秋葉原を中心に根強い人気を誇るサブカルチャー発の仮想通貨として知られています。

引用:ビットフライヤー













投入……!

リスクとは
リスク(Lisk)とは、Max Kordek 氏と Oliver Beddows 氏が開発した分散型アプリケーション構築のためのプラットフォームです。プラットフォーム内で使用されている仮想通貨(LSK)も同様に「リスク」と呼びます。分散型アプリケーションとは、企業や銀行などの中央管理者がいなくても稼働するアプリケーションのことで、Decentralized Applications (略称: DApps)と呼ばれています。DApps はアプリケーションを利用する参加者全員がデータを分散管理し、仕様変更などの意思決定に関わることができます。リスクの送金処理時間は 10 秒に設定されているため、短時間での送金が可能です。リスクの発行上限は設定されていませんが、 300 万ブロックごとに新規発行枚数が減少するよう設定されています。

引用:ビットフライヤー


え? こんな数字で数字を増やす行為より、この金を消費(買い物)に使った方が、社会の為になるんじゃないか、って? ……なるよ^^(この10万円のお札を私が自宅で保管し続けたら、その10万円は社会から消えてしまったのと同じことなので)













でも
仮想通貨長期投資家()
として














見逃せなかった













この買い場()は……!




そういえばこの記事で、私、コロナで高騰した株式に対して、

(このお笑いみたいな上層相場に「乗る」か「乗らないか」で、その人のその後の人生やその人自体の価値(生き死に)が決まってしまう世の中って……^^; なんか根本的におかしくね??)

って言ってたじゃないですか(笑)↑これね、なんかおかしくね? ……じゃないんですw 確実におかしいんです(この社会)^へ^;












そしてその、
確実におかしい社会で、
我々生きていかなきゃ
ならない
んですよ。
























まあ













ぶっちゃけ













大したではない。





正直ブログのネタレベルw(あ、言うまでもなくこの記事の為に買ったワケではありませんwこの記事の為に75000円も出せるワケないでしょう。出せて750円です^^;)













ガチ利益を出したいならこの10倍














人生変えたいなら100倍は賭けないといけない














しかも分散せず……wwww



どうすれば仮想通貨で儲かりますか?


まず100%儲かる方法というのはありませんが、運や手腕次第では儲かる(それなりの利益が期待できる)やり方なら紹介できます。これらのやり方以外で儲ける方法は、多分ないです(仮想通貨FXは私が全く関知してない分野なので除きます)。

草コインに100万単位で突っ込む
まず、これです。今後、10倍とかになる(なりそうな)草コインに100万単位でぶち込んでおいて、10倍になったら利確し(100万だったら)900万をGETする方法。ただし、その草コインに将来性があるかどうか見抜く観察眼と何より運が必要です。【自己責任で】


鉄板コインを値下がり時に500~1000万くらい買う
ビットコインなど既に確固たる地位を確保している鉄板コインが大きく値下がり(例えば今回2022年1月)した時に、500万~1000万を突っ込む。相当勇気が要りますが、これで元値に戻すところまで待てば、かなりの利益を得られます。今半値まで下げたので、1000万なら1000万近く手に入ります。正直①よりは②の方が勝つ確率が大分高いと思います。しかし、その分よりも倍率が低いので大きな金額を張らないといけません。【自己責任で】


雰囲気詐欺をする
自分は仮想通貨は一切買わず(買ったと見せかけたり、見せかけ程度まで買う、またこの方法で儲けたお金で買う、のはアリ)、「仮想通貨がお得だよ!」「これから儲かるよ!」などという甘い言葉で大衆を操りアフィリエイトして紹介料を貰ったり、商材などを売ったりと、稼ぐ情報を売って稼ぐ方法。まー外道のやることですが、そういう倫理面を考えなければ賢い手段ではあります。まだ逮捕者とか出てないしね。①②③の中で最も堅い方法(リスクがないし失敗しても失うのはほぼ時間だけ)なのです。腐れ外道ならやりましょうw【法規制強化求むw】










私はぶっちゃけ
仮想通貨投機って
やってることは
カジノ赤黒ルーレット
変わらないと思いますw








( ω )




リップル(XRP)とは
リップル(XRP)は、テクノロジー企業「リップル」の金融機関向け国際送金ソリューション RippleNet で利用されている仮想通貨です。発行上限数量は 1,000 億 XRP で、既にすべて発行済みであるため、ビットコインなどのマイニングのような新規生成の仕組みはありません。RippleNet は、複数のブロックチェーンや決済ネットワークを接続可能な技術 Interledger Protocol(略称: ILP)を基盤とする、On-demand Liquidity(略称: ODL 。旧名: xRapid)が中心となっています。国際送金の際は、例えば日本円など法定通貨を XRP に変換し、独自ブロックチェーン XRP Ledger を介して宛先国に即座に送付、さらに宛先側で XRP をドルなどの通貨に戻し受取人に転送します。いわば XRP は、異なる通貨を橋渡しするブリッジ通貨となっているといわれています。また、 RippleNet に参加した銀行や決済サービス事業者は、0.001 ドル程度の取引手数料で約 3.6 秒という速さで国際送金を行えるといわれています。24 時間 365 日利用可能で、毎秒 1500 件の取引を処理できるとされています。この高速な送金には、独自のコンセンサスアルゴリズム XRP Ledger Consensus Protocol(略称: XRP LCP)が貢献しています。XRP LCP では、取引の承認を行うバリデーター(英: Validator)という存在が検証を行い、正当と判断すると合意形成されたものと見なされます。マイニングのような複雑な計算が必要ないため高速に処理可能です。

引用:ビットフライヤー













今回買った草コインたちが、
30年後には立派な大樹
なってくれていることを願います。



・・・そう、
【虚構資産】として……。




仮想通貨ってぶっちゃけ何なん?って思う人はこれ↑を読みましょう。





【そして驚き桃ノ木の真実が……】

私は、ビットコイン
30万円の時に買いました^-^




暇人向け:最新のオススメ記事
↓↓↓↓↓↓↓↓




超暇な人これ↓を読みましょう。

Multiplex 広告



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする




error: Content is protected !!