長期投資相場が暴落している今だからこそ伝えたい





伝えたい、って書いてるけど、
そんな重要な事じゃないですw
暇つぶしのコラム程度で読んでもらえたらな、
っていうレベルの話です^^;






で、
2022年
ロシア・ウクライナ情勢により
株式相場、投資相場暴落しています。
米利上げで上値がぐらついている
最中に起きたため一気に相場下落
ダウも最高値の36000ドルから
32000ドルまで
5000ドル近く下落しました。
(私の投資資産も、今ざっと見てみたらこの時より180万くらい下がってました。……えっ?180万?^^(くろやぎ氏は考えるのを止めた))
今後もどうなるか不安定なままです。

長期投資をされている方は
心理的・精神的に大きな負荷
かかっているのではないでしょうか。
私も大きな負荷がかかっています(笑)
まあまあ憂鬱ですwこれだけ張ってますからね^^;






そして、
今回のように暴落している時だからこそ
伝えられることがあるのではないか?
と思いました(酔狂で)。

本来は普段、つまり通常の相場や
上層相場であっても
同じ
なのですが(ロジックは全く同じなので)
暴落下落の時こそ、
心理的に解ってもらえるんじゃないか
と思って(酔狂で)。
(ぶっちゃけ解ってもらえても、
もらえなくても個人的にはどうでもいい話なんですがw)





それは

界隈のトップ層にいる人たちと一般人は、次元が違う


ということです。

要は、ほぼほぼ参考にはならない
のですね。

長期投資界隈
有名人・大物
安全、安心だからといって
一般人安全、安心だ、
ということではないってこと。

なぜなら、次元が違うから。


長期投資界隈。
インデックス投資界隈。
米国株界隈。


トップ層有名な方は
まず、資産額が違います。

つまり、

多額の資産を株式に投資してもなお
安全なアセットアロケーションが組める
わけです。

(これが理想的な長期投資であり、
この記事最大のポイント)





安全な、
持ち続けられるアセットアロケーション
でも
実感できるレベルの投資利益が出る、
ってこと
です(同じこと2回言うなってw)。

一般人は、これがまずできません。
額が少ない分、そこそこリスクを取らざるを得ない。
そうなると、一般人界隈の有名人レベルでは
暴落での精神的なダメージが全く違ってきます。






分かりやすく言うと、
総資産が2億あったとします。
トップ層ならこれくらい
総資産あっても
おかしくないはず(何となくだけどw)。



その2億のうちの6000万
これを株式にしていたとする。
大きな額ですよね、6000万

私みたいに1500万程度だと
マジでやらないよりましレベル、ですが
6000万あればね。

そこまでの投資額なら
まあ、そこそこ意味はある
言えるでしょう。






しかし、それで暴落しても?

2億持っている人からしたら1/4程度です。
暴落したとて? 
それほどの
精神的ダメージではありません。



こういう位置(次元)にいる人が、
界隈のトップ層なんです。



・・・自分と比べてどうですか?

同じですか?

全然違いますよね?^^;




確かに彼等もまた
本物の富裕層ではないかもしれない。
(私は総資産10億からが本物の富裕層だと思っているので)

しかし、一般庶民とは

次元が違う。




少なくとも参考になるような対象ではない。

界隈のトップ層と一般人は、別次元


総資産も、投資資産も、
そして金脈もね。

次元が違うから、精神的にも全く
別物
なんです。

例えば総資産1000万くらい
700万くらい株式に投資している人……
これくらいの人、結構いるんじゃないですか?
(この人をとしましょう)

これと、先に書いた
2億総資産があって
6000万株式に投資している人を比べてみて下さい。
(この人をとしましょう)




A=一般の長期投資家
B=界隈のトップクラス

・・・
どうでしょう?
共通点ないよねw


さんがさんを
心の支えとして見に行ってるのを……
(傍から)見てどう思います?

いや、全然次元の違う人じゃんw
って思いません?^^;
動かし難い事実として)
共通点はマジで、
株式(長期)投資をしてること、
くらい
しかないw


年収200万の人が、年収1000万の人の生活を参考にしようとしているのに似ています。・・・え、それ、何を参考にするの??





あらゆるもの、
特に重要な次の2項目……

・総資産
・アセットアロケーション

がまるで違う。

ってことです。
そして何度も語っていますが、




長期投資これ(投資金額)が違うと、
たとえ同じVTとかVTIとか(それに連動する投信)に
投資(積み立て投資)していようが、
内容・結果が
完全に別物になる
んです。


長期投資は、本来は金持ちがするもので、庶民がやるもんではありません。別にやってもいいけど(やるかやらないかでいえばやった方がいいけど)、本領発揮できるのは(投資額の大きな)金持ちがやった時です。
ウォーレン・バフェットがアメリカのインデックスを買えと妻に言ったことが、長期投資界隈でよく言われていますか、バフェットの奥さんと、一般人、どれだけ違うでしょうか?

片や、世界一の投資家の妻
片や、一般人

むしろ
同じところがない
です(笑)

バフェットが、一般人に金持ちになる方法を助言するとしたら、恐らくリスクをとってビジネスをするか、短期集中投資(長期インデックス投資とは真逆のこと)をしろ、と言うはずです。


有名であればあるほど、有名ということで金を稼げる


次は収入の話。

有名であるほどビジネスチャンス
金の経路が生まれます。

これも、事実として。
あ、別にそれ自体を否定はしてませんよ。
私も逆の立場だったら
(ある程度は)
同じことをするでしょうし。
長期投資は投資額依存だから、金持ちがする長期投資一般人がする長期投資全くの別物、っていう事実は伝えると思うけど】




いずれにせよ、一般人
界隈のトップ層とは
【別物】
という意識
持たないといけないですよね。


なぜなら、それが事実だから。
どうしようもない現実だから。



どう考えても、
同じ、じゃないから。


相場が大きく下落した時、不安になって、大物投資家を見に行く(心の支えとして)。しかしその、大物投資家は、自分とは違う次元(立ち位置)にいる。……悲しくないですか、これ^^;





で・・・
有名であれば、
その方法自体(例えば長期投資)だけでなく
その方法を紹介すること
(言ってしまえばツルハシを売る事
でお金を稼げます。

稼げますというか、
有名になるほど
ツルハシを売って稼げるように
なってきてしまう





少し話ズレますが、
自分もツルハシを売ってるわけだから
ツルハシ売り(最初からそれ目的の人(ゲス))にも寛容になっちゃうでしょうね^^;
詳しくはここの記事に書いてます。








そしてその(長期投資以外で稼ぐ)金額が、
有名な界隈のトップ層とかになると
洒落にならない場合もあるでしょう。


本業がサラリーマンだったら
その本業を超えてしまったり
それこそ、
長期投資自体で稼ぐ
お金を軽く超えて
しまったり……

普通にあると思います(そしてそのお金をまた投資に振り分けれるんです。もー無敵ですよね?一般人とは何もかもが違う)。


有名アカウントになるほど、一般人とは、どんどん乖離した位置(次元)に行っちゃうわけです(もちろん、暴落を乗り越えて資産を増やしてきた人の先見性や胆力は凄いと思いますよ。でもそれ(凄いなって思う感想)と今回の件は全然違う話)。






そういう人たち
普通、一般人がするレベルの
長期投資家

暴落時の
心理的な状態。


これ、全然違います
ハッキリ言ってもう、別物でしょうね。





有名(大物)になるほど、ツルハシが売れる

私が「ツルハシ売り」と呼んで非難しているのは、最初の最初からツルハシを売ることが目的で、例えば長期投資をそのための題材(商材)としか見てない人、です。方法を売ることを最初から目的にし、それを利益のメインにしている人が、ツルハシ売りです。今回の記事は(最初から)ツルハシ売りは対象外、問題外ですw「ツルハシ売り」はそもそも暴落を喜ぶ正反対の性質の持ち主ですから。





しかし……さっきも語ったように
大物になれば、
自然と売ることが出来るんですよ。
ツルハシは。


アフィリエイトから、書籍。
証券会社と一緒になってのビジネス

まで多岐に渡るでしょう。



有名になればなるほど
長期投資以外の金脈が増えていく
そして太くなっていくわけです。
自然とね。






総資産アセットアロケーション
次点で別次元なのに

そこに更に
有名だからこそ売れるツルハシの利益まで
加わっている
……

そういう次元にいる人
ふつーの長期投資してる人って

もう完全に別物です。




資産の分散が可能になれば、更に別次元に


と言うわけですね。
株式暴落で落ちますが、現金比率を高めることでそれに耐えられます(暴落に耐えうるのは屈強な精神とかではありません。アセットアロケーションのみ、です)。

しかし??
高資産保持者
株式現金だけじゃないでしょう?
ポートフォリオが。




例えば、金(ゴールド)

株の暴落に反比例して上がることが多いです。
リスクヘッジとして
持っている可能性は高い
でしょう。

債券……は個人的には
持たなくていいと思いますが
株よりは下落率が低いです。

他にもプラチナ、銀


仮想通貨は大抵株と
一緒に落ちるからあんま意味ないけど()


余裕のある人なら
不動産太陽光に分散もしてるでしょう。
それらもまた相当額の利益を
生み出している
かもしれません。






そういう色んな資産を
それなりの量ずつ持っている人たち
と、
例えば年収300万(収入はコレのみ)で
月収からちまちまインデックス買って
長期投資やってる普通のサラリーマン
って……
まぁ、普通に考えて
別次元ってことですw

(10年後同じ位置に立てるなら、目標にしてもいいですが、10年後そのトップ層と同じ位置に立ててる割合って、一般人の1%以下ですよね)


トップ層は、長期投資の理想形(完成形)にいる


ってことですね。
一般人とは別次元の存在。

あ、いや、
ま、一部、???な人が
いることはいますよw
総資産ものすごいけど、
リスキーなアセットアロケーションにしてて
別に、ツルハシ売ってるような金脈もない人w






でも、大体そうじゃない。
普通は、
そんなリスキーなことはしない。


長期投資って、ぶっちゃけ
言うほどの利益率じゃないんです。
長期投資自体が、
もともと金持ちが膨大な資産を
更にゆっくり増やすためのもの
で、
一般人、庶民向けのものじゃない上に、

間違っても人生を救うとかそんな
魔法のような力があるものではない
んです。


ツルハシ売りの誇張マーケティングのせいでみんな勘違いしてるけど)




こういった暴落では
相当精神的にきついわりに
ややリスク高めの
アセットアロケーションを組んでいたところで
例えば上の2億の人が
6000万ではなく
1億株式にして張っていたところで、

まあ、、、、ね?
みたいな程度のリターン
です。
これは計算したら解ります配当金なんてせいぜい3~4%程度(5000万円株で持っててやっと生活保護水準の配当金がもらえる程度)。値上がり原資の2倍になること自体が難しいレベル(2倍になるにはダウ20000の時に仕込んでおいたとしてダウが40000にならないといけない……どうですか?2倍にすることですら、この難易度ですよ。長期投資が金持ちの投資法、という理由がここにあります。長い年月をかけて1億を2億に増やしたら、そりゃ、価値があると言えるでしょう。しかし、長い年月をかけて100万を200万に増やしたところで????ですよね。)。






なら、ほぼノーリスクの
ツルハシを売る方にシフトしていきたい……

そう考えるのは自然じゃないですか?

大きな資産を抱えた状態で、相場の暴落や下落を経験したことはありますか? まぁ経験しないとあの辛さは解らないんですけどw私は米中貿易戦争時で1回、コロナショックで1回(真の暴落)、そして今回3回目ですが、普通にしんどいですよ。こんなしんどさ、出来るなら味わいたくない……(ほぼ)誰でもそう考えます。

ツルハシを売る方で
利益がきちっと上がる
なら
わざわざリスクを取った
長期投資でなくて良い
んです。

そっち(長期投資)は、
そう、そこそこで。
長期投資のリスク(株式)資産は、あくまで
安全な比率で抑える
リスク資産を1/4くらいにするとか、ね。

私が彼らと同じ立ち位置なら
そうする
でしょうね。





まあ、ツルハシ云々は別にしても

安全なアセットアロケーション
していても
なお
利益が得られる株式資産
がある。


そういう完全体セルみたいな位置





こここそ、
長期投資の勝ち組でしょう。

そここそ、目指すべき、
辿り着くべき立ち位置・状態
でしょう。
大半の人がまずそこに辿り着けない事実は置いておいてw)


そういう
完成された長期投資家(界隈のトップ層)
我々一般人(私個人はカスですがw)は

どう考えても


別次元なのです。








界隈の有名人参考??

次元が違い過ぎて、
(ほとんどの一般人には)参考にはなりません

(まさにさっきの、年収200万の人が、年収1000万の人の生活を参考にしようとしているのと全く同じ話。それくらい次元が違うと思う)




それでもやるとしたらそれは、
宗教です。
宗教だと割り切ってやる分には
私、別に何も言いません。
宗教が無意味とまでは言いませんし。

自分より投資額・収入がやや上の人を参考にしている人わかる
自分より投資額・収入が遥かに上の人(これが界隈のトップ層)を参考にしている人やってることはほぼ宗教
ツルハシ売りを参考にしている人(笑)

恐ろしいことに、親和性が高い( இωஇ )


投資界隈の大物(界隈が大きくなるほど実入りが増える)
ツルハシ売り(紹介料ビジネス)
証券会社&ファンド(手数料ビジネス)

……この3つの利害が一致しているんですよね(( ゚д゚;)))

ツルハシ売りは、長期投資のモデルケース(成功例)として本記事で上げているような、成功している人達を紹介します。しかしその人達は長期投資で金持ちになったのではなく、他の方法、例えば短期集中投資や、ビジネスの成功、そして(年収1000万等)もともと収入が多かったという理由で手に入れた資産を、長期投資で運用しているだけ、なんです。

お金持ちが、コロナバブルで資産を増やしたのは確かですが、お金持ちはコロナバブルでお金持ちになったのではなく元々たくさんのお金を持っていて、そのお金を、このコロナバブルで更に増やした、ということなんですね。実際に【数字で】見て下さい。ダウが20000ドルの時に大量に株式を持っていたとしても、それが2倍にすらなってない(2022年3月現在、ダウは32000ドルくらい)んですよ。


ツルハシ売り「長期投資をすれば
こんな素晴らしい人達になれますよ!\‪( ˙꒳​˙ \三/ ˙꒳​˙)/‬」
なれません(笑)



そして、

一般人がリスクを抑えた
アセットアロケーション
を組んだ場合、
投資に割り振れる金額は
必然的にそう多くなく


結果として、一般人が可能な
長期投資は言うほど大したものではない

わけです。
【甘い言葉(大体ツルハシ売りのマーケティングw)で誘われた長期投資だが、やがてはこの現実に気付いてしまうっていう;△;】






【↓オススメ記事】



【↓オススメ記事】








 




相場が暴落した時、支えになってくれるのは界隈の有名な誰それではありません。自身のアセットアロケーション(リスク資産と無リスク資産の比率)だけなのです。



関連コンテンツ



SNSフォローボタン

フォローする

シェアする